*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2013/3/29

天王寺ナーサリーの新たな仕事  出前講師

放射性物質の中でもヨウ素131は半減期が8日ですので、測定に関して国がうだうだしている間に、地震直後からの実際の汚染状況は闇の中になってしまいました。事故直後の放射性物質拡散状況のデーターに上書きをしてしまったというニュースには心底あきれました。

ヨード剤を飲むことで甲状腺の被曝を防ぐことが可能だと言うことは、ヒロシマ・ナガサキのあとのABCCの研究によってわかったことです。なぜ、せめて・・・今回そのことを活かさなかったのか?

311の地震直後から放射性物質が大量に流出していた影響を受けた多くの人々はその影響を受けたことすら知らないままです。もしくは、拡散した放射性物質の人体への影響はわずかである、等の国の情報にさらされています。

放射性ヨウ素に関してはその多くが、双葉町、飯舘村、いわき市に流れました。そして東北・関東にまで広がっていたのです。ヨード剤を配ったのは三春町のみ。

放射性物質の拡散による影響かどうかという研究も大事でしょうが、今生きている人々の健康状態がどうか?という検診を(行政が)あれから2年経っても行なっていない場所の方が多いのです。

私のツイッターのTLを追って頂いてる方はご存じだと思いますが、天王寺ナーサリーとして今月から福島の子ども達の検診の支援を始めました。

福島県に在住の方が始めたこの活動に個人として参加しています。
活動の詳細は直接お伝えします。



ご報告:

ご寄付
3月3日 15000円 M様
3月24日 25000円 K様、H様、T様

上記ご寄付は下記の通り2回分の往復交通費として使わせて頂きました。ありがとうございました。
3月3日 高速バス往復19800円
3月24日 行き夜行バス+特急、帰り特急+新幹線=30000円

次回は4月14日(日)となります。
引き続きご支援をよろしくおねがいします。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ