2007/3/26

まもなくネタ○レ  

クリックすると元のサイズで表示します
明日の夜くらいから、「あなたを探しに」ネ○バレが始まるんじゃないかなー?と予想。
ネタバレ嫌な方はご注意下さい!

その前にアマゾンからOVAが届きそうな気もしますがv

以下「クリスクロス」改めて感想文です。予習と復習?




予習と復習をかねて「クリスクロス」を読み返してました。
初読の時も思ったのですが、山村先生と桂さん、いいですよね。
もし余力があればこの二人の同人誌を探したかった。
ネタが出れば自分で描きたかったです(笑)。
結構このシーンが良すぎて、二次創作する隙がなかったというか。
山村先生の大人っぽさが素敵です。カッコイイです。
そしてさらっと「大好きだから」と言えてしまう桂さん。
…先生にさらっと流されてしまっただけで、
この想いは結構マジなんじゃないかと。
クリスクロスの隠れた名場面だと思います。

あとは祥子さまと瞳子の場面。
「逃げるの?」と挑発する祥子さまに、
「私なんか」オーラを発し続ける瞳子。
その直前の乃梨子との相乗効果で、見事瞳子は
イベントに参加する気になるわけですが、
この辺の姉妹関係、友達関係は素晴らしいですね。

「怖いわよね。私も怖いもの」
「それでも一緒にいらっしゃるのはなぜなんですか」
「決まっているでしょう? 祐巳が好きだからよ」

…なんかもう、ここまでスパッと言い切られちゃうとですね…
もう瞳子に躊躇う理由がないですよね^^

あと瞳子が180度変わったなと思うシーン。

『楽しげに予想を語り合い、次期三薔薇さま三人が登場すれば黄色い声をあげる彼女たちと、自分は何かが違うのだと感じられた。否、「違う」のではない、自分がその場にそぐわないだけなのだ』

ちょっv 4月の時点では黄色い声をあげる筆頭だったでしょv
敦子さんと美幸さんはどこへ行ったのかとv

冬休みに何があったのか?
家出の理由は果たして明かされるのか?
その辺も気になっているので、出来れば明かされるといいなぁ。

祐巳さまのカードの隠し場所も、カード=こころと例えれば
これ以上の場所はないですよね。
瞳子が「祐巳さまならカードはどこにも隠さない!」と思い当たった上で薔薇の館に来たのであれば…
もうそこで終わるんですけどねv 物語自体がv
あぁ上手く言葉に出来ないな。
祐巳ちゃんはカードを見つける為には、『自分のところへ来るしかない』という、素晴らしい罠を仕掛けたんですよ。これはもう瞳子に見つけてもらうことしか考えてませんよね?
素晴らしいです。無意識だとしても素晴らしい(笑)
祐巳ちゃんの顔を見に来ないとカードも見つからないんですから。
でも瞳子はカード関係なく会いに来ちゃったからなv
それも素晴らしいです。

と、気分は盛り上がってまいりました!
さぁ、でも(「おめでとう本」的に)問題はロザリオ授受だ!!

ぶっちゃけ二人が見られればロザリオどうでもいいですけどv

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ