2006/2/21

モデルハウス探検  住まい・インテリア

カルフォルニアの住宅事情をレポートします。
あちこさんの近所に建売住宅が販売スタートしたので、現在のアメリカの新築の様子、日本のインテリアと比べてどうか、極普通(より上だと思う)のアメリカ〜ンハウジングを紹介します♪
クリックすると元のサイズで表示します ←探検したのがこの家
サンフランシスコベイエリアの住宅はビクトリアン式(つまり、かわいらしいおとぎの国のような洋風建築)が多くて、今回取り上げるのはもう現在の新築はこんな形の家が多くなりましたよ〜っていうことで・・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
玄関入ると、すぐ客間といった感じの部屋となってました。リビングはまだ奥にあります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
これがリビングルーム。暖炉に大きな出窓、テレビもちゃんとついてました。つながって隣がキッチン。カウンター式(コの字型)でまあ普通の広さだと思います。大きなキッチンだと真ん中にデ〜ンと調理台がつきます。収納棚がいっぱいと大きなオーブンが特徴。かろうじて冷蔵庫はあちこさんのうちと同じメーカーだった(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お次は二階へ上がります。
階段上がっていくとすぐファミリールームがありました。この部屋ってなんかアメリカ〜って感じる。狭い日本の住宅事情ではもったいないスペースだし・・・・でもこのクラスの家だとだいたいこのファミリールームというのがあります。(もう一つリビングルームがあるような感じです)
隣の写真は夫婦のベットルームですね。他の部屋と比べると豪華です(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
子供部屋が2つ。男女の設定でモデリングされていたのがかわいい。3枚目はお客さん用のベットルーム!この物件は全部で4つのベットルームっていうことになりますね。
続く・・・・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ