Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
こんどこそ 知床ツ…

最近の投稿画像
こんどこそ 知床ツ…

最近の投稿画像
こんどこそ 知床ツ…

カレンダー

2020
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

タイヤ交換補足説明


先日の記事中

どうして自分側のビードを抑える必要があるのか?



この画像を見てください。
クリックすると元のサイズで表示します

黒丸がビードがホイルのリムに嵌っている状態です。


ビードは両側にあるので裏表のビードを赤矢印の位置(ドロップ)にずらすことを

ビードを落とすと言います(ヲレだけかも 笑)。








タイヤは広がろうとしているのでドロップ位置よりずれます。(ドロップの方が狭いから)





だから膝で押さえてやります。












この画像です。
クリックすると元のサイズで表示します


タイヤのサイズはリムのサイズと同じなのはわかりますよね?


つまり


16インチのタイヤならばリム径も16インチになります。



同じ寸法なのに組み付けたり外したりできるのは



ドロップがあるからです、ドロップは寸法が小さい(わかるよね?)


上の画像のEがリム径です、でA(リム中心線)の当たりは細くなっています


いくらタイヤがゴムでできていてもリムを乗り越えるほど伸びません。




そこでビードをドロップに落とし込んで押さえてあげるから(斜め赤線の状態)


タイヤが外せる(組み付けられる)ってわけ。




(画像は車のホイールですが理屈は同じなので使っています)



上の画像ではホイールが縦になっていますが横にして(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


この画像で赤線がビードです。

右側がビードを膝で押さえる位置です、左側からタイヤレバーでビードを起こします。




異常補足説明ですた。




質問ある? 受け付け松よwwwww
1
タグ: タイヤ交換
投稿者:akumakozo
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:akumakozo
かもしかさん

 ユーチューブに動画がたくさんアップされていますので参考にしてください、ただしどれも肝心の見たいところが無いんですよ(笑) それは意地悪じゃなくて撮影してくれる相棒が居ないからなんですね。

 やってみないとわかないってこともありますが予習してから挑むと何とかなるものです♪
投稿者:akumakozo
POCOちゃん

 タイヤだけこっちに送ってあとでバイク出来たら交換できるよ〜
投稿者:POCO(Vmax)@名古屋金山
なるほど〜

送るという手があったか。
バキッ!!☆/(x_x)


https://www.facebook.com/Katsuhiko.Sakata.poco
投稿者:かもしか
なるほど

プリントアウト して読みます


が!

習うより慣れろ

レッツ トライ!

出来なかったら そっくり送りますので 

その時は (m。_。)m オネガイシマス

http://jiyuudetanosiku.blog.fc2.com/
投稿者:POCO(Vmax)@大阪
なるほど〜

やっぱりタイヤ持って行こう。いつになるかわかんないけど。(爆)

https://www.facebook.com/Katsuhiko.Sakata.poco
AutoPage最新お知らせ