2021/4/30

一字山経塚遺跡  

六郷登山協会歴史風土研究部と仙南文化財保護審議会の合同事業
一字山経塚遺跡と黒滝観音堂建立跡探索

美郷町仙南金沢の風塞神社の先の沢筋の作業道らしき道から入る。

目印として立てる竹竿を手にして出発
クリックすると元のサイズで表示します
総勢15人のなかなかの行列

急峻な斜面の先に目的の経塚
クリックすると元のサイズで表示します
僕が思っていたより結構な大きさ、キチンと七つ並んでいる。

真ん中の一番大きい塚の前で
クリックすると元のサイズで表示します

観音堂跡は基礎石らしいのが点々と
クリックすると元のサイズで表示します
石の並びがわかりやすいように石に立ってもらい撮影

なんでも、ここから掘り起こした経典と白銅の経筒は六郷の本覚寺に埋め戻されているらしい。

本日の行動軌跡ログ
クリックすると元のサイズで表示します
4

2021/3/28

後ろの弦から土手森  

美郷町六郷ダムから女神山へ続く後ろの弦道の途中、カナクラ鞍部から土手森経由で県道12号線に抜ける登山道ルートの赤布付けの作業でした。
この道ができると和賀岳から横手市の御嶽山まで少し舗装の県道は歩くが、ほぼ通貫する事ができます。

後ろの弦熊見平
クリックすると元のサイズで表示します
低く雲がかかりあまりよくない早朝

熊見平から下降
クリックすると元のサイズで表示します
結構急な下り

赤布付け開始
クリックすると元のサイズで表示します
トラバースをどう通るか、ピークはどう上がるかなどと、ルートデザインが面白い

広い尾根道、ほぼ直角に曲がるポイント
クリックすると元のサイズで表示します

町からよく見えるブタッパゲの上部
クリックすると元のサイズで表示します
山からの眺めも良く、主稜線で繋がっている女神山がすぐ目の前、
儲けものの天気と景色です。

土手森到着
クリックすると元のサイズで表示します
つながりました。

真昼岳は五竜の武田菱のような迫力ある南岩壁を見せています。
クリックすると元のサイズで表示します

足元を掘り下げてゆっくりランチタイム
クリックすると元のサイズで表示します
予定を変え黒森側に下ることに

黒森峠 
クリックすると元のサイズで表示します
登山道入り口の鳥居

荒川に仲間から迎えに来ていただいて周回完了
クリックすると元のサイズで表示します
13

2020/11/4

湯治登山 貝吹岳   


名湯の自炊宿に宿泊して晩秋の山に登るという恒例の行事です。
今年は雫石の国見温泉森山荘を宿とし、国見峠と仙岩峠を通り貝吹岳を訪れました。

国見温泉出発
クリックすると元のサイズで表示します
下りから始まり沢を渡ります。

笹森山から見た秋田駒ケ岳
クリックすると元のサイズで表示します
外輪山と女岳の見たことのない角度です。

岩手側の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

国道記念石碑
クリックすると元のサイズで表示します

ひや潟
クリックすると元のサイズで表示します

助け小屋跡
クリックすると元のサイズで表示します
現場では仲良くしていたと

秋田藩標柱
クリックすると元のサイズで表示します

山頂
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

いろんな時代のいろんな建造物のある人くさい山ですが、各建造物に物語ありで、なかなか面白い。


宿泊は国見温泉森山荘
クリックすると元のサイズで表示します
私はここでお風呂をいただき残念ながら下山

残った方々は鍋を囲みながら楽しそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日は仙北市抱返りにある小影山
クリックすると元のサイズで表示します

巨木の森には巨倒木もありお楽しみのキノコもたくさんでみんな満面の笑顔クリックすると元のサイズで表示します
6

2020/10/24

秀衡街道探索  

西和賀町の仙人山から垰山まで秀衡街道を歩いてみました。

出発地の仙人山登山口にある久那斗神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

わりと最近の石碑ですが、いい言葉です、前の家みたいなのは祠でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します

久那斗神社集合
クリックすると元のサイズで表示します

樹齢900年「姥杉」
クリックすると元のサイズで表示します

仙人さん山頂には行かず鉄塔の下で昼食
クリックすると元のサイズで表示します

鉱山跡地
クリックすると元のサイズで表示します

平安時代末期に平泉に金を運んだ黄金街道が今も息づいている。

4

2020/10/3

雄長子内岳  

菅総理の旗がはためく湯沢市稲川にある雄長子内岳へ

急峻な山だけに山頂からの眺めがいい。

クリックすると元のサイズで表示します

山頂の祠
クリックすると元のサイズで表示します
登山口の三吉神社の奥宮

お供え物は金のわらじ
クリックすると元のサイズで表示します
この山域にはこれをはいて探すものがあるのか。

ツチグリ
クリックすると元のサイズで表示します
図鑑では見たことのあるが、実物は初見
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ