2020/9/9

月山 志津口  登山

会の山行で月山へ、西川町志津口から
スキーで訪れたのはもう20年以上も前かな、いろんな新しい宿があり賑やかになっています。

お決まり登山口記念写真
クリックすると元のサイズで表示します


姥ヶ岳下のスキー場ゲレンデ
ここでミズのクジラ汁を楽しんだこともありました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここからスキーを担いで山頂を目指したことも。


伸びやかな稜線、月山いいなぁ
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
雲の峰幾つ崩れて月の山


八紘一宇
クリックすると元のサイズで表示します
勉強になります


山頂の看板を頭上に掲げて、楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示します




5

2020/8/28

真昼岳 峰越口  登山

峰越林道が通行可能になったというので行ってみることに。

登山口到着です、林道はきれいに直っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

薄くガスがかかって光線を遮ってくれて、歩きやすい。
クリックすると元のサイズで表示します
女神山がかろうじて見える。

登山道を飾る花
クリックすると元のサイズで表示します

真昼本峰が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

音動岳の柱状節理
クリックすると元のサイズで表示します
沢は崩れ落ちた大小の岩で埋まっている、水無沢遡行では詰めが歩きにくく、難儀したのを忘れられない。

山頂到着
クリックすると元のサイズで表示します
表示板は5度ほどずれを修正してすっかり直っている。

クリックすると元のサイズで表示します
これは何だろう?

帰りはここで顔と足を冷やして、のどを潤し
クリックすると元のサイズで表示します
延命、延命。
4

2020/8/13

鳥海山 御浜から千畳ヶ原  登山

ふたたび鳥海山へ千畳ヶ原目指して
御浜から見ると鳥海湖の先に長い木道の広い原っぱがあるのが気になっていました。

2週間ぶりの鳥海山は少しずつ秋の感じにアキノキリンソウやツリガネニンジンが夏の花にとって代わっています。
クリックすると元のサイズで表示します

賽の河原から河原宿へ
クリックすると元のサイズで表示します
雲は元気に夏のまんま

鳥ノ海はまだ雪が残っています
クリックすると元のサイズで表示します

千畳ヶ原に向かって歩いていきます
ニッコウキスゲをかき分ける感じです
クリックすると元のサイズで表示します
向こうに見えるは月山森かな

千畳ヶ原到着
クリックすると元のサイズで表示します
向こうに遊佐の海岸線と街並みが見え、
広大な草原には風が渡り気持ちのいいところ

ゆっくりと代わりばえのしないランチタイム
クリックすると元のサイズで表示します

草紅葉の頃もきっといいと思う
また来よう。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/28

八甲田 モヤヒルズキャンプ  登山

本当であれば南アルプス鳳凰三山へ遠征の予定でしたが、コロナで断念。
東北の山、八甲田山への登山とほかの人と接触の少ないようにとテント泊キャンプ。


酸ヶ湯温泉口から八甲田登山開始
クリックすると元のサイズで表示します

かつての有毒ガスの噴出で枯れてしまった森林
クリックすると元のサイズで表示します

仙人岱湿原
クリックすると元のサイズで表示します

山頂直下 八甲田神社の奥宮
クリックすると元のサイズで表示します

八甲田大岳山頂(1584m)ヤッホー
クリックすると元のサイズで表示します
時々ガスが晴れて櫛ヶ峰を主峰とした南八甲田が見える

鞍部避難小屋まで下りて昼食
クリックすると元のサイズで表示します

田茂萢湿原ここまで来るともうロープウエイも近く
のんびり休憩
クリックすると元のサイズで表示します

ウサギギク
クリックすると元のサイズで表示します

八甲田ケルンアート
クリックすると元のサイズで表示します
中段の三角石が絶妙

モヤヒルズキャンプ場
設営完了
クリックすると元のサイズで表示します

大タープと椅子テーブルでの遠征キャンプは我が会初ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒルズの人たちです

温泉は雲谷温泉
クリックすると元のサイズで表示します
総タイル張りの昭和感たっぷり

メインメニュー
クリックすると元のサイズで表示します
お肉、漬物、野菜もたっぷり

夕日も綺麗
クリックすると元のサイズで表示します
画像はないが青森市の夜景と陸奥湾もいい感じです

朝はご飯を炊いて、卵を焼いて、サラダを作ってゆっくりゆっくり
食後はコーヒーを入れて雨を見ながらすする、山行のスケジュールもなく撤収もゆっくり、こんなキャンプも非常にいいです。
8

2020/7/22

鳥海山 御浜  登山

雨が止むのを待って11:00過ぎの鉾立出発
カメラマンの二人は午後の光線を期待なので遅い出発も慣れたもののようです。
クリックすると元のサイズで表示します


地蔵さんもマスク姿です。
クリックすると元のサイズで表示します

御浜でお待ちかねの青空と稲倉岳
クリックすると元のサイズで表示します

鳥海湖とニッコウキスゲ
クリックすると元のサイズで表示します
ご三人さんがいなければ、やめて撤退温泉にするところでした。
お世話になりました、ありがとうございました。

マンドリンの先生も楽しそうに写真を撮っています。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは寄ってみたかった金浦温泉
クリックすると元のサイズで表示します
ピリピリの硫黄泉と何故か北投石の温泉
充実の一日
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ