2006/2/12

感動したトリノオリンピック開会式  ☆ニュース・エンタメ情報

ここカルフォルニアでも夜8時から12時までNBCチャンネルで開会式を行い、我が家ではなんとハイビジョンで観ることができました。ヤッター!
クリックすると元のサイズで表示します ←大きくクリック
クリックすると元のサイズで表示します
開会式はスタジアムの花火の仕掛け方と内部の装飾に五輪のマークも含め、すべて最新ですっご〜いと思いました。(イタリア〜ンセンスでしょうか)
ショーも幻想的でイタリアンチックたっぷりだったし、スポーツカーもさすがフェラーリの国で出さずにはいられない感じ?だったし、最後のパバロッティのオペラには体力的なすご味を感じました。(69歳でリタイア中!ひぇ〜)
選手入場も最後まで見届けましたよ。やはりアメリカが放送してるから、自分の国の選手行進には長く時間かけて何回も流してましたし、特にミシェル・クワンは何回も映してたのできっと期待いっぱいなのでしょう。行進曲がアメリカンポップスだったのがおもしろかったです。
今まで意識してなかったけど、日本ではけっこうオリンピック盛り上がるのに比べ、アメリカはどうなのかしら?
開催前日のトリノからABCニュースキャスターがライブ中継してましたし、(ゲストのアンドレア・ボッチェリの生のプレスリーの歌を聞けた)平日も夕方から朝4時までと毎日放送してくれるなど、けっこうオリンピック情報は豊富に入るようになってます。
でも、今日の夜のダイジェストを観てると、あちこは日本女子のモーグルを見たかったのだけど、やはりここアメリカは自分の選手または上位選手中心に流すので、上原と里谷のプレイは見届けるとこは出来ませんでした。上原のコークスクリュー見たかったなあ〜。
(テレビでは上原が終わった後?その前?ベンチに座って他選手のスコアを見届けるシーンがいつも流れてましたので、あちこはまだかまだかと待っていた)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ