*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2015/1/17

公開講座のお知らせ。『子育ての本質って?』  イベント

天王寺ナーサリー主催の子育てに関する講座開催のお知らせです。

天王寺ナーサリーはアントロポゾフィー(シュタイナー教育含む)に基づく子育て支援を行って8年目になります。子育て中のおやごさんの「これで良いのかな?」という不安に応えるには、子どもの発達の本質的な理解が不可欠だと考えています。行き当たりばったり、アレが良いらしい、コレが良いらしいと流行で子育てしていては子ども達の発達が安定しないことはあまりにも明白です。


日時:2月1日(日)
時間:9時30分〜12時
場所:ドーンセンター (最寄駅:地下鉄・京阪:天満橋2番出口、JR大阪城北詰1番出口
定員:30名
資料代:1000円


お子さんの発達に違和感はありませんか?

乳児期に夜泣きが酷い。
幼児期に暴力的な行為が多い。
乳幼児の親を叩く、噛む、引っ掻く等の行為をする。
1日の殆どが機嫌が悪い。
顔色が悪い。(青白い。眉間に血管が浮いていて青緑になってる。)
一日中しゃべってる。
繰り返しの言葉が多い。(お腹空いた。眠い。見て見て等)
3歳過ぎても毎日おねしょをしている。
昼間に頻尿である。
昼寝をしない。(4歳以下)
食べムラが大きい。
よく転ける。
泥を触れない。
手足がいつも冷たい。
癇癪をよくおこす。
しゃっくりが頻繁。
就寝時間が9時をまわる。
幼稚園から帰ったら機嫌が悪い。


某市立の幼稚園では園での記念撮影の時に年中さんの多くの子どもが自力でひな壇の上に上れなかったそうです。
某市の小学校2年生の授業は20分しか子ども達の集中が持たないので、授業時間は実質20分のみだそうです。
小学3年生になるとクラスの半分くらいの子どもが眼鏡が必要だという状況もあるようです。

これらは「当たり前」「普通」の事でしょうか?

子育てママ達の、リアルでまたネット上で取り交わされているのを見ると、
「うちの子、寝るの11時まわるときがあるわ」
「あーうちもよくあるで」
「そうなん?よかった!」
と、一緒なら安心するという不思議な終わり方をすることがあります。

「うちの子めっちゃ拘り強いねん」
「我が強いねんなー」
「そうやねん。頑固!」
「良いやん。意思がはっきりしてて」
「確かに」
と、取り敢ず無難な感じに会話を〆るという終わり方も多いですね。

上記会話は、大人同士の無難なつきあいとしては良いのでしょうが、
本当にこれで子ども達の育ちは大丈夫なのでしょうか?

こういう会話をママ達がすることは「当たり前」「普通」の事でしょうか?
そしてその「当たり前で普通の事」は子ども達の発達にとって「当たり前で普通」の状態をつくるでしょうか?

言い方を変えます。
「当たり前、普通」=「健全」でしょうか?

子育ての本質について、天王寺ナーサリーの見解をお伝えしたいと思います。
少しでも、ひとりでも多くのおやごさんが子どもの発達の本質に気付き、子ども達が健全に成長することを願って2年ぶりにドーンセンターで講座を開きたいと思います。

お子さんを持つおやごさんは勿論、保育現場で働いている方、お孫さんがいらっしゃる方、学生の方、小さな子どもの健全な発達にご関心のかる方ならどなたでもお越し下さい。
お待ちしています。


お申し込みは下記項目をお書き添えの上、
kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jp までお願いします。
★を@に変えて下さい。

お名前:
ご住所(市区まで):
当日ご連絡が取れる電話番号:
お子さんの年齢:

☆お申し込み無しの当日参加を受け付けます。
(講座当日までに満席になった場合はこちらのブログでお知らせします。)



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ