*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2009/4/20

新設・鶴橋クラス  ナーサリークラス

 天王寺ナーサリーのクラスに、新しいクラスができました。鶴橋クラスです。どちらも大阪のディープな下町ですね(笑)帰りに市場でちゃっかりチヂミをいただきました〜。

 新たに子ども達との出会いの場を作ってくれたAさんありがとうございます。
初日は6名の子ども達と過ごしました。

 子ども時代を過ごす環境が30年前とはそして10年前とも違う中で、どのように健やかに身体の成長を促すことができるのか?それが第1七年期にはとても大切なことです。子どもは勝手に育つ時代ではないことにどのくらいの方が気がついているでしょう。

 大阪の子ども達の学力が低いのも、暴力がおおいのも、街が建物も含めてどのように形成されているか?ということも大きく関連していると考えています。
 家と幼稚園または小学校をワープして生きてるわけではありません。いや、家、習い事、学校、塾のワープ生活をしている子ども達は少なくありませんが。それでも子どもは本来はみ出して探検するもの・・・というのも今は無理のようです。不安から来る管理体制が、それを許してはくれません。

 地域で育つとは具体的に「質」の違う地面や建材、通りを抜ける風、場所によって陰影の違う感じ、そして人、と多くの「質」に出会える場のはずなのです。

 行政や企業を批判するのはある意味とても簡単なこと。
 私たち親は、その中で、死ぬまで成長し続ける人間としての基盤となる最初の幼児期〜学童期の重要性を受け止め、真摯に取り組むことをあきらめるわけにはいかないのです。

 ですので無理の無い範囲でそれぞれが心地よいと思えるペースでクラスを継続していけるといいなあと思っています。



 *鶴橋クラスはサークルに私が出向くという形をとっています。こちらでは募集していません。月1〜2回不定期土曜日。

 *現在サークルなどに出向く出張講師のご依頼も受け付けています。天王寺クラスの予定が無い平日と土曜日にお受けしています。

 
3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ