*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2011/8/31

手仕事(人形づくり)@徳島  手仕事

8月19日、20日の2日をかけて人形作りのお手伝いをしてきました。
【追記】こちら、徳島県のおもちゃやさんデポーのオーナーの方が写真付きでレポートして下さっています。
人形作り1日目
人形作り2日目
始発の高速バスで3時間程度で徳島に到着。

1日目は、おうちを改装して作られたカフェの個室をお借りしての作業です。
いつも通り、お人形の頭の部分から作業を始めました。
お昼にはカフェで美味しい!ランチを頂き、長めの休憩のあとひたすら羊毛と格闘!(笑)

夕方、受講生の皆さんがお帰りになられた後、カフェのご主人がお店を始めるまでの経緯をとても楽しく話して下さり、ホットケーキをごちそうしていただきました!疲れた身体にとても優しい味で和みました。

2日目は、今回の人形作りを企画して下さった方のおうちでの作業です。
この日に2名の方が新たに人形作りを開始。数時間で目途がつくところまでいけるか?とプレッシャーを感じながらのスタートでした。

全員の人形の仕上がりの目途がつけるようにということと、服作りのアイデアや、ウエットフェルトで人形の靴を作る方法もお伝えしたいと思っていたので、私の頭の中はフル回転で写真を撮る余裕がありませんでした・・・。


この企画を立てて下さった方は初期の天王寺ナーサリーの講座にご参加されていた方で、今は徳島に住んでいらっしゃいます。Y君は当時未だ数ヶ月の赤ちゃんでした。今はもう4歳になります。彼ともたくさん遊んでいろんな話をすることが出来たことも今回の出張で嬉しかったことの一つです。

Tさん、楽しい時間をどうもありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。




この夏には街中、郊外、田舎と言われるようないろんな場所で子ども達の生活を見てきました。高度成長期以降からでしょうか、どこに行っても町並みは均質だという状況が日本中に溢れて久しいですが、子ども達の発達に関してもそれに添うように均質になってきているな、という印象を受けました。

幼児期に周りの世界とどのように関係性を持つか?ということは、後の人生に確実に影響していきます。私たちの人生を前に進ませることが出来るのは、何の力でしょうか?

「人生の歩み」という言葉の表すもの「地に足をつける」、「足場を固める」「足りる」という表現、「足を向ける」「足蹴にする」「足りない」という言葉が表してくれていることに耳を傾けてみて下さい。


手仕事の講座を終えて翌21日には、隣の香川県に向かいました。
徳島から高松までマリンライナーで行き、そこからシャトルバスで会場に向かいました。
四国で唯一の野外ロックフェス、モンスターバッシュ。
帰りにゲートをくぐったときに、「あ、そういえばこの3日間写真を全く撮ってなかった〜」と思い立ち、撮った1枚がこれ↓(子育て支援とは何の関係もない写真ですが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します


人形作りにご参加いただいた徳島の皆さん!仕上がったお人形のお写真を送って下さいね!お待ちしています!
4



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ