2008/9/6

アメリカではドアをたたく人間は盗人と思え?  ☆あちことダンキチさん

ダンキチさんのこと・・・・・まあ、あちこも時々一緒になってのん気なところがあるのですが。

前回の記事で倒れたフェンスが盗まれたことを載せたのですが、ここんところ我が家はいろいろ行方不明なことが多くて嫌になっちゃいます。
一番の原因の元はわかってるんですよ。

ダンキチに決まってるでしょ!(怒)

この人は手先が器用なので、壊れたところは自分で直してしまう特技があるのはとてもいいことなのですが・・・・・・・

道具のほとんどを購入するので・・・・・・・

いつの間にか物置は日曜大工道具でいっぱいになり・・・・・・・・

もし、今の職を失ってもアメリカでハンディマン(便利屋さんみたいなもの)として生きていけれる・・・・・・

普通の大工(コントラクター)さんくらい、またはそれ以上に物持ちの良い
ナイスカスタマー(顧客)なのです。

なぜ、ナイス?

雇う人、皆(大工、詐欺庭師、便利屋)ダンキチさんの日曜大工セットから道具を借りて仕事するんだもん。
つまり、(当人が持ってないのであれば)平気で道具を貸すのを気にしない人なんだもん。

そして、自分の所持品がだんだん数少なくなっているんです・・・・・・・
つまり、中には拝借してしまう悪い大工さんもいるのです。

最近なら車庫部屋を改築した大工さん。
安い見積もりと引き換え?なのか、最後には所有の2台業務用の掃除機を、

ちゃっかり持っていかれた(T−T) 

それでも、ダンキチさんは "あ〜あ、また盗まれちゃったか。くそー" 

くそー・・・・・・それだけ?

現在も別件でメヒカン兄弟ハンディマンがフェンス直してるんですが、やはりダンキチさんのドリル工具を使ってるんだよね。あきれー(−−;)

後で、また行方不明だなんて言わないでほしいなあ・・・・・・もう聞き飽きたわぃ。

アメリカではドアをたたく人間は盗人だと思え?
というわけで、これから人を雇う場合、このようなケースが多そうなので特に盗難には気をつけましょう。
しかし、アメリカって人種関係なく、特にコントラクター(大工)に関わるといろいろトラブルが多そうで怖いなあ。あちこもキリキリしながら生活するの嫌だけど、そうやって強くなっていくのかしら。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ