2008/6/10

タマスケ、ERに駆け込むA  ★あちこのため息アメリカ〜ン

昨日の記事に引き続きで、案内された部屋がココ↓
クリックすると元のサイズで表示します 見ただけで緊迫感が・・・・汗

で、タマスケに課せられた治療は、なんとチャコールを飲むこと。

チャコールというのは、炭(活性炭)。こんなの飲むなんて聞いたことなかったので後で調べたら、解毒剤にもなるんだそうですね。
胃の中でスポンジのようになって、悪い毒などを吸収するんだそうです。
看護婦さんが運んできたのはコップいっぱいのチャコールの液体(−−:) 
これ・・・・ミルクにでも混ぜて飲ませるのかなと思ったら、でかい注射器に入れてそのまま飲ますのだとか・・・・(+0+)へ?

こんなドロドロっぽい真っ黒な液体・・・・・大人だって飲みたくないよぉぉぉ(T0T)

これを飲ませるときは赤ちゃんは暴れるのでかなり服を汚すんだそうです。で、あちこたちはガウンを着せられ、看護婦さんも着替え、タマスケも裸になり子供用のガウンに着替えさせました。

その後がもう悲惨(T0T)
タマスケ、変なまずいもの口に無理やり入れられるものだから、嫌がる嫌がる、力いっぱい大人の腕からもがいて脱出しようとする、目からはあふれんばかりの涙に院内張り裂けんばかりの大声あげて、もうあちこは居ても発ってもいられないくらい本当に息子を抱っこしながら辛くて、涙が出てしまいましたよ。

チャコールを飲まされているタマスケの口はお歯黒ベッタリで顔やガウンも足も墨汁のごとく真っ黒。大人3人も黒くなりながらの格闘みたいでした。(赤だったらホラーだな)
今回のは最初の予防注射の泣きよりもひどかったなあ・・・・・・・
こんなことされるはずじゃなかったのに、親の過剰判断でこんなつらい目にされ、タマちゃん可哀想でした。

あちこは出発前から一滴も朝食もとってなかったので不機嫌で頭痛がひどく、チャコール飲みが終わった後はもうぐったり。まるであちこの方が患者みたいに診察台の上でタマスケを抱きながら死んでました(写真ダンキチさんが勝手に撮った)
ここまで赤ちゃんが嘔吐する可能性もあるので2時間は様子をみるのに部屋に待機。

クリックすると元のサイズで表示します 早く帰りたいと念仏のようにうなってるあちこ

結局、嘔吐なし。
一度も寝なかったけど機嫌良くなったタマスケは帰りの車の中でノックダウン。
あちこは帰宅後、頭痛剤飲んで一緒にベッドでノックダウン。2人で9時に起きて、ご飯お風呂で11時すぎにタマスケ就寝。長い1日でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ