2016/8/4

女神山水沢遡行  

女神山の水沢へ何年かぶりの沢登り
総勢14名の大所帯、時間を押す感がひしひしと

善知鳥から出発7:50(もうすでに、、)
クリックすると元のサイズで表示します

最初の滝、右側をへつりで行けるのだが、安全に高巻
20mの懸垂下降
クリックすると元のサイズで表示します

最初の大滝 右巻き
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとした連瀑帯
クリックすると元のサイズで表示します

二つ目の大滝 お決まりの記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します
ここも右巻き泥壁にてこずる

次々に現れるフリーで登れる滝
クリックすると元のサイズで表示します

水沢の天国へのなめ滝ですが、最近の集中豪雨のためか
土砂と堆積物で埋まっているところが多く残念
クリックすると元のサイズで表示します

抜けは藪漕ぎもなく、女神山の直下の湿原
クリックすると元のサイズで表示します
かつては、きれいな湖沼でしたが、カヤもはえだした湿原になっている。

もう午後3時を回り予定の沢下降をやめにして、
多少暗くなっても安全に下れる、うしろのツル道へ
到着は午後7時を回ってしまったが、
みんな元気に安全に到着で何よりでした。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ