燃えよ!エンドリケリー!!

2018/2/16

最後のガー  

クリックすると元のサイズで表示します
この写真、数年前の我が家の水槽です。
ガーが飼えなくなる日までのカウントダウンが始まりましたね。
大方の予想通り、禁止前の駆け込み需要に拍車がかかり、ここ最近のガーの流通量は凄いことになっています。
禁止後は魚の移動すら許されないという狂気の規制にマニアサイドの選択肢は2つしかありません。
今のうちに買い占めるか、手放すか、です。

私は後者を選びました。
そしてこれが生涯で私が最後に飼っていたガーという事になってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、この個体だけでも申請して生涯飼育し続ける、という選択肢はありましたし、そうすべきだっただと思います。
ですが、もし何らかの事情で飼育出来なくなった場合自らの手で「殺す」しかないんですよ!
そんな事が出来るでしょうか?

ポリプマニアの私ですが、もちろんガーだって大好きです。
高校生の頃ですが、将来は大型水槽設置してポリプとガーを混泳させるという夢を抱きながら、そのレイアウト図をスケッチして楽しんでいたものです。
その後、スポッテッドガーをはじめ、ショートノーズ、ロングノーズ、マンファリ、トロジャン、と殆どの種類を飼育してきました。
「ショートノーズ」として買ってきた幼魚が育っていくうちに口先がどんどん伸びてきてノングノーズガーになってしまった!というエピソードも今では懐かしい思い出です。

個人的には今回の環境省の措置は「憲法違反」だと思っています。
具体的にガーの自然繁殖が報告されている訳でもなく、そもそも規制の立法事実すら存在しませんし、規制手段も密放流の罰則強化や飼育の登録制及びその監視強化等の「より制限的でない他の選びうる手段」がいくらでもあるからです。
まあ、こんなことを言ってもどうにもなりませんが.....

アメリカのようにアジアアロワナの飼育が禁止されている国もありますし、我が国のペット規制はそれほど厳しい方ではないのかもしれません。
しかし、もう二度とガーが飼えないのかと思うとやはり悲しくなります。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ