Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
襟裳岬サイコー♪

最近の投稿画像
悩ましいなぁ

最近の投稿画像
知床方面ツーリング

カレンダー

2013
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

交通取締りについて

本日国家公安委員長が言いました。

 古屋圭司国家公安委員長は4日の閣議後会見で、交通違反の取り締まりを論じる中で、「歩行者が出てくる危険性がない場所で、制限速度の20キロ超過を取り締まるのは疑問」という趣旨の発言をした。
 発言は、「取り締まりは事故防止に結び付くのが大切だ」「実態を詳細に調査するよう警察に求めている」などとした後、地元の選挙区で取り締まる場所が固定化されているケースがあると指摘した際に出た。
 古屋委員長は「片側2車線の真っすぐな道で歩行者が出てくる危険性もない(場所)。制限速度が50キロなので、交通の流れに逆らわないように行くと70キロぐらい出ますよね」と述べた後、「(超過速度が)20キロ以上出ていると取り締まりの対象になる。そういうところはどうかなといつも疑問に思っていましたし、反則切符を切られた支援者からもそういう声をすごく聞いている」と続けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000068-jij-soci


今現在の警察の取り締まりは極端な言い方をすれば危険なところだからやるのではなくて

スピードの出しやすい

捕まえやすいところで

取締りをしているような気がします。事故防止なんて二の次。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村

0
投稿者:akumakozo
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ