2006/12/17

べトナム人がうらやましい・・・・・  ★学校での出来事

先日の最終テストは散々でした(TOT) もう忘れよう。

スピーキングだって、相手の発音が最悪で・・・・・何回も、もう一回言ってと聞き返したり、なんかうまく会話のキャッチできなくて苦労しました。
約3ヶ月の秋学期も終わり、あちこのキャンパスライフも終わりかしら・・・・と思いながら、順番待ってる間、生徒となにげなく話してたのだけど、ちょっとショックなことを耳にしてびっくりしました。これは激ヤセマイキーさんオッタマゲーテ男爵に当たる度合いかも?

サンノゼシティカレッジって比較的中心部にあって、我が家からはまあ近いカレッジとして便利は便利なんだけど、唯一ちょっと気になるのがべトミーの生徒が他のカレッジと比べると数倍多すぎることだったのですね。つまりまるでべトミーカレッジなのです。
アメリカのシリコンバレーの中心である都市にベトナム人?ってびっくりするかもしれないけど、実際来ると同時にベトナム観光できるくらいの賑わいなのです(オーバーな)。
どのくらいアメリカ政府がべトミーに貢献してるのかどうか定かではないけど、いろいろ生活面で保障や援助をされてるようですね。いいなあ

まず、あちこのクラスの大半のべトミーの授業料がタダだったのはまいった!
どんなクラスをどのくらい受けても授業料がかからないのは彼らはファイナンシャルエイドという制度を利用してるから。そのエイドというのも初めて訊いたのだけど、低所得者の家族に適用されるもので、これは学生ローンではなく、政府が変わりにカレッジにお金を払ってくれるものらしいです。いいなあ
ええ、実際訊いたらあちこの周り全員でした、メキシコ人のおばさんも含め。
じゃあ、あちこも細々と小金を貯めながら暮らしているのでそのエイドというものを申し込めるのかなと思ったら、配偶者で基準以上の収入があるとダメなんだそうです。ふむ・・・

そっかー、だからこのカレッジはべトミーが多いのね・・・・・・
※べトナム人の住んでいる地域にカレッジが近いのも理由の1つ。
あちこだって一応授業料は自分で払ってるのに・・・こう簡単にタダの恩恵にあやかっているべトミーがとてもうらやましく思ったあちこでした。

<PS>関係ないけど、ジンジャーエールがジンジャー(しょうが)でできてるとは今まで知りませんでした。本当?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ