寂しかったよ  犬の事

昨日夜中3時過ぎ頃娘から帰って来て良いかってメールがきました。

昨日の仕事は準夜(夕方4時頃〜朝の2時過ぎまで)

『どーぞ』ってメールで返事返しました。

仕事場から約40分位

朝の4時「ピンポーン

娘が帰って来ました。

少々寝ぼけ顔で玄関を開けると『ただいま』では無く

『何ね、その寝ぼけ顔は』です。

『寝てたんだから寝ぼけた顔ですよ』

サチも一様お帰りの挨拶には来ますが

挨拶が済むと旦那様の布団に潜り込み二度寝入り

朝6時ごろ娘は二階っでお休み

私は眠気も覚め、6時半にはサチの散歩に行ってきました。


9時過ぎ私ちょっとお出かけお昼近く帰って来てました。

帰って来て娘にサチ泣いて無かったか聞くと

二階に上がって来て娘が寝てる部屋の匂いを嗅ぎドアをガサガサし「クンクン」泣いて

その後下に降りやっぱり『ウォ〜ウォ〜』って泣いてたそうです。

娘曰く、「凄く眠かったからドア開けなかった開けてあげれば泣かなかったかも」だって



話変わり

今日の夕食はカレー

早めに煮込む事に

台所に立つ私の足元で離れないサチです。



短いズボンに下がった靴下

『娘よ、写真撮る時は一言言ってくれ見た目ってのもあるだろう

そう言いながら恥ずかしくも無くもう一枚



『サチ踏みそうだよ』




一通り準備が終わるまでずーっと足元に

時々見上げます。


お姉ちゃんがドア開けてくれてたら寂しく無かったのにね。



最後にみかん大好きなサチ

みかんを催促する時はこうするんですよ

動画でどーぞ





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ