燃えよ!エンドリケリー!!

2020/1/22

コンギクス古今東西  コンギクス

皆様お疲れさまです。
ともかく今はコンギクスが面白いです!
先日SNSで海外のマニアさんが面白いコンギをアップされていたので紹介します。
もちろん画像掲載の許可を頂いておりますが二次使用は厳禁ですのでご注意を。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ご覧の通り、鮮やかな黄金色のコンギクスです。
広く知られるように、コンギクスは昔からゴールデンを呈する個体が時折見られますが、その中でも色相の違いにいくつかのパターンがあるようです。
私が以前所持していたゴールデンコンギはもっと黄色みが強く、見る角度によっては若干緑がかった感じでした。
この画像コンギでさらに面白いのが独特の顔つきと小離鰭の形でしょう。
コンギとしては非常に小顔に見えますし、背鰭の形も横幅が広いです。
背鰭の数は12本のようでこれはコンギとしては少ない方ですが、ただ昔やたら12本の個体ばかり多かった時期もありましてやはりこれも採集地による変異の違いなんでしょうね。
これが純血のコンギなのか?あるいは多種との雑種なのか?色々意見も出そうではありますが、ともかく楽しませてくれるポリプなのは確かですね。
とまあ、コンギひとつとってもポリプは謎だらけですね。
もしかしたら、今現在常識として我々が区別している分類がひっくり返るような日も来るのかもしれませんね´Д`
それもまた良しですが......
2

2020/1/8

コンギクス リバイバル  コンギクス

明けましておめでとうございますm(_ _)m
と、見返すとちょうど一年ぶりのブログ!
本来であればとっくに閉鎖すべきですが、プロバイダーがサービスを提供してくれているうちは続けていこうと思います。
さて、ポリプ飼育は相変わらずマイペースで続けておりますが、現在はちょこっとコンギクスに熱くなっています。
なぜかと言いますと、最近になってビッグサイズのワイルド個体が入るようになってきたからなんですね。
入ってくる以上欲しくなるのが人情というもの。
なのでゲットしてしまったモンスターコンギクスです!
今更ですが、コンギクスってコンゴ川の上流域から下流域まで広く分布していますが、実際に輸入されてくるのは中流から下流域で採れたものが多いと思います。
理由としてはデルヘッジの生息域と重なるからなのですが、コンゴ川は広大ですから本来のバリエーションの豊富さは推して知るべしで、そのうちに「アッ」と驚くような個体も入荷するかもしれません。
過去に輸入されたコンギクスを改めて思い起こしてみますと、体色一つとっても黄色みが強いもの、オレンジ色っぽいっもの、オリーブ色っぽいもの、グレーっぽいもの、などが居ました。
きちんとデータとして残しているわけではないのであくまで主観としての見解に過ぎないのですが、グレー系の個体ほど体側のバンドやラインがクッキリ出ている場合が多く、黄色系の個体だとバンドが殆ど消えてしまいバンドレスのようになってしまうタイプも見られました。
稀に体色が真っ黒な個体も居まして、こんなレアものゲット出来たら相当ラッキーでしょう。
大昔良く目にし、かつ私自身飼育していたコンギはオレンジ色が強いタイプで、コイツらは割と小さいうちから体型が太くて顔つきも下顎が良く発達していた感じがします。
コンギクスって顔つきはエンドリよりビキールに近いイメージを持っているのですが、実際に顔の模様も良く似ていて、エンドリのようなバットマン模様?は入らず、頭部中央にビキールと良く似た縦のラインが2本入ります。
ギセラタイプだとここに渦巻状の模様が入るのですが、残念ながらこのタイプは入荷する気配がありません。
似ていると言ってもビキールのように口先は尖りませんし、そもそも頭部全体の大きさ自体デカイので同サイズであれば迫力は明らかにビキールを凌駕するでしょう。
ただ怪物的風貌という面ではアンソルギーには及びません。
ビチャータイプが面白いのは、どれも似たような感じでありながらそれぞれ違う「強烈なる個性」を持っている点ではないでしょうか?
私が思うコンギクスの個性とはズバリ「野性味」です。
ビキールにせよ、エンドリにせよ水槽飼育しているとどこか「飼いならされた感」があるのですが、コンギクスにはそれがありません。
気がつくと顔のどこかをいつも傷つけており、水槽内を所狭しと暴れまわる。
正に「無冠の帝王」なのです!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8

2018/5/8

無冠の帝王コンギクス  コンギクス

たまにはコンギクスについて。
クリックすると元のサイズで表示します
ビチャータイプポリプの中でもひときわ高い人気を誇るのがコンギクスです。
例外的事例ではありましたが、最近それまでは見られなかったモンスターサイズの個体が輸入され、改めてその魅力を知らしめる事となった古のスターポリプですね。
昔から大型個体は多く目にする機会があり、それらはいずれもマニアによって飼い込まれたものだった訳ですが、野生育ちのフルサイズと比較してもさほど遜色ない印象だったのは意外でした。
エンドリケリーだと水槽飼育で成長させた個体はどうしても型崩れが目についてしまうのですが、コンギクスは野性味を失いづらい種類なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
一見どれも代わり映えのない印象ですが、バリエーションは豊富で、特にタンガニーカ湖周辺に分布する所謂「ギセラビチャー」は別格のカッコ良さです。
大元はBBC制作のドキュメンタリーだったと思いますが、大昔NHKの「タンガニーカの魚たち」というテレビ番組に登場したコンギクスを見た時、「家のコンギと全然違うじゃん!」とショックを受けた事を今でもハッキリ覚えています。
一瞬「あれ?タンガニーカ湖にもエンドリっているんだ」と思ったのですが、ビデオで良く観察するとそれが極美のコンギクスであることが分かったんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
実は私が初めて飼育したビチャータイプはコンギクスだったので思い入れも大きいのですが、エンドリやビキールと比較すると購入する機会は圧倒的に少ないんですよね。
ポリプの中でも最も野性的で、その半面水槽飼育に向かない気難しい種でもあります。
個人的に謎なのが「ホロタイプの謎」です。
ホロタイプ画像をみた事のある方なら分かると思いますが、やたら頭部が丸いんですよね。
全然ビチャータイプに見えなくてまるでウィークシーみたいなんです。
実際に時々ウィークシーとコンギクスとの交雑種らしき個体も目にしますのでその辺の真相は興味津々でありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
過去にもそしてこれからもエンドリケリーのようなブームを起こすようなポリプではないのでしょうが、時折「ドキッ」とするような個体を目にする油断ならないコンギクス。
私は昔からこのポリプに「無冠の帝王」というキャッチを勝手につけています^^
7

2012/7/30

ビキール祭り その3  コンギクス

世間ではオリンピック一色ですが、俗世間に全く興味のない私は一人ビキール祭りで盛り上がっています
さて、今日はbichirとは言ってもナイルビチャーではなく、コンゴビチャーすなわちコンギクスの話題です。
レトロマニアにとってビチャーと言えばコンギクスです。
昔の話ばかりして恐縮なのですが、私がポリプ飼育を始めた当時は、少なくとも日本のアクア界では正体不明のポリプでした。
もちろん、当時のFM誌やAL誌等では「恐らくエンドリケリー・コンギクスであろう」とされてはいたのですが、TFH刊「FISHES OF THE LAKE TANGANYIKA」に掲載されていた野生個体とショップで目にする「ビチャー」とは随分印象が違っていて、「本当に同じポリプなのかなあ?」と訝しく思っていたものです。

さて、YouTubeで面白い動画を見つけたので消されない内に皆さんに紹介しておきます。
以前NHKでも放送されたコンゴのドキュメンタリー番組で、当時ビデオに録画しておいたのですが、なんと私そのテープを紛失してしまい「もう一度観たいなあ」と切望していたものです。

それにしても野生個体というものは見事ですね〜
コンギクスは例年コンスタントに多くのワイルド個体が入荷してくれて大変ありがたいポリプですが、水槽でここまでの迫力を出すのは難しいですよね。
ビチャー最高!
2

2011/9/13

育成中コンギクス その2  コンギクス

先日紹介したコンギクス1号・2号のその後の様子をお知らせします。

まずは1号から。

クリックすると元のサイズで表示します
購入後1ヶ月を経過しまして、全長も28センチ→34センチへと6センチアップしました。
成長速度としてはまずまずの及第点ですが、やがて訪れるであろう停滞期がいつになるのか?
出来ればこのまま一気に40センチクラスまで育って欲しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ほんのひと月前まではヒョロヒョロで、大きめのドジョウにしか見えない印象だったのに日に日に存在感を増してきた感じです
エンドリに食われなくて良かった!

クリックすると元のサイズで表示します
コンギクスにしては眼球が小さめでまあまあ良い顔つきだと思います。
やっぱりこの個体はメスかな?

次に2号です。

クリックすると元のサイズで表示します
この固体は1号より一週間ちょっと後に加わったので全長は1号より一回り小さめ。
それでも現在32センチほどになり、導入時より4センチアップです。
人口餌、特におとひめが大好物です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
全体の雰囲気は1号と良く似ているんですけど、なんとなくこっちはオスかな?と勝手に思っています。
まだわかりませんけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
顔つきも1号と比較すると若干角張った感じなんですよね。
出来ればオス・メスのペアであれば良いんですけど。

.....とまあ、現在までは2匹とも順調に育っております。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ