Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
大変申し訳ありませ…

最近の投稿画像
新潟のZZRが来た…

最近の投稿画像
新潟のZZRが来た…

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

手ごわいぞ!エリミ

さて



タイヤ交換終了後にぜんこちゃんが買出しから帰ってきました♪


買ってきたのはコレ(右にある光ってるやつね 笑)
クリックすると元のサイズで表示します




これってなに?



と思ったらポチッと押して〜押せよ〜

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



コレはコンバーターっていうんですよね。



コッチが9.5mmの凹
クリックすると元のサイズで表示します



合わせて使うのが


インパクトレンチ



今年の春に活躍しましたね(笑)




そう



ぜんこちゃんのドライブスプロケットを緩めるのに使った



電動インパクトレンチ





インパクトは12.7mmの凸なんですよ〜




凸凹がサイズ違うということは




使えませんね〜




でも




このコンバーターがあるとインパクトに繋がります。

クリックすると元のサイズで表示します





どこでこの工具を使うのか?





ココですわ。
クリックすると元のサイズで表示します

この穴の奥に見えるキャップボルトを緩めるときに使います。




え?穴がどこにあるかわかんない?



ココです!!
クリックすると元のサイズで表示します





フロントフォークの一番下(底)にキャップボルトがあるんです♪




普通は気がつきませんよね。




フォークのインナーパイプはコレで繋がっているんです。





このボルトを緩めてからインナーパイプを上に抜くと
(インパクトで一瞬、大パワーをかけると緩みますが手ではインナーパイプが回って緩みません)



オイルシールがインナーパイプと一緒に抜けてきます。





ホラ抜けた
クリックすると元のサイズで表示します





下側にメタルガイドが見えますね、次回はコレも換え時かな?
クリックすると元のサイズで表示します




オイルシールは上に抜いて





新しいオイルシールを打ち込みます。




これがシールプッシャー
クリックすると元のサイズで表示します



プッシャーが無くても打ち込めますが




コレがあると簡単にシールが打ち込めます♪






そうそう




オイルシールとダストシール二個で3千円チョイ?



両方のフォークのシールとメタルとオイルをで換えると



1万円軽く越えますね?




なので最低でもオイル交換やっておくと安心?(笑)




シールからオイルが漏れていたら


かな〜り痛い出費になりますね、もちろん自分でやっての話。




バイク屋さんに出すと



3万以上5万?確実ですね。












タイヤのバランスを取って
クリックすると元のサイズで表示します




リヤのブレーキの清掃やって

クリックすると元のサイズで表示します






細かい部品をキレイにして






リヤタイヤを取り付けて






フロントタイヤも着けちゃうか?






というところで








気がついたのはコレ・・・
クリックすると元のサイズで表示します


フォークの前側が白くなっています、アルミのサビですね。





どうする〜?






つづく
0
投稿者:akumakozo
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ