燃えよ!エンドリケリー!!

2012/3/12

アンソルギー  アンソルギー

もうすぐ彼岸だというのに今朝また雪がちらついていました。
本当、今年は最初から最後まで極寒の冬ですね〜
水温はこの所ずっと23度設定にしてありますが、食いが落ちないのはビキールだけ。
アンソルギーは最近ようやく食いが戻って来ましたが、エンドリは食いが悪いです。
もっとも、ここ数カ月人口餌意外全く与えていないので、元々人口餌嫌いのエンドリ達が食わないのも無理ないのですが。

さて、アンソルギーです。
今我が家にいるアンソルギーはこの一匹だけ。
輸入されてかれこれ一年経ちますが、全長は4センチくらい伸びています。
しかし、ここ数カ月停滞していて60センチの壁を中々破れない状態です。
クリックすると元のサイズで表示します
現在では見慣れましたが、当初はどうも柄のパターンがハッキリと認識出来なくて、エンドリやビキールのように種としての明確な特長を持つ他のポリプと比較すると、正直イマイチ萌えないポリプでした。
ただ、顔つきだけはやたらと怪物的で、好きな人にはたまらないポリプですね。
クリックすると元のサイズで表示します
最近はブリード固体も多く流通していますが、残念ながら私には全く魅力が感じられません。エンドリやビキールでは顔つきは妥協して、割りきって色柄を楽しむというという事もアリでしょうが、ことアンソルギーに関しては顔つきの特長が表現されていないと意味がないなあ、というのが私見です。
クリックすると元のサイズで表示します
今年こそは60アップを実現しますよ〜♪
あと数ミリなんですが.....
0

2011/2/17

ギニア産アンソルギー  アンソルギー

さて、今日はアンソルギー2号を紹介します!

確か少し前の記事で「今年は新魚は買わない!」と書いたような気もしますが、もう忘れました(笑)
先週たまたま餌を買いに出かけたショップで出会ってしまって....つい...

でも、この顔つき見たら普通行くでしょう!
なんか昔のビチャーみたいな風貌♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の2枚は導入直後のショット。
まだ入荷して間もない個体なので痩せてますが、太らせたらかなり格好良いアンソルギーになりそうです。
ギニア共和国からの入荷ということで、ニジェール川産のアンソルギーですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日を追うごとに食いも上がって来て、コンディションもバッチリです♪

クリックすると元のサイズで表示します

ギニアビサウ産(左)とのツーショット。
アンソルギーもバリエーションは豊富なので、コレクションするのも楽しいでしょうね。
3

2011/2/6

ポリプテルス・アンソルギー  アンソルギー

ポリプテルスが人を魅了する大きな要素である「謎」
古今東西、人は常にミステリアスな存在のものを畏怖崇拝してきた訳でありますが、古代魚と呼ばれる魚達には特にそんな謎めいた雰囲気があります。
中でもポリプテルス類こそはその代表たるもので、独特のガノイン鱗で身を包んだ不可思議な形態の背後には、系統上の謎、分類上の謎、生息分布域の謎...と、未だ解決を見ない多くの学術的課題が控えているのです。
例えばベラスケスの絵画が持つ真価が、栄華を極めたハプスブルク帝国に落とす影をも感じさせる程見事な写実性にあるように、ポリプテルスという魚の形態美もまたその背景に滲むアカデミックな価値に裏打ちされたものであるように私は感じるのです。

さて、長年謎のポリプテルスとしてその名だけが古くから知られていたアンソルギー。
「ラプラディーと酷似しているらしい」と噂され、実際にその分布地域も一部重なっているにも関わらず、何故か一向に輸入される気配がなかったポリプでした。
神秘のベールに包まれたその姿が初めて明確になったのはアクアログ誌に掲載されたカラーの標本写真。
しゃくれた頭部と体側に並ぶ規則的とも不規則的とも形容しがたい斑紋は、ラプラディーとは全く違う外見で、良い意味で期待を裏切る斬新なスタイルをしたポリプでした。

そしてその後実際に輸入され始めたリアルアンソルギーは、画像で受けた印象をさらに凌駕する迫力を持つポリプでありました。
巨大な頭部に発達した下顎、エンドリケリーのお株を奪う迫力ある顔つきには正直度肝を抜かれたものです。重量感あふれる巨体と相まってその怪物的魅力はポリプの中でも髄一。
想像とこれほどギャップのある姿をしたポリプだったとは.....

おっと、これ以上グダグダ書き続けると嫌われそうなので止めておきますね^^

ともあれアンソルギーは素晴らしいポリプです!
最近はニジェール川産のものが増えて来ている感じですが、この個体はギニアビサウのコルバル川産です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
雰囲気的にはエンドリに似ていますね。
しかし個体によってはビキール風のアンソルギーもいますよね。
2

2007/12/9

リアルアンソルギー登場  アンソルギー

ええと、ブログでアップするにはまだ早いかなあ〜とも思ったのですが、アップしちゃいます。
ついに入手した、アンソルギーです!
今回はかなり衝動買いに近いものがありまして(いつもかな?)、金曜日にショップで現物を見てしまい、あのブロッチ模様をどうしても我慢出来ませんでした^^
今回の遠征では複数のショップにて計3本のアンソルギーを見ることが出来ましたが、その中で一番顔付きの良い個体を選んで来ました。
そんな訳でウキウキ気分と行きたいところなんですが.....
う〜ん、二晩経っても餌食わないんですよ〜
落ち着かないのか空気呼吸の度に下顎ぶつけまくっているし....
かなり神経質みたいです。
頼む!餌食ってくれ〜

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

体色はまだ飛びまくりですが、とりあえずこんな感じの個体です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ