Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
7/5 ツーリングは…

最近の投稿画像
7/5 ツーリングは…

最近の投稿画像
7/5 ツーリングは…

カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

化学の実験 2


さてかなり時間がたってしまいましたが


化学の 実験 2 です。



前回はこんな色で終わりました。
クリックすると元のサイズで表示します







電動ドライバーにこんな部品をつけて
クリックすると元のサイズで表示します







先っぽにボルトを固定します。
クリックすると元のサイズで表示します





陽極酸化とは(ググレ)


+電源側に膜ができるんですね。




チタンの焼き色はこの膜の色がブルーに見えるってことなんです。





前回ゴールドに見えたのは電圧と色に関係があって



ゴールドは低い電圧で発色するんですね〜







失敗した(くすんでる物も)ボルトを




コンパウンドで磨きます。








するとほら戻りました。
クリックすると元のサイズで表示します












希硫酸が届いたので実験再開












その前に






あの安定化電源の電圧をチェック
クリックすると元のサイズで表示します

メーター読みでは17Vは出ているようです。










テスターを当てると
クリックすると元のサイズで表示します






たしかブルーは18Vで発色するから





またゴールドか?








実験開始〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

赤色が+ステンの板にボルトを付けてナットでチタンボルトを固定。(ワカルカナ)











コップの中にはアルミの針金が(-)
クリックすると元のサイズで表示します











電圧を掛けます。
クリックすると元のサイズで表示します

ブクブクwwwww っと水素と酸素が出てくる出てくるwwww






















あれ?











電圧が・・・
クリックすると元のサイズで表示します











テスターでも
クリックすると元のサイズで表示します













電気抵抗が大きくて電圧が下がってしまうようでござるwwww















出た色が
クリックすると元のサイズで表示します











こんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します









中止だ!!





透明だった希硫酸はこんな美味しそうな色に♪
クリックすると元のサイズで表示します



飲んだら危険wwww




内臓が溶けますから




良い子は飲んじゃダメよ。





化学の道は遠い・・・


つづく
1
投稿者:akumakozo
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ