2006/9/27

人生で必ず当たる宿命  

さっきカル食を終わった後、実家に電話しました。

半分冗談で最近近所で誰か亡くなった人はいないかと聞いたら、なんと、よく八ちやさんに遊びに来てた父の友達でもあり、あちこの結婚式にでも写真をいっぱい撮ってくれ、家族ぐるみの付き合いだったおじさんが7月に亡くなったことを聞いて大ショック!

母は心配かけまいとあちこに教えなかったらしいのだけど・・・・・あちこより両親のほうが大分落ち込んだことだことでしょう。

こういうことって、皆が全員経験する人生の通過点みたいなものだけど、ちょうどあちこの年齢って周りの大人も年をとって高齢になっていくわけで、人には寿命というものがあるから、少なくとも若いあちこが年上の人の死を必ず見送る形となるよね?

悲しいのが、知らずのうちに親しい人が死んでしまうこと。
結婚して実家を離れたら誰々さんが入院した、お見舞いに行かなくちゃ、どうもあまり良くないらしい・・・などと地元に居れば情報が少なからず入るけれど、離れてしまったら(ましてや、あちこは海外にいるわけだし)、こんな突然の死の知らせを聞かされてしまいます。

以前は出張ばかりで家を留守にすることが多く、帰ってくるたび近所のお年寄りが亡くなった知らせを聞いて驚く回数が増えてしまいました。周りのおじさんおばさんたちも確実に年をとってきてるので、これからも数は増えていくことでしょう。

でも・・・・・・・だんだん近所の親しい人がいなくなってしまうのはとても寂しいなあ・・・・・・・・
いくら絶対経験だとしても、後に残される身になると本当に寂しい。
ちょっとセツナイけど、あちこは本当にそのおじさんが亡くなったことを聞いてショックで悲しかったのです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ