燃えよ!エンドリケリー!!

2020/1/8

コンギクス リバイバル  コンギクス

明けましておめでとうございますm(_ _)m
と、見返すとちょうど一年ぶりのブログ!
本来であればとっくに閉鎖すべきですが、プロバイダーがサービスを提供してくれているうちは続けていこうと思います。
さて、ポリプ飼育は相変わらずマイペースで続けておりますが、現在はちょこっとコンギクスに熱くなっています。
なぜかと言いますと、最近になってビッグサイズのワイルド個体が入るようになってきたからなんですね。
入ってくる以上欲しくなるのが人情というもの。
なのでゲットしてしまったモンスターコンギクスです!
今更ですが、コンギクスってコンゴ川の上流域から下流域まで広く分布していますが、実際に輸入されてくるのは中流から下流域で採れたものが多いと思います。
理由としてはデルヘッジの生息域と重なるからなのですが、コンゴ川は広大ですから本来のバリエーションの豊富さは推して知るべしで、そのうちに「アッ」と驚くような個体も入荷するかもしれません。
過去に輸入されたコンギクスを改めて思い起こしてみますと、体色一つとっても黄色みが強いもの、オレンジ色っぽいっもの、オリーブ色っぽいもの、グレーっぽいもの、などが居ました。
きちんとデータとして残しているわけではないのであくまで主観としての見解に過ぎないのですが、グレー系の個体ほど体側のバンドやラインがクッキリ出ている場合が多く、黄色系の個体だとバンドが殆ど消えてしまいバンドレスのようになってしまうタイプも見られました。
稀に体色が真っ黒な個体も居まして、こんなレアものゲット出来たら相当ラッキーでしょう。
大昔良く目にし、かつ私自身飼育していたコンギはオレンジ色が強いタイプで、コイツらは割と小さいうちから体型が太くて顔つきも下顎が良く発達していた感じがします。
コンギクスって顔つきはエンドリよりビキールに近いイメージを持っているのですが、実際に顔の模様も良く似ていて、エンドリのようなバットマン模様?は入らず、頭部中央にビキールと良く似た縦のラインが2本入ります。
ギセラタイプだとここに渦巻状の模様が入るのですが、残念ながらこのタイプは入荷する気配がありません。
似ていると言ってもビキールのように口先は尖りませんし、そもそも頭部全体の大きさ自体デカイので同サイズであれば迫力は明らかにビキールを凌駕するでしょう。
ただ怪物的風貌という面ではアンソルギーには及びません。
ビチャータイプが面白いのは、どれも似たような感じでありながらそれぞれ違う「強烈なる個性」を持っている点ではないでしょうか?
私が思うコンギクスの個性とはズバリ「野性味」です。
ビキールにせよ、エンドリにせよ水槽飼育しているとどこか「飼いならされた感」があるのですが、コンギクスにはそれがありません。
気がつくと顔のどこかをいつも傷つけており、水槽内を所狭しと暴れまわる。
正に「無冠の帝王」なのです!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8



2020/1/11  19:13

投稿者:JINN

アフロマンさん、お久しぶりです!
当ブログをいつまでも忘れず応援して下さり、本当に感謝にしています<(_ _)>
コンギは暴れん坊なので大抵の個体は顎とかが変形してたりしますね。
ラプラ一年でそれだけ育てば十分ではないですか〜
うちのコリバも結構長く飼ってますが未だに全長38pです(泣)
50pまであと一歩ですね。
模様も出ているようで良い個体ゲット出来てなによりです^^
エンドリのはく製、早く出来ると良いですね。
飾りながら思い出に浸るのも良いですよね。

2020/1/10  23:56

投稿者:アフロマン

JINNさん、お久しぶりです。
こんな、ビキールやラプラディのようなきれいな、頭部のバキバキ模様のコンギ、初めて見ました。コンギって今まで、口ぶつけて、丸くなってるのや、顔が、かっこいいの見たこと無くて、こんなにカッコイインやと、惚れ惚れしました。体型もステキです。
 自分のギニアラプラも模様が、バキバキです。自分は、今エンドリになかった、ビキール種、特有の頭部バキバキ模様にはまってます。購入時44か45センチでした。もうじき一年たちますが、まだ47センチくらいです。いろいろ工夫してるんですが、なかなか伸びないなー。気長にいきます。でもだいぶんこの個体の性格つかんできたので、今年更に成長するのでは、と思ってます。三年後には、50オーバーにもっていきます。
 はく製まだできてないです。もうじきできるはず。気持ちも、今は、落ち着き、気持ちよく、はく製の婆を迎えれるになりました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ