2010/5/14

鳥海山  

はっきりしないガスの日に鳥海山へ、
六郷を5時に出て7時ちょっと前に前泊組と合流。

しょっぱなの登りがとても楽、前泊しないと
こんなに体調がいいのかと発見、
夕方から朝にかけての鳥海の風景と夜のお楽しみと、
当日の体調のどっちを取るか、
これからは悩むところである。

氷の薬師でようやく写真を取り始める
クリックすると元のサイズで表示します

雪質がクラストからアイスバーンに変わりアイゼンを付けて
最後の急登、舎利坂を登り登頂
クリックすると元のサイズで表示します

山頂の岩氷
クリックすると元のサイズで表示します

山頂は風も遮られ暖かく、ランチタイムも楽しい
クリックすると元のサイズで表示します

下りはスキーで楽々、でも滑り込んでない私は
山頂直下のアイスバーンでもう脚がパンパン
クラスト斜面は前日の新雪の所を選んでターン
七ツ釜周辺から下は雪も柔らかく、絶好調。

ようやく下界が見えてくる
クリックすると元のサイズで表示します

小屋まで戻ってくると、天気も良くなる
クリックすると元のサイズで表示します
くやしいけれど、こんなもんか。

フォレスタ鳥海で温泉に入り
鳥海町で山菜「せりざく」を反省会用に採って、
西馬音内でそばを食べて無事到着。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ