2008/12/20

神宮寺岳/伊豆山  登山

快晴の天気につれられて、
急いで、地図をダウンロードして、
大仙市の神宮寺岳に行ってきました。

岳見橋を渡りすぐに左に入って、少しいくと登山口です。
最初からかなりの急登です、
少し登ると、雪が残っており、
赤い目の先行者の足跡がありました。
足跡につれられていくと、とんでもないところに
連れて行かれます、赤い目の先行者はみがるです。
30分ほどで山頂に着きました。

神宮寺岳には福の友が良く似合います。
クリックすると元のサイズで表示します

遅く出発しましたので、丁度お昼です。
クリックすると元のサイズで表示します
燭台のテーブル、スコップの椅子です

帰りは、姫神林道へ下りる道を行くことにしました。
少し下りると、笹薮で道はわからなくなりますが、
かまわず、尾根沿いに進んでいくと又、
雑木林の中に道が現れ歩きやすくなりました。

ここら辺、ワラビのホダでいっぱいです。
(ものとりモードに変身です)

林道に下っていく鞍部に着くと、
伊豆山へのルートに道はありませんが、
薮も薄く行けそうなので、伊豆山へ向かって
杉林と、雑木林の境を進んで行ってみました。
途中に花館財産区の標柱があり道も付いていました。
伊豆山神社の裏側に出ました。

神社の杉木立はとても立派で、
杉木立の間からの眺めは素晴しく、
焼石連峰から、岩手山、八幡平まで続く奥羽の山が一望です。
眼下には、雄物川が流れています。

真昼岳方面クリックすると元のサイズで表示します

黒森山方面と丸子川合流地点

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道は、登山道はありませんでしたが、地図を見ながら
沢沿いに入って行き、車の置いてある場所に抜けられました。

上手い具合に、周回コースをたどれました。
初山、冬季単独縦走、しかも一部バリエーションです。
協会栄誉賞だめでしょうか?

温泉は、前から気になっていた「かすみ温泉」です。
旧大内町の山奥の温泉です。
クリックすると元のサイズで表示します
裏山のかすみ桜が有名だそうです。
近くに黒森山があり、黒森神社の写真も飾っていました。
今度ここで、黒森サミット会議でもいかがでしょうか。
桜の咲く頃、肴はひろっこかやき、酒は由利正宗か。

春になるとここいら辺の出羽丘陵は
花がいっせに咲いてカシミールのフンザのような雰囲気になる。
(フンザには行った事はないけど)

0
タグ: 大仙市 登山 里山



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ