*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2014/1/4

2013年 冬のコドモノジカン  コドモノジカン

今年の冬のコドモノジカンはクラス在籍者対象で行いました。

12月26日午後
「焼きそばやさん」開店。

7歳の子ども達がそれぞれの家族の人数分を作ってパックに入れて持って帰りました。

材料は全てそれぞれが自分の家族分を下ごしらえ。

手順は口頭では説明せず、温度調節からパックに取り分けるところまでの実践を見て貰いました。

作る順番は「身体の目覚めの緩やかな」子どもを後にしました。

幼稚園児対象の場合は一番小さな子どもが一番最後。

小学生対象の場合も同じく(但し、月齢ではありません)身体の覚醒が緩い子ども(意識と身体のバランスにおいて意識への偏りの強い状態)を後に回します。

しっかりと「観る」ことができれば、まだ模倣の衝動を持っている7歳児の身体の覚醒を促すことができるからです。

幼児期に「言葉」偏重に育った子ども達は「やりたい!やりたい!」と一見意欲的に見えますが、実際の場面になると、どうするの?どうするの?と尋ねるばかりで身体が言葉ほど器用に動かず、今度は「できない。無理」と言い始めます。

子ども達は誰かが焼きそばを作ってる横で関係無く遊んでいるかのように見えますが、しっかりとお友達がやってる手順ややり方を観ていました。

具材を切るのも、味付けも、焼き具合も全部子ども達が自らで行いました。

まずキャベツをちぎって、洗ったり、にんじんの皮をむいたり。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


自分の家族分の具材を包丁で切っていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


温度設定を確かめて、油を引いて、まずそばを炒めて一旦取り出し、具材を入れて塩で味付け炒めます。
蓋をして100数えて蓋を開け、そばを戻して再度炒めて、ソースで味付け。

そして鉄板の上で人数分に分けてから、箱詰め作業。
クリックすると元のサイズで表示します


お味はいかがでしたでしょうか?

0

2013/8/18

【コドモノジカン 2.5】  コドモノジカン

ツイッターで数日前に予告していましたが、

一人でも多くの子ども達を連れて行きたいと思い、

急遽、20日も海に行くことにしました。

2つ前の記事の【コドモノジカン 3】と同じ場所です。

22日の都合が合わなかった方で、20日をご希望の方はメールにて連絡下さい。
要項は【コドモノジカン 3】と同じです。

0

2013/8/13

2013年夏【コドモノジカン・3】  コドモノジカン

☆8/16お申し込みの受付は閉め切りました。
【追記有り】

 山に2回行ったので、海も2回行きましょう!

 前回、ご希望の日程をお寄せいただいた方でご希望に添えなかった方の、日程を優先して決めました。

 日程:8月22日(木)

 現地が雨天の場合中止。
 中止の場合は6時30分にこのブログにてお知らせします。

9時過ぎ頃に現地集合。
帰りは、各ご家庭にお任せします。

 場所は和歌山ですが前回とは違う自然の浜に行きます。ルートは2つ。
南海難波から電車1時間、南海和歌山市駅からバス 13分 徒歩10分。
JR阪和線JR紀州路快速で1時間、和歌山駅からバス30分 徒歩10分。

 各駅からタクシーで10〜20分程度。

行きたい!という方いらっしゃいましたらご連絡下さい。
場所の詳細はお申し込み時にお伝えします。

基本、電車でと思ってます。
車で来られる場合は駐車場はお問い合わせ下さい。

★場所の詳細等はお申し込みいただいた方にお知らせします。

★今回は前回の場所からバスで2駅くらい移動したところです。前回と同じくこじんまりしていて穏やかな海水浴場ですが違うのは人工の浜ではなく自然の浜という事です。

★海水浴場では無いため、公設のトイレやシャワールームなどはありません。(簡易のシャワーは有料であります)オープンカフェ&バーの中のトイレが使用できます。(カフェの営業日が不定休のため確認中)

★テントは私が一つ持って行く予定です。
ママと子ども達で来られる方はテントは不要です。

★浜のすぐ横にある旅館のお風呂が利用できます。(一人500円)

★ご参加をご希望の方は、電車か車か、電車の場合南海またはJRのどちらか、両親とも又はお母さんのみ、を明記の上お申し込み下さい。

★現地が雨天の場合は中止です。当日の朝、6時30分にこのブログでお知らせします。

★参加費の設定はありません。どなたでもご参加いただけますが、小さい浜のため一定の人数のお申し込みがあった場合その時点で締切ります。【8/16締切りました】
0

2013/7/29

2013年夏のコドモノジカン2  コドモノジカン

【参加ご希望のご連絡をいただいた方に詳細をお送りしました。ご確認下さい。】

山に2回行ったので、次は海です!

ご希望が一番多かった日程を設定しました。
ご希望に添えなかった方、ごめんなさい。
また必ず機会をつくります。

日程:8月4日(日)
現地に9時過ぎ頃に到着予定。
帰りは1時頃(電車でお昼寝できるかな?)を予定していますが、各ご家庭にお任せします。

場所は和歌山です。ルートは2つ。
南海難波から電車1時間、南海和歌山市駅からバス30分、徒歩10分。
JR阪和線JR紀州路快速で1時間、和歌山駅からバス30分 徒歩10分。


タクシーで15分程度。

行きたい!という方いらっしゃいましたらご連絡下さい。
場所の詳細はお申し込み時にお伝えします。

基本、電車でと思ってます。
車で来られる場合は現地集合で。車の方が混み具合によっては時間がかかると思います。(特に帰り)

★行くところはとてもこじんまりしていて穏やかな海水浴場です。
テントは私が一つ持って行く予定です。

★ご参加をご希望の方は、電車か車か、電車の場合南海またはJRのどちらか、両親とも又はお母さんのみ、を明記の上お申し込み下さい。

★現地が雨天の場合は中止です。当日の朝、6時30分にこのブログでお知らせします。

★参加費の設定はありません。
0

2013/7/27


【2013年夏のコドモノジカン】

7月26日は錦織公園へ行きました。

近鉄阿部野橋から30分で滝谷不動駅です。そこから約20分で南口に着きました。

現地に朝9時に集合して6組みの親子が一緒に歩き始めました。
歩き始めて感じたのが「何?この思い空気感・・・」ということでした。

歩き始めの時に、皆さんはどんなお気持ちでしたか?

お母さん達の顔はの表情は硬くため息すら漏らしていらっしゃる方もいました。

子ども達はその雰囲気の中歩き始めましたが、足取りは重くぐずる声が聞こえてきました。

舗装されている道から、自然な山肌の道に入っていきました。

上り坂や階段は子どもは自分ひとりで歩いた方が楽しくて安全で、身体が目覚めて居れば手をついてでも自分で昇ろうとします。お母さんの手を離せない子どもはまだ身体が目覚めて居ないのです。触覚が目覚めて居なければ地面に手をつくことを拒絶したり手すりを持つことすら拒絶します。


手を繋ぐ必要があるのは予測不可能な交通事情のある道です。

途中で2組の親子と合流しました。

ぐずり続ける子どもが何人か居る中、私は背中でそれを聴きながら、子どもの手のひらくらいの大きさの葉っぱを取って「パン!」という大きな音を出す遊びを始めました。興味を引かれた数人の子ども達がそれをマネしようと試みていました。

その次は蔓をみつけて採取します。小さなかごができるくらい集めました。
が、同じように木や蔓に触れる子どもはいませんでした。

アスレチックのある広場について荷物を下ろしました。

私は蔓でかごを編みました。最初から最後までその作業をずっと見ていた女の子にそれを手渡しました。

公園に着いてから2組の親子が合流しました。

12時半頃にはお昼寝がある子ども達はお帰りの時間ですよ、と促しました。
電車で来た子ども達は駅まで、車で来た子ども達は駐車場までそれぞれ20分〜30分歩いて行きました。

生活のリズムが安定していると、この日のようなスケジュールで、2、3歳児はこれくらい歩けます。それ以上ならもちろんですが。

楽しそうに遊んでるから、未だ帰りたくないと言ってるからという子どもの表面的な要求に応えてお昼からも長く居ると帰りは当然のことですが疲れ切って歩けません。このように過ごしてしまうと歩く機会が減るので体力や歩く力はつきません。さらに子ども達は目的地に滞在する事だけに意味を見いだします。行くこと帰ることには意味を見いだせません。目的地に着くことだけ、そして極端な場合は公園で遊んでいる最中に「次はどこに行くの?」「何時に帰るの?」「公園から帰ったらどうするの?」というような問いを次々に発します。

その場にとどまって「今」を感じることも楽しむこともできなくなるのです。

大人のサービス精神で、結果「子どもが寝るまで遊ばせるだけ」、という今の風潮は本当に子どもが自立は向かうのでしょうか?

6歳と5歳の子どもが、他のみんなが帰った後、休憩所の後の崖を登って遊んでいました。
わずかに傾斜があるもののかなり垂直にちかい4メートルほどのその崖を砂埃を上げながら登ったり降りたり。

そして2時過ぎにはみんな帰路につきました。


歩くことは単に脚力をつけるためだけのものではありません。

確かに幼児期の今はしっかりと歩けるようになることが目標です。

けれど、

クラスでいつもお伝えしていますように、「歩む」という言葉が広い意味での意味するところに繋がるから、大切なのです。

私は歩める。
私は私の行きたいところまで歩める。
私は私の知らないところに私が行きたいから、私が行くために歩む。
私の歩みは進むべきときも、止めるべきときも、私が決める。



「人生の歩み」



身体の目覚めが、その後の人生に及ぼす影響がどれほど大きいか。


夏は子ども達の身長が伸びる季節です。
子ども達にとって「昨日の私と今日の私は(身体が)違う」ということを忘れないようにお過ごしください。


2

2013/7/26

【2013年夏のコドモノジカン】  コドモノジカン

2013.7.25

天王寺から電車を乗り継いで約1時間でJR野崎駅に着きました。
そこから子ども達の足で10分ほどで参道に入ります。
参道にはいると緩やかなアスファルトの道が始まり、次に急な石の階段を上ります。
クリックすると元のサイズで表示します


まずは野崎観音でお参り。

境内の裏手から山に登っていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

山自体はそんなに高くはありませんが、その分まっすぐ一気に昇っていく道になります。
一つ目の頂上を越えたらこんどは下り坂。
坂をどんどん進んでいくと、

「川があった〜!」と先頭を行く子ども達が叫んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私が小学生の頃と同じように、そこには沢ガニが生息していました。

クリックすると元のサイズで表示します

川でひとしきり遊んだ後は昼食です。来るときに通った展望台にもどって、びしょびしょになった服も靴も着替えて、おにぎりをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、来た道とは違う道を通ります。岩がむき出しになった山肌の上をあるいたり、吊り橋を渡ったり。
クリックすると元のサイズで表示します

行きと同じ長い石の階段も下りて途中でセミとりをして、駅に着いたのが1時頃。2歳児さんはこの後環状線に乗り換える前に私がおんぶしたら環状線でお昼寝開始。行きも帰りもよく歩きました。

13時45分には天王寺駅に戻って、それぞれのママの元へ。

家に帰ってさっそく夏休みの宿題に取りかかったH君。
岩にびっしりとついていた苔が印象的だったようですね。
クリックすると元のサイズで表示します

0

2013/7/22

2013年夏の【コドモノジカン】追記  コドモノジカン

【プレイクラス】
 今月7月25日(木)のプレイクラス@天王寺は、「電車に乗って山に行こう!」に挑戦します。プレイクラス以外の方もご参加いただけますが、小さな川に行きますので定員があります。締切りました。

 
 集合場所:天王寺駅(詳細はお申し込みいただいた方にお知らせします。)
 集合時間:9時
 行き先:生駒山系 JR野崎駅
 持ち物:お弁当(おにぎりのみ)、水筒、着替え一式、換えの靴、帽子
 服装:ズボンは長ズボンでお願いします。半袖または薄手の長袖。サンダル不可。

 解散場所:天王寺駅(集合場所と同じです。)
 解散時間:2時

 ・プレイクラス@天王寺の子ども達は伊藤が引率します。
 ・プレイクラス以外の方でご参加をご希望の方は、保護者同伴でお願いします。
 ・ベビーカーは使えませんので予め御了承下さい。
 ・雨天の場合、プレイクラスはお弁当有りで9時30分〜12時までとなります。
 ・プレイクラス以外の方は中止です。


【夏のコドモノジカン】

 26日(金)は錦織公園へ遊びに行きましょう。こちらは定員はありません。
子ども達にとっては手足をのびのびと使えるチャンスを、おやごさんにとっては、子ども達の発達を知る機会になることを願っています。

 
 集合場所:現地(詳細はご参加いただく方にご連絡します。)集合場所の隣に駐車場有り。
 最寄り駅:南海高野線 金剛または滝谷駅 近鉄長野線 滝谷不動駅(阿部野橋駅から急行―古市で準急に乗り換えて30分くらいで滝谷不動駅です。駅から徒歩20分。)
 錦織公園:HP
 集合時間;9時
 解散時間:自由(伊藤は2時頃まで滞在します)
 持ち物等は各自でご判断下さい。


★どちらも雨天中止の場合は7時にこのブログにてお知らせします。個人メールは対応しませんのでご注意下さい。

★どちらも参加費の設定はありませんが、ご寄付は大歓迎です。

★お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpまで 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ