2007/9/26

和賀岳/高下岳  登山

岩手県西和賀町沢内から訪れました。
高下岳は、十数年前に白岩岳から縦走してきて、
時間切れで、行かれなかったことがあり、
リベンジと言うところです。

沢内高下口--和賀川渡渉点--和賀岳--渡渉点(テント泊)

テントサイト--高下分岐--高下山頂--高下口

東京からの山仲間と4人で
テントと宴会の食料を担いでテントサイトまで頑張って、
二つのピークはサブザックでルンルンで行ってきました。

コケ平より和賀本峰を背景にして、
本当に良い天気で、何よりでした。
クリックすると元のサイズで表示します

盛大な焚き火をしようと、沢山薪を用意しましたが、
薪が湿気ていて、あおぎっぱなしで疲れました。
クリックすると元のサイズで表示します

モーニングコーヒータイム
奥の青いテントが初お披露目のぼくのです。
クリックすると元のサイズで表示します

朝一番の和賀川の渡渉は痛いほど冷たい。
クリックすると元のサイズで表示します

上り下りのきつい和賀岳にくらべ、
高下岳分岐より2時間ゆるゆるの登りを行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

高下岳の神木、幹周り4mもある白樺の大木
クリックすると元のサイズで表示します

秋の味覚、初物が出始めました、
地元では「ぼりぼり」と言うのだそうです。
東京へのよいおみやげになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

始めて登った山から、
今まで登ったことのある山々をぐるっと眺めるのは
とても気持ちがいい
高下岳より和賀〜荒沢岳の稜線
クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりとした山行きで
心地よく疲れました。
貝沢口から沢尻岳--根菅岳--大荒沢--高下岳と
ぐるっと回るのも一度行ってみたいと思います。
0

2007/9/13

真昼山/内の又沢右又  登山

台風の後のため増水や地盤のゆるみなどを、
心配しましたが、下見の時と水量は変わらず、
計画どうりに、真昼川水系内の又沢遡行に行ってきました。

真昼山に詰め上がる沢は
岩手県旧沢内村の本内川真昼本沢と
秋田県美郷町の善知鳥川水系をほぼ登り終え、
残るは真昼川水系のみとなりました。

前日の夕刻から赤倉口に入り
水場にワインとビールを冷やし、
クリックすると元のサイズで表示します

焚き火をやり、炙った魚や肉、鍋を楽しみ、
ギター弾き、歌も出ました。
これだけでも立派なOutdoorキャンプです。
クリックすると元のサイズで表示します

朝7時過ぎに入渓、堰堤を8ヶ所越えて
歩きずらいゴーロを進むと
ゴルジェのなかに滝が現れる。
クリックすると元のサイズで表示します

直登出来る、7〜10mほどの滝がいくつも現れました。
クリックすると元のサイズで表示します

何段にも続く25mの滝は、下部が土砂に埋まってなかったら、
もっと迫力のある滝だったのかもしれない。

水が枯れてからの壁状の斜面は岩がもろく
てこずったが、詰めはヤブ漕ぎもなく、
赤倉口からの登山道へ3時間30分ほどで出ました。

山頂で長い休憩を取り、赤倉口へ下りました。

赤倉口への下山道はほんと久しぶりで、
ゆるゆると続くブナ林の中の道に感激してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2007/9/10

大白森  登山

台風の風雨を心配していましたが、
そんなに激しくはなく、去っていきました。
会の皆さんは協会事業の仙北市の大白森でした。
近くだけど、あんまり行かない、
山頂部が大湿原の秘峰です。

鶴の湯付近の駐車場より3時間で山頂
クリックすると元のサイズで表示します

めずらしい、白花のリンドウ
クリックすると元のサイズで表示します

お待ちかねランチタイム
クリックすると元のサイズで表示します

木道沿いはリンドウでいっぱい
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

画像提供:橋本さん
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ