Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
番組の途中ですが・…

最近の投稿画像
新年会 無事に終わ…

最近の投稿画像
新年会 無事に終わ…

カレンダー

2020
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

アルミのサビはこうやるのさ♪

ついつい目に付いちゃって気になってしまったこのサビは・・・


クリックすると元のサイズで表示します



フロントフォークのボトムケースはアルミで出来ています。


アルミはそのままだと色がぼけるのでクリア塗料が塗ってあります。



クリア?ってなに?なんて人は居ないでしょうが


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
とりあえずポチッと押してから〜




クリアの塗装に石はね等で傷がついて




その傷から塗装の下にサビが広がってしまうのでございます。



どこのメーカーとは書きませんが品質に問題があるメーカーもあるとか(ニヤリ)



それに



釧路地方は海からの霧が名物www




この霧には塩分がたっぷりこん♪





霧の中を走って




水分を拭き取らずにおくと





気がついたらボトムケースはマッチロケ〜ってパターンが多いのも事実。





そのサビに対して有効なのは





ペーパーで塗装ごとサビを除去することです。




なので





サンドペーパーで擦ります。
クリックすると元のサイズで表示します

今回は♯400から600・800・1200番までを使って擦りますた。





クリックすると元のサイズで表示します




♯1200で擦るとこんな感じwww
クリックすると元のサイズで表示します












それを見たぜんこちゃんは



『なんだそれなら私でも出来るwww』と
クリックすると元のサイズで表示します





ゴシゴシ♪
クリックすると元のサイズで表示します


フェンダーから上は石跳ねが少ないのでサビが少ない・・・



なので今回はフェンダーから下の部分を重点的に擦りますた。





つづいてコンパウンドの細目(タブンそうだと思う 笑)から極細を使って
クリックすると元のサイズで表示します







こんな感じまで
クリックすると元のサイズで表示します




だからゴシゴシ力入れちゃダメだってばよ〜
クリックすると元のサイズで表示します
横に走るペーパーの目が分かりますかね?(ぜんこちゃんがやったほう 笑)




今回は傷が深くなかったので♯600からでよかったかもですね(イマサラオソイ)




この作業は




ペーパーを順番にかけてペーパーの傷を消していくのがコツです。




上のほうとはグラデーションになりましたがこんなもんでしょうね(ヲレノバイクジャナイカラネ)

クリックすると元のサイズで表示します






このあとぜんこちゃんが持っていた液体コンパウンドを(鏡面仕上げまで3種類)




掛けて終わり♪







チョット待った!!






ここで終わりにしたら





すぐにクスンでしまいますしサビが発生するので





クリアを吹くwwww(脱脂を充分に行います)
クリックすると元のサイズで表示します







この作業をやったのは土曜日夕方




わがガレージは空間を店舗と共有しておりますのでさすがにお客様の来るであろう日に




缶ぺをシューシュー吹くのは問題があります。






なので





このあとぜんこちゃんが帰ったあとも




ペンキが乾いたら





シュー





乾いたら




シュー





明けて日曜日お出かけ前に




シュー





帰ってから





シュー





えっ?しつこい??(笑)






缶ぺは一度に塗ると垂れるし




乾きが悪くなります、ヲレ様たちのようなしろうとにも塗りやすいように




乾きが遅い溶剤(シンナー分ね)を使用しているので




薄く何度も塗るほうが




仕上がりが良くなりますよ。







で仕上がりは?






つづきます(笑)
6
投稿者:akumakozo
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ