どしたもんじゃろのぉ  

今日は土砂降り

行こうか行くまいか迷いましたけど雨の中行って来ました

サチの病院

今回爪切りとお腹に出来てるプツプツ(あせもみたいな赤い)見てもらいに

クリックすると元のサイズで表示します

爪はいつもより短く切って下さったような、きっとぽとぽとと血が滴り出たのでは?お思うくらい

痛かったかもね

おなかのブツブツはお年寄りになってよわよわなお肌になってきたからかも知れません。

少々やせたのでお腹の皮も波打ってます。

薄い毛がなおさら薄くなってきてお腹はつんつるてん

後ろ足に続き、前足も上手い事使えずで、よく転んでいます。

転べば前足はお腹の下、身動き取れない状態になっちゃって、そのつど前足出してあげないと自分で出せない



今回サプリメントを紹介されました。

アンチノールと言うサプリメント

関節、皮膚被毛、心血管の健康維持にいいらしい

先生の紹介なので一度使ってみる事にしました。

まず聞いたのがお値段、高いと考えちゃう・・・30粒(3000円)1日一回

飲ませやすいお薬なのか(ソフトジェルの小さなカプセル)

ネットでも購入できるし少し安い(動物病院のコード入れると5%引きで買える)

先ずは、病院で購入してみた、一月飲ませてみる事にした。(イチゴに詰めて飲ませた)

今回再診料と爪切り、薬、(甲状腺、皮膚の薬)サプリメントの合計一万円越した

名前呼ばれて会計する時ちょっとドキドキしちゃいます。

でもね。

可愛いわが子、自分の事だと勿体無いと思うんだけどわが子(サチ)となると惜しくない

躊躇なく出せちゃうのよねぇ

後々、高いな〜ぁってぼやくけどね^^;



先日、二階の掃除してる時、ゴトゴトとサチの歩く足音が

何してるんだろうと降りてきたら玄関に出ようとしてた。

また落っこちちゃうのになぁとばあちゃんの部屋を見たらドアが閉まってた。

ドアが開いてると部屋に入ってゆくサチ

ばあちゃんが言った言葉が、「ドア開けてたらサチがはいってくるから締めた」と

何というばあちゃんだ!(おしいこの臭いとかするときあるけどさ)


で、玄関に出て行って落っこちてから、あらら間に合わなかったって言うのよねぇ

なんてやつだ!

なので、次から二階の掃除やら縫い物(中々出来ないけど)する時には連れて上がるようにしようと思ってます。


昨日は台所する時も台所の足元にサチを連れてきてました。(ばあちゃんの部屋に入らないように)

気分しだいで可愛がり、気分しだいでほったらかし、何てやつだ!


デイからの帰ってきたのでサチを抱っこして迎えに出たら送迎の人も昔パグを飼ってたと言う事で立ち話しました。

いきなり、「こんこはおしめしとっとですよって」サチの頭をコツンと叩いた

サチはびっくりして眼を閉じた

軽くとは言うけどこっぽんと音がしたので、「何で叩くと?」って言うと

「ぽんってしただけ強く叩いてなか」としかめっ面

何かきっかけで話をしたいのだろうけど自分が飼ってる犬でもないのに我が物のような言い方接し方、カチンと切れた私です。

その後長々と長引かせたら行けないと思い、こちらから声を掛けたり機嫌取ったり

疲れます。

自分が気が治まらない、機嫌が悪いと返事もしかとしないし、顔にはシワ一杯寄せてるし

朝の顔色一つでその日の状態がわかるようになりました。

病気とはいえ、どんだけ気遣いをしないといけないのかなぁ

義父母なら嫁として気遣いも仕方ないんだけど実母にも気遣いがいるのかと・・・凹む

主人との間に挟まって辛い時もあって、それでも頼らないといけない事が多く

自分自身が運転できたら頼らず自分で動けるのにとか、もろもろ、もろもろ、もろもろ


親と離れて40年にしてまた親子で一緒に住むことになったのですが、中々むずかしいものですね。

今年還暦の私、自分自身まだまだと思ってたんだけど

これからは、サチの介護と好きな趣味で過ごせると思ってたのになぁ

今年はうるう年で60年に一回の当たり年なんだそうです。

はぁ当たり年ねぇ  私にはすっごく悪い当たり年に感じます。


母も、今年は悪い当たり年だと言うじゃないの・・・なってやつだ!

あんたがね!ああして、こうして、こうやったから、こうなったんでしょうが!!

ががが〜〜と言ってやりたい気分


これから どうしたもんじゃろのぉ

仕方ない、ケッセラッセラ・・・なるようになるで過ごしていきましょう





























トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ