2006/4/7

笑えるイングリッシュダッカム  ☆英語と語学学習

最近、おもしろいサイトを見つけました。engrish.com という、かなり英語のスラングを知らないと全く知らない高レベル的な英語のサイトです。

普通、イングリッシュのスペルはenglishで、engrishではないですよね。このサイトはわざと日本で満悦している変な英語をちゃかしてるのですが、サイト名も日本人の苦手なRとLの発音を入れ替えてわざとそう表してます(笑)

まだ、すべて見てないのですがこの手のファニーイングリッシュに関してはカル食でも本日のプチ英語で取り上げたことがあります。これらはアメリカに来てから発見したものですが、まさにそんな感じのサイトでした。

例をチョコレートのカテゴリーで上げてみますが、皆はどこがおかしいのかわかりますか?
ほとんどが下ネタ系でこの神聖なカル食で説明するのははばかられるので・・・汗汗
まあ、説明しやすいものから・・・・・
●asseはass(おケツの意)に近いから。
●collonはcolon(大腸の意)に近いから。
●アーモンドビッグバーはminiなのに、BigBar?
●Rummyは死語で酔っ払いの人を表すらしい。

関係ないけど、最初の丹頂鶴の卵のお菓子は道東旅行での有名なお菓子です。中身は卵のパックに入った本物そっくりな卵に似せたケーキで中身は黄色いあん、おいしいですよ。←パッケージの英語説明にいくつかのスペル間違えで指摘されている。
続きを読む
0

2006/4/7

カル食の由来について  

4月に入りました。春ですねぇ♪ついでにカル食も少し内容を変えたり、修正をしました。
スクロールダウンしてabout meabout this diaryのところをクリックしてね。
(ニャ〜ミ〜の写真の下にあるよん♪)
カルフォルニアで朝食をのタイトルの由来などを加えました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ