2006/2/8

アメリカンアンティーク家具  住まい・インテリア

先日の手洗い洗車でわき腹と右腕の筋肉痛に悩まされている、最近年かもと気にするようになったあちこですが(汗)・・・・・・

先週末はふと立ち寄ったアンティークショップで疲れた買い物をしました。あちこはつくづく決めるのに時間のかかる女だなあって、ダンキチさんもあきれたと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あまりアンティーク家具について詳しくないのですが、アメリカ人は物を大事にする文化があり、古ければ古いほど価値が上がることを信じ、これをまた長〜く保存するのを得意とします。それに現在の家具のほとんどはベニヤや合板が加えられているのが多いのに対し、50年以上経つ古い家具はすべて100%本物の材木で組み立てられているので非常に希少価値が高いものとなっています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ただ少しアンティークについて知識がないと、初めて見る日本人にはええ!?っとびっくりされるかも知れません。基本的にアンティークは修復をすると価値が下がるので、上の写真みたいにペイントボロボロでも、これはこれでOK!なのですね。隅が剥げてても、サビてても、キズだらけだろうが、とにかく愛好者には喜ばれる?証なのです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
年代物のコカコーラ。でも中身は絶対飲めないね。
今探している家具はドレッサーなんだけど、お気に入りのデザインがなかなか見つかりません。
3枚目左奥に写っている洋服ダンスが今回のハプニング!
クリックすると元のサイズで表示します これじゃ〜!
ダンキチさんがこれはいいかも!って言って、あちこに同意を求め、契約し、現金払いなら少し値段交渉できるので、わざわざ車で銀行行ってお金を下ろし、お店にもどる間・・・・・あちこは
『はたして、この家具は本当に我が家に必要だろうか?』
・・と、余計なことを考え出しました。いつも衝動買いして失敗しているので、このタンスはけっして高価なものではないのだけれど、イマイチこまかいデザインが好みではなかった(いろいろ妥協しないといけないけどね、こういう買い物は)ので申し訳ないけどキャンセルしてしまいました・・・・(ToT)すみません。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ