2005/9/2

ブレイサーあちこの昔とは  ☆矯正と歯医者と私

けっこう今は日本でも(特に女性は)歯に興味を持ってる方が多くなったようでブレイサーあちこ(自分で勝手に作った新語)としてはうれしい限りです。

以前は仕事先で矯正してるお客さんや同業者を見つけては同士で喜び、笑うと上唇が下がらなくなるのでよく手で隠しながら話したり、おまけにマイク持ってお客さんに"歯は大事にしましょう"勝手にキャンペーンで歯のことを延々語ったこともありました(汗)

矯正のための抜歯をした後にオーストラリアへ。コレはなさけない姿だった・・・コアラを抱っこした写真は歯抜けのまぬけな顔(T-T) 初めてブレイス(器具)を付けた翌日に韓国へ。痛くて痛くてあのおいしい韓国料理カルビーがよく噛めなくて痩せて帰ってきたこともありました。
矯正が活発だった頃って仕事に油がのってきた時だったかも・・・・・出先では歯磨きセット持参で超忙しい合間にせっせと食事をすませトイレで磨いてたものです。トイレが込んでてスペースがないときはかまわず外で磨いてました。そんな様子を見たお客さんから歯磨き<あちこ>と言われたけど、それくらい歯を大事にケアしてましたね。

今はアメリカで新しいブレイスに取替え、あちこのブレイスはさらに活発になってきたけど、もっと動いて顔がさらに小さくなればなぁって・・・コレは無理か。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ