*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2014/4/8

初登園・初登校  プレイクラス

初登園、初登校のお子さん達の様子はいかがでしたか?

泣いた、泣かなかった、ママからすんなり離れたとか、離れなかったとか表面的なことではなく、与えられた場所に居て、子どもの知覚感覚が働きそれを子ども自身が感じたかどうか?に関心を向けて下さい。

普段から外的な刺激に飛びついてしまう傾向のある子どもは楽しませてくれそうな所に吸い寄せられて行きます。

一見すんなりママから離れて1人で行動できたように見えますが、「楽しませてくれそう」な事がなかったらどうなるでしょうか?

吸い寄せられて行くということは、自分の意志と身体の知覚が薄い状態です。
意志と身体が「外的状況に引っ張られ続ける」状態を考えてみて下さい。

恐らく「外的な刺激に引き寄せられる・引っ張られる」状態が継続すれば疲れるでしょう。

一見食いつきが良いように見えて「引っ張られている」子どもに、
「今日は幼稚園楽しかった?」と訊くと、
間違いなく「楽しかった!」と応えるでしょう。

子どものその発言を聞いて親は良かったねと返すでしょう。
子どもは「楽しかった」と言えば親が喜ぶと学ぶでしょう。

入園当初は親にとって「子どもが園で楽しく過ごせるか?」が一大問題なので心底そう応えると思います。

しかし数日経つと親は「子どもが楽しく過ごしてると応える」ことが当たり前になり、子どもの「楽しかった!」という発言にそれほど切実に応えなくなります。

半月もすれば「引っ張られるしんどさ」が溜まってきた子どもは朝行き渋り始めます。
そして「楽しい」と言っても親が本気で反応しないことも気づき始めます。

このような状態を知らないと親は子どもに、

「どうしたの?しんどいの?(又はどこか痛いの?)」
「幼稚園で(学校で)何かあったの?」
と理由を尋ねるでしょう。

子どもは生まれてから数年間かけて親とのやりとりで学んだ「親が一番反応を返してくれる言葉」を使って応えるでしょう。

子どもの本当の状態に気づかないまま「子どもの発言を表面的に真に受ける」と子どもの状況は悪化するしかありません。


知覚感覚が健全に育ちつつある子どもは、その都度知覚したことを表現として現わします。
不安だったら泣くし、興味があればじっと観察したり、触れたりします。
そして時間と共にその子どものペースで関わり方を見つけていきます。

皆さんのお子さんの様子はいかがでしょうか?







逆にママから離れずに居た子どもも観察してみて下さい。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ