*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2013/3/9

子どもの外遊びについて  放射能関連

 今年の2月1日から放射性物質やハエの除去対策のために殺虫剤を使用した瓦礫の焼却が大阪市で始まってしまいました。それに合わせて何より福島第一原発はまだ2億4千万ベクレル/日もの放射性物質を垂れ流し続けいて、3月からは気温が上がってくると花粉が飛びます。大陸からは黄砂も飛来します。

 これほどの複合的な大気汚染の中で子ども達を健全に育む事はほんとうにほんとうに大変なことです。

 大阪府内だけでなく隣県にわたる影響をまき散らしながら行政はどこを向いて政治を行なっているのでしょうか。

 さて、そのような環境の中、子ども達の外遊びをどうするか?は慎重に考える必要があります。皆さんはどのように過ごしていらっしゃるでしょうか?

 天王寺ナーサリーでは原発の事後直後から食材や水などからの内部被曝について注意を喚起してきました。あわせて体温の推移から見て取れる調和した生活のリズムを守ることでの免疫力を高めるという対策をクラスの講座の中で優先してお伝えし、実践してきました。

 もともと事故前から天王寺ナーサリーでは、日常の乳幼児の外遊びの時間は往復の行程を含めて1時間以内とお伝えしています。1日のリズムを考えると午前と午後に1時間以内ずつという流れです。

 子どもの発達(知覚感覚の発達)は外遊びなしでは、あり得ません。苦渋の決断・・・というよりはつねに大気の汚染状態を見ながらなんとかこれまでと同じ生活のリズムを保っていく必要があります。ですので、大気の様子を観て時間やタイミングは調整していますが、基本的にはこれまでと同じように時間を取っています。

 外で遊ぶときにマスクをしては「思いっきり」遊ぶことはできません。呼吸が口呼吸になるか浅くなってしまいます。それではわざわざ疾患を作る要素を与えてしまうことになりますから、単なる買い物や移動の時はマスクをつけ、遊ぶときはマスク無しとしています。

 手洗いうがいに加えて「目洗い」をお勧めしています。下のような器具を使うと幼児さんでも洗えるようです。




 もう一つの対策は以前このブログでもご紹介したオイルを外出時に使うこと。

 より短い時間でも「手応え」が感じられるような遊びの環境作り、免疫の低下を防ぐ対策など模索しながら、行なっていくほかありません。子ども達の未来の時間の為に、これまで以上のご協力をお願いしたいと思います。

 

 



 

 
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ