燃えよ!エンドリケリー!!

2018/5/8

無冠の帝王コンギクス  コンギクス

たまにはコンギクスについて。
クリックすると元のサイズで表示します
ビチャータイプポリプの中でもひときわ高い人気を誇るのがコンギクスです。
例外的事例ではありましたが、最近それまでは見られなかったモンスターサイズの個体が輸入され、改めてその魅力を知らしめる事となった古のスターポリプですね。
昔から大型個体は多く目にする機会があり、それらはいずれもマニアによって飼い込まれたものだった訳ですが、野生育ちのフルサイズと比較してもさほど遜色ない印象だったのは意外でした。
エンドリケリーだと水槽飼育で成長させた個体はどうしても型崩れが目についてしまうのですが、コンギクスは野性味を失いづらい種類なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
一見どれも代わり映えのない印象ですが、バリエーションは豊富で、特にタンガニーカ湖周辺に分布する所謂「ギセラビチャー」は別格のカッコ良さです。
大元はBBC制作のドキュメンタリーだったと思いますが、大昔NHKの「タンガニーカの魚たち」というテレビ番組に登場したコンギクスを見た時、「家のコンギと全然違うじゃん!」とショックを受けた事を今でもハッキリ覚えています。
一瞬「あれ?タンガニーカ湖にもエンドリっているんだ」と思ったのですが、ビデオで良く観察するとそれが極美のコンギクスであることが分かったんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
実は私が初めて飼育したビチャータイプはコンギクスだったので思い入れも大きいのですが、エンドリやビキールと比較すると購入する機会は圧倒的に少ないんですよね。
ポリプの中でも最も野性的で、その半面水槽飼育に向かない気難しい種でもあります。
個人的に謎なのが「ホロタイプの謎」です。
ホロタイプ画像をみた事のある方なら分かると思いますが、やたら頭部が丸いんですよね。
全然ビチャータイプに見えなくてまるでウィークシーみたいなんです。
実際に時々ウィークシーとコンギクスとの交雑種らしき個体も目にしますのでその辺の真相は興味津々でありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
過去にもそしてこれからもエンドリケリーのようなブームを起こすようなポリプではないのでしょうが、時折「ドキッ」とするような個体を目にする油断ならないコンギクス。
私は昔からこのポリプに「無冠の帝王」というキャッチを勝手につけています^^
6

2012/7/30

ビキール祭り その3  コンギクス

世間ではオリンピック一色ですが、俗世間に全く興味のない私は一人ビキール祭りで盛り上がっています
さて、今日はbichirとは言ってもナイルビチャーではなく、コンゴビチャーすなわちコンギクスの話題です。
レトロマニアにとってビチャーと言えばコンギクスです。
昔の話ばかりして恐縮なのですが、私がポリプ飼育を始めた当時は、少なくとも日本のアクア界では正体不明のポリプでした。
もちろん、当時のFM誌やAL誌等では「恐らくエンドリケリー・コンギクスであろう」とされてはいたのですが、TFH刊「FISHES OF THE LAKE TANGANYIKA」に掲載されていた野生個体とショップで目にする「ビチャー」とは随分印象が違っていて、「本当に同じポリプなのかなあ?」と訝しく思っていたものです。

さて、YouTubeで面白い動画を見つけたので消されない内に皆さんに紹介しておきます。
以前NHKでも放送されたコンゴのドキュメンタリー番組で、当時ビデオに録画しておいたのですが、なんと私そのテープを紛失してしまい「もう一度観たいなあ」と切望していたものです。

それにしても野生個体というものは見事ですね〜
コンギクスは例年コンスタントに多くのワイルド個体が入荷してくれて大変ありがたいポリプですが、水槽でここまでの迫力を出すのは難しいですよね。
ビチャー最高!
2

2011/9/13

育成中コンギクス その2  コンギクス

先日紹介したコンギクス1号・2号のその後の様子をお知らせします。

まずは1号から。

クリックすると元のサイズで表示します
購入後1ヶ月を経過しまして、全長も28センチ→34センチへと6センチアップしました。
成長速度としてはまずまずの及第点ですが、やがて訪れるであろう停滞期がいつになるのか?
出来ればこのまま一気に40センチクラスまで育って欲しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ほんのひと月前まではヒョロヒョロで、大きめのドジョウにしか見えない印象だったのに日に日に存在感を増してきた感じです
エンドリに食われなくて良かった!

クリックすると元のサイズで表示します
コンギクスにしては眼球が小さめでまあまあ良い顔つきだと思います。
やっぱりこの個体はメスかな?

次に2号です。

クリックすると元のサイズで表示します
この固体は1号より一週間ちょっと後に加わったので全長は1号より一回り小さめ。
それでも現在32センチほどになり、導入時より4センチアップです。
人口餌、特におとひめが大好物です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
全体の雰囲気は1号と良く似ているんですけど、なんとなくこっちはオスかな?と勝手に思っています。
まだわかりませんけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
顔つきも1号と比較すると若干角張った感じなんですよね。
出来ればオス・メスのペアであれば良いんですけど。

.....とまあ、現在までは2匹とも順調に育っております。
2

2011/8/27

育成中コンギクス  コンギクス

現在、我が家には育成中のコンギクスが2匹います。
一匹目は先日の記事で画像アップしましたね。
あの1号は8月7日に購入したもので、購入時全長28センチくらいで、8月27日現在約31センチまで育っています。

そしてもう一匹が今日紹介するこのコンギクス2号。
クリックすると元のサイズで表示します

8月16日に全長28センチ位で購入し、8月27日現在約29センチ。
購入したショップはそれぞれ違いますが、恐らく2個体とも同ロットの幼魚と思います。
1号を飼育し始めてみて、以外にあたりが良い感じだったので「もう一匹くらい飼いたいなあ」と思っていたのですが、たまたま初めて訪れたショップで出会った個体です。
クリックすると元のサイズで表示します
1号と良く似た個体ですが、頭部のラインと下顎のそり上がり具合はこちらの方が若干良い感じ。
幼魚時はごくわずかな差異でも、成長すると意外に大きな差になったりするものです。
ただ体色は1号の方が良い発色していますね。

なにせ飼育を初めてまだ間もないので今後どうなっていくのか現時点では不明ですが、とりあえず40センチ位までは一気に育てたいですね。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ