*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2011/8/28

2011・夏のコドモノジカン日誌・4   コドモノジカン

8月26日(金)、「コドモノジカン」夏休み後半編がはじまりました。

この日は子どもが8名、大人3名のご参加でした。男の子が6歳を筆頭に6人、女の子が2人。

参加した子ども達のうち4人の男の子達はナーサリーを修了した子ども達で、伊藤さんちで何をどんな順番で行うかよく知っているので、率先してお手伝いをしてくれました。子ども達の有り余るほどの力は建設的に使うことが出来れば、「ただ、暴れるだけ」という遊び方はあまりしなくなりますね。いつものようにぬらし絵→お片付け→おやつ(この日はブドウをいただきました)→自由遊び→トイレ→外遊び→お風呂→お弁当→自由遊び、と過ごしました。

生き生きと自発的な衝動に促されて遊ぶ子どもは、大人に「やって〜」と要求することは少ないです。自分で遊ぶ方が自分の思いを再現しやすいからです。芸術と同じですね。

もし、子ども達が「白紙」の状態で生まれてくるとすると、手を出したり口をだしたり、先回りして「与える」事が大事なこととなるので、子どもの行動・動機に干渉することが必要になります。

そして、子どもの模倣の衝動に気づくことがなければ、「○○(挨拶、謝罪)しなさい」と常に命令して躾を行うでしょう。


けれどももし、人間の本質は輪廻転生だとしたらどうでしょう?
子どもの発達が「模倣の衝動とそれを再現する本性を持っている」と発見したらどうでしょう?

親が子どものことを「白紙」のようなものだと信じているかぎり、子どもの中の自発性=意志について観察することは出来ないでしょう。

無いと思ってることは当然ですが、見えません。



「命が宿る」という表現がありますが、この「宿る」という言葉の意味はどういうことでしょうか?

命はどこに宿るのでしょう?


クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/8/15

【8/4更新】夏の講座のお知らせ  コドモノジカン

今月8月の手仕事、育児面談等の受付は終了しました。
9月以降のご希望はお早めにお知らせ下さい。
なお、9月〜のスケジュールは今週末にアップします。

天王寺ナーサリーの夏の出張講座

〈奈良エアレーベン・小学生の手仕事〉
・8月24日:午前 
 小学生を対象にしたフェルトワークをエアレーベンの合宿期間に行います。
去年ははさみケースを作りました。ファスナーやボタンが無くても、はさみが飛び出す心配のないカタチ。作ってる最中は「どんなカタチになるんだろう?これでそんなんになるん?」と半信半疑の子どももいれば、とにかくこすることに夢中になる子、慎重に羊毛を並べ直す子など、羊毛という素材と戯れている様子が何とも楽しそうでした。
 2回目の今年は、手持ち一体型のバッグに挑戦です。

 
〈徳島県 ヴァルドルフ人形作り〉
・8月19日〜20日 終日
 お母さん方対象の人形作りの講座です。
合わせて就学前の子ども達にとっての大切なこと、この時期にこそ育まれる事についてのお話しをしながらの講座となります。
 持ち物:簡単な裁縫道具・白糸・人形の服にリメイクするための古着(お子さんの着られなくなったもの。大人のボタンのついてるシャツ。Tシャツ等の1〜2点ほど)。


*上記2つの講座は主催者が天王寺ナーサリーとは異なりますので、こちらでの募集は行っておりません。



夏のコドモノジカン募集開始受付は終了しました。夏のコドモノジカンは、7月26日〜27日と29日、8月26日、29日、31日の6日間です。

予想以上のお申し込みがあり、ご希望の日程に添えない方も多くなってしまいました。申し訳ありません。なお締め切り時間以降のお申し込み、メールでのご連絡が取れない場合、お電話が繋がらなかった場合は無効となります。あしからずご了承下さい。

【コドモノジカン】
9時30分〜13時までで、室内遊び外遊び、ぬらし絵など。定員は一日3〜5人程度(お申し込みが多数のため、7〜8人程度に変更になりました。年齢構成により変動します)。お弁当・水筒・お着替えはご持参下さい。お水はご用意しています。外遊びのあと、シャワーをします。タオルはこちらでご用意します。

お申し込みは本日7月18日〜22日午後3時まで。
ご希望の日程をお知らせ下さい。
人数等の調整をしたのち22日夜に参加日のご連絡をいたします。
☆22日23時40分現在ご参加対象のすべての方にメールをお送り致しました。ご確認下さい。ご連絡が届いていない場合はご連絡をお願いします。
参加費は1日の基準額−1家族1000円

★メールの件名に【コドモ申し込み:お名前】を明記の上、
1.希望日:希望の日程をお知らせ下さい。何日でも可。
2.お子さんの生年月日
3.おやごさんの参加:有・無
4.当日連絡の取れる電話番号
5.アレルギーの有無

【重要確認事項】
・参加費は郵便振り込みの先払いとなります。
・お休みされたときの振替はありません。
・キャンセルされても返金はありません。
・お母さんがご一緒に過ごされるかどうかはお母さんにお任せしています。
お子さんに無理の無いようにご判断下さい。
・クラスの時間内の怪我や病気は応急処置のみとなります。保険等も各自の責任においてのご利用となります。天王寺ナーサリーとしての保険等の対応は一切ありません。
・以上をご了承の上お申し込み下さい。



訪問ナーサリー
今年も夏休み期間中に訪問ナーサリーを行います。
下記日程よりご希望の日程を第2希望までお知らせ下さい。
・7月30日〜8月17日まで。(土日含む)
訪問ナーサリーの受付は修了しました。

・時間:午前9時30分から11時30分。
・費用(基準額):1家族8000円+交通費実費
(お振り込みの完了をもって正式な受付と致します。ナーサリー修了の方は完全自己申告制です。)
・お子さんについてのご相談は事前にメールでお知らせ下さい。
・当日は室内遊び、外遊び、をしながら、ご相談の内容と合わせてお子さんの発達の様子をお伝えしていきます。
お申し込み後のキャンセルはお受けできません。お子さんの体調不良などの日程の変更については8月中のみの対応となります。
・予定人数に達し次第受付を締め切ります。



お茶会
ナーサリークラスを修了されたご家族対象のお茶会のご案内をお送りしました。ご確認下さい。



新規講座
新しい試みとしてプレママ講座を企画中です。
日本で育つ子ども達の生活環境が放射能汚染によりさらにシビアな環境になりました。
予防医学としての教育(ヴァルドルフ教育)の観点から妊娠予定、ご懐妊のプレママの子育てのスタートにあたり、サポートをしていきたいと思っています。
(8月中に行う予定です。)




なお現在天王寺ナーサリーで行われている講座のうち下記の講座は受付を終了しています。ナーサリークラスに関しては次回は9月または10月の募集となります
講座
【子どもの教育@天王寺】
【子どもの教育@堺】
親子クラス
【ナーサリー月曜クラス】
【ナーサリー木曜クラス】
【プレイクラス】
・1年間で子どもの成長についての本質的に学んで戴けるように、連続でのご参加を前提としています。ご了承下さい。
9月にスタートする講座【子どもの教育】を検討中です。春からのクラスと同じテキスト、内容です。



こちらの講座は随時受け付けています。
・読書会「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」
・生理学




1

2011/7/29

2011・夏のコドモノジカン日誌・3  コドモノジカン

2011・夏・コドモノジカン 7月28日(水)

昨日のナーサリー・木クラスで、前期の定期クラスは夏休みになりました。

そして今日は夏の【コドモノジカン】3回目。

この【コドモノジカン】は子ども達が伊藤家に遊びに来るというシンプルな企画です。
これまでも場所やカタチを変えて行って来ました。

我が子が小さいときも、夏休みになると我が家に近所の子ども達がわんさか来ていました。マンションの中央にあるプレイロットにビニールプールを出しているとベランダごしにそれを察知した子ども達が各住戸から出てきます。そしてそのままみんなでおにぎりやそうめんを食べて、昼寝をしたり、夕方みなで約束して、一緒に夏祭りに行ったり。毎夏そうやって過ごしてきてもう今はみんな大きくなりマンション敷地内では無く、街中でその当時の子ども達と会ったりしています。

小さいときからずっと繋がっている大人は子どもにとっては、どんな存在になるのでしょう。きれいにお化粧をしていても、「あ、おばちゃん、私、大学生になってんで!」と話しかけてくるその様子は何も変わらないその子そのままです。

お母さんや幼稚園の先生とは違う質の人にも守られて育つこと。
この夏の日々が、子ども達が大人になって養う側になったときに、意識の奥底で輝いてくれてると良いなと思います。


今日、参加した方に、「なんて穏やかなんだろうと思いました。」というご感想を頂きました。この企画、8人もの乳幼児さんをひとりで見るなんてなんて大変なんだろう!と思われている方も多いと聞きました。

朝、子ども達がやってくるときも、自由遊びも、家の洗濯物を干したり、お風呂で使ったタオルを洗濯したり、洗い物をしたり、ずっと家事をしています。その傍らで8人の子ども達は思い思いに空想の翼を広げて遊んでいるのです。

育児やそれにまつわる子ども達の環境作りは、サービス業とは違います。


子どもの本性である模倣の衝動を周りの大人が本当に理解するとき、世界は変わると思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
5

2011/7/27

2011・夏のコドモノジカン日誌・2  コドモノジカン

2011・夏・コドモノジカン 7月27日(水)

今日の参加者は9歳から1歳までの8名。
小学生の子どもが2人いました。
そして大人が前半1名、後半2名のご参加。
1家族は体調不良でお休みでした。早く元気になって来てね!

コドモノジカンに過ごすリズムはいつも同じです。
みんなが揃ったらお名前を1人ずつ呼んで、私が指定した席に着きます。
そして歌を歌ってはじめます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ぬらし絵が終わって、室内遊び。しばらくしたら、1歳のR君がお母さん恋しさに泣き始めました。スイカを食べてからお外へ。

泥遊びをする子と、身体を精一杯使って遊ぶ子。「セミの声大きいな!」と言いながら。
今日はF君の携帯(つみき)にセミから電話がかかってきましたね。

外遊びの途中で紫蘇ジュース。昨日も紫蘇ジュースでしたが、今日全部なくなっちゃいました。次回からは何にしようかな・・・。

外遊びが終わったら恒例のお風呂タイム!
「私はシャワーだけでいいわ!」と言っていた9歳さんは、一番にお風呂にジャブン!
みんなで「狭ま〜〜〜!」と言いつつ、キャッキャと入っていました。
今日はF君の雨が降り、私も頭がらびしょ濡れになりました。
(入浴シーンは秘密なので!参加者の方にのみメールでお送りしています。届いていない方はご連絡下さい。)

お弁当の後、粘土〜ごっこ遊びをはじめた子ども達。桃を出すと一瞬で平らげ、また遊びに戻っていきました。私が子ども達の家族のおうちにお客さんでお招きを受けました。「今日はわりと片付いてるから来ても良いよ」と(笑)
そして、今日は赤ちゃんが2人生まれました。

次回コドモノジカンは明後日の金曜日です。


ご参加される方へ
・水筒は必ず持ってきて下さい。
・お着替えは2組あった方が良さそうです。
・お母さんがご参加されるときは、ご自身のお子さんへの関わりは最小限におねがいします。

3

2011/7/26

2011・夏のコドモノジカン日誌  コドモノジカン

2011・夏・コドモノジカン 7月26日(火)

一番乗りは一番遠い所から来てくれたN君。
次々と来るお友達を観察していました。
チャイムが鳴る度に「いそがしいなあ」と笑っています。
今日は1歳〜6歳まで総勢8名の参加でした。
みんなが揃ったところでぬらし絵。

クリックすると元のサイズで表示します

終わった人からそれぞれでお片付け。
ガラスの筆洗、陶器の絵の具入れ、筆と布。すべて、もちろん魔法の持ち方で!

室内遊びでは大きな鍋いっぱいにシチューづくり。
遊んでいるときに携帯電話がなりました。相手は隣の公園のセミさん。
セミさんがみんなを呼んでるということで、お片付けをして、トイレに行き帽子をかぶり、猫車にお砂場遊びのおもちゃを載せて、お水をもって、公園へ。
思い思いに身体を動かして遊んでいました。
最年長のNちゃんはうんていを何回も。いつもの探検も。最年少の1歳さん2人はお姉ちゃんやお兄ちゃんにちょこちょこついてまわります。

お部屋にもどって、みんなでお風呂へ。
上から雨が降ってきてみんなびっくり!


着替えを済ませて、みんなでお弁当です。
クリックすると元のサイズで表示します



お弁当のあとはF君のお母さんにいただいたスイカをみんなでいただきました。
よく食べたなあ。
3

2011/3/17

コドモノジカン・2010・春 締め切りました  コドモノジカン

コドモノジカン・2010・春の遠足について。

★本日3月27日、参加ご希望のご連絡をいただいた方に詳細事項をメールにて送りました。ご確認下さい。駅からの送迎バスに間に合わない方は直接集合場所へお越し下さい。

★東京電力がプルトニウム(MOX燃料)の測定機能を持ち合わせていないことが本日明らかとなりましたが、日本政府は気流による放射能の拡散予測すら出してはいません。ノルウェ−、フランス、ドイツの予測を参考にして外遊びの時間の調整をします。


日時:3月30日(水)
場所:枚岡公園(東大阪市・生駒山系)→公式サイト
最寄り駅:地下鉄新石切駅 近鉄額田駅など
活動時間:午前中から3時ごろまで。
受付期間:募集人数が定員になった時点で受け付け終了です。(終了しました。)

ご参加の条件:ナーサリー在籍者、修了された方、勉強会継続参加者。
・上記以外の方でご参加される場合は1家族につき参加費基準額を500円と致します。
・または、「天王寺ナーサリー参加券」をお持ちの方は参加券をご利用いただけます。

★集合時間・場所の詳細はお申し込みされた方にご連絡致します。

★件名【春の遠足申し込み:氏名】を明記の上、ご連絡をおねがいします。
お車で来られる方は駐車場の案内がありますので、メールにてお知らせ下さい。

★まだまだ気温が安定しない季節柄、活動時間中、授乳や子ども達のお着替え、途中で雨が降ったときなどに備え、公園の近くに室内(和室)もご用意しています

★お弁当水筒などは各自でお持ち下さい。

★お子さんだけのご参加はお受けできません。健康管理等は各自で責任をお持ち下さい。特別な保険等はご用意していません。
0

2010/9/1

夏のコドモノジカン  コドモノジカン

 2010・夏のコドモノジカンのレポート2です。

 ベビーシッターで2回目のA君。前回うちに来たときに大工さんが杉板を床に貼っている作業をじっと見ていました。今回リフォームが一応終わった状態で(片付けは未だでした)その板の残りを発見し、さっそくベランダで床貼り。この時期の模倣力は本当に完璧ですね。板の端を、コンコンとたたいてそろえるしぐさが板についています。以前とは変わった部屋の間取りを探検し、作業用の脚立に上って上機嫌。その脚立に上って少しだけ残っていた天井塗りを私が始めると、脚立に一緒に上がり、「いとーさん。ぎゅーってするから。こわないよ。」と私の足をしっかり持って(しがみついて)守ってくれました。おかげさまで、何とかリフォームが終わり、あとは絨毯やカーテンなど細々した追加のみです。

 B君は今年の4月から幼稚園に行き始めました。お水を持って近くの公園でお砂遊び。そして途中で裸足になり、何度も砂に足を埋めては飛び出すことを楽しんでいました。「足が地に着く」、「落ち着く」というのは、具体的に身体でそれを体験していないと、頭でわかってるつもりになってしまう感覚ですね。

 CちゃんとDちゃんは小学生と幼児さん。お家にお伺いして、手仕事の時間を過ごしました。羊毛フェルト(ウエット)で、はさみケースをつくりました。色の選び方、手の使い方、作業のときの様子に、それぞれの気質や課題などを再確認しました。手仕事の後は、家のすぐ前に広がる大きな公園へ。勢いよく自転車を漕ぐDちゃんと対照的に、犬のぬいぐるみを木のおもちゃの車に乗せて慎重に引っ張って連れて行くCちゃんでした。

 Eちゃんは、お庭でプール遊び。照りつける日差しの中で思いっきり水遊びをしました。体をはねさせてはしゃいだり、慎重にペットボトルをお水で満タンにしたり。境界の体験を慎重に見守ってきました。心情的な周りの大人の暖かさはこの時期の子どもにはとても必要です。子どもを王様にしてしまうことと、子どものありのままを受け止めることは全く質の違うことですね。引き続き、9月もベビーシッターで関わります。

 Fちゃんは、ちょうどお父さんがお休みで、お父さんにひっついて回っていました。お父さんはおもちゃの手入れをしていました。旋盤のお仕事をされているおじいちゃん作の最強の金属でできた独楽は最強で、ベイブレードは太刀打ちできません。職人さんが多い家族に生まれた彼。じっくりと観察する気質が備わってることに納得です。見ることができて初めて行うことができます。これからも今までのようにその「見る時間」が守られますように!

 8月の天王寺ナーサリーはそのほかにも、定期のベビーシッター、外遊びのベビーシッター、単発の家庭訪問ナーサリー、そして奈良は柳生の山の涼しい施設で、小学生〜中学生14人+大人数名での手仕事クラスを行いました。子育て面談も1件お受けしました。その他、母子家庭の母親の就業支援の講座の託児にも行きました。

 天王寺ナーサリーは8月31日のプレイクラスから2学期が始まっています。
 
 子育ては、本当の意味での総合職です。労働であり、芸術だと思っています。私たち親は常に新たな柔軟性を必要とされます。


 
 リフォームが一段落したので、更新を再開したいところなのですが、今月の12日から19日まで海外に勉強!?に行きます。ヴェレダ(製薬会社)の見学と、バイオダイナミック農場の見学です。ですので、ブログの更新は9月の後半からの再開となります。

 もちろん、定期クラスはさらに意義深いものになるように、じっくりと取り組みます! (定期クラスの日程の変更等はありません)
 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ