*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2012/11/26

大阪市の瓦礫焼却にともなうクラスの変更について  ナーサリークラス


大阪市のHPで29日、30日に試験焼却が行なわれることが発表されました。

大阪市はまともな放射能の計測をしていませんが、それでもアスベストは通常の4倍という数値が出ています。

乳幼児達の不要な被曝を避けるため、木プレイクラス、金ナーサリークラスは休講といたします。

代わりとして訪問ナーサリーを行ないます。訪問ナーサリーが不要の場合、他のクラスへの変更はお受けできませんので、申し訳ありませんが休講となります。

ご希望の日時を第3希望までお知らせ下さい。調整してお返事いたします。
1家庭、約1時間30分の訪問となります。

11月29日(木)
10時00分〜
12時時30分〜
15時〜

11月30日(金)
10時00分〜
12時時30分〜
15時〜

12月1日(土)
10時00分〜
12時時30分〜


できるだけ本日中、遅くとも明日の正午までにご連絡をおねがいします。
明日の午後までにご連絡が無い場合、休講を御了承いただいたものとしますので予め御了承下さい。
お手数ですがご住所と電話番号を必ずご明記下さい。


30日が晴れの場合、土曜日も外出は控えることをお勧めします。
12月、1月は焼却の予定はありませんのでクラスは通常通り行ないます。

バグフィルターでは多くが外に漏れます。
その日の風向きなどはツイッターでお知らせします。

試験焼却は100トン。2月からの予定の本各焼却は3万6千トン。計測するサンプル量は数sです。基準値なんてあって無いのに等しいでしょう。瓦礫の焼却を認めてしまえば、約2年間もこのような状態が続くことになります。

天王寺ナーサリー
伊藤 由香
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ