2007/1/17

雨が降れば思い出す音楽  

ただ今雨のサンノゼ(夜中1時)。
雨といえば、雨がつく歌がいっぱいあるのを知ってますか?邦楽でも上げればキリがないけど(例えば雨の慕情、水色の雨・・・選曲が古すぎ←年バレルよ <注>いいの!あちこは若いけど古い曲を愛する人間だから)、洋楽でもいっぱい雨の歌があります。

きっと皆がすぐ思いつくのはジーン・ケリーの雨に唄えばでしょう。カル食でもよく出てくるカーペンターズの雨の日と月曜日はも好きな曲だし、プリンスのパープルレインなど・・・・でもあちこがすぐ口ずさんでしまう思い出の雨の歌があります。

それは雨に微笑みを<Laughter in the rain >ニール・セダカ 知ってるかなぁ〜?
名前は聞いたことあるけど・・・て多いかも知れないけど、60〜70年代のオールディーズの大ヒット曲が日本にいっぱい流れてきてはCMにも登場してるので聞けばああ〜とわかってくれるはず。例えば、恋の片道切符オーキャロルカレンダーガールなどなど。

雨に微笑みをは一度ヒットが落ち着いてしばらくしてから75年また全米で一位になった曲なのは調べてわかりました。あちこはこの曲、なんと日本たばこのCMを聞いて、なんていいメロディーなんだろうって感動し、タイトルがわからずラララ〜とか曲に頼って苦労して、やっと英語タイトルで探し当てた思い出があります。ああ、でもアメリカ人の友達に口ずさんで当ててもらったかもしれない・・・

車の中で聞いても爽やかな曲です →クリックLaughter in the rain

<追加>ニール・セダカって若いころのジャケットみたらすっごくかっこいーアメリカ人青年って感じでびっくり。でも雨の微笑みの頃のセダカはいいオトウサンだけど、ピアノの弾き歌(←これあちこが好きなスタイル)で、ニコニコして歌ってる姿はまるで楠瀬誠志郎(ほっとけないよの人)みたいだなあと思いました。(また選曲古いな)
とにかく爽やかな笑顔でピアノを弾きながら歌うアーティストが好きです。
0

2007/1/17

リサイクル品回収  ニャ〜ミ〜のなるほどアメリカ

ミ〜です♪
今回あちこさんたちは家の中に溜まりに溜まったリサイクル品の回収のために、離れたリサイクルセンターへ行ってきました。センターといってもポツンとある臨時のリサイクル回収庫みたいなところです。

いつ行っても定休日ばかりだったから本日がちゃんとオープンの週末をねらって、やっとこぎつけたわけです。ここまで苦労したとあちこさん(汗)
 
クリックすると元のサイズで表示します 皆溜まりに溜めて来るから回収支払いまで一組当たりけっこう時間かかります。ちょっとルールを紹介しましょ。

クリックすると元のサイズで表示します あちこさんが行ったところは別に袋から出して青いバケツに移して量ってました。写真の中国系の家族が手こずらせて時間かかってたのが、●ペットボトルと缶を混ぜていたこと<ちゃんと分けましょう>
●次にボトルの中身はちゃんと出して空にしておくように!
●基準外のペットボトル・プラスチックビン・ガラスビンは別にすること。

クリックすると元のサイズで表示します ←これ、我が家のリサイクル
溜まり過ぎて途中ビールダースなどは普段のリサイクル<メキシカンに寄付>に出しちゃったけど、近くのアルバートソン(スーパー)なんてもうビンの回収してくれないようなのだ。不便だねえ。

しかし、この写真の中味のほとんどはダンキチさんのコーラのペットボトル!(こんなに飲みまくっていたなんて・・・) これだけで今回の臨時金=$11+小銭 少ない?多い?

一応お金になるわけだから、近所のメキシカンが必死にリサイクル・ゴミ箱から探して集め回ってるんだよね。でもけっこう小金だと思うのだ、ごくろーさん。
でもあちこさんはこれからも溜めるらしいです。がんばれニャン。 去年の記事
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ