2006/11/24

ダンキチ秘伝ローストターキー  ★アメリカの行事

             クリックすると元のサイズで表示します

とうとう出来ました!作業中は女立ち入り禁止で作ってるところは見てないけど、途中で予定を変更したそうで実際は七面鳥まるごとではなく胸肉だけを使用し(まるでまるごとみたいなサイズ!)、中身のスタッフィングはあちこがお気に召さないとのことで作らなかったそうなのです。
よかったー
 それでもかなり大きいサイズでしたが・・・・

写真はオーブンから出したばかりで鳥のエキスをスポイトで吸入して隣のグレービー鍋に加えてるところ。もちろん焼いてる最中もこのエキスを鳥の上から何回もかけるのです。これらがおいしい味つけのポイントだそうです。

             クリックすると元のサイズで表示します

盛り付けがこんな感じ。2人だけのディナーだから簡素にいきました。
マッシュポテトにグリーンピース+グレービー(ソース)がけ。
本当は中身のスタッフィングにクランベリーソース、テーブルパンが付くかな?家によって多少オリジナルもあるかもしれません。

あちこは実際アメリカ人の家庭で感謝祭ディナーをしたことがあるのですが、七面鳥にナイフを入れる前にどこが食べたい?と訊かれたのがおもしろかったのを覚えてます。ダンキチさんも尋ねてきたので、あちこは上の茶色くなった皮の部分をスライスしてもらいました。

デザート(現在焼いてる途中)はアップルパイとパンプキンパイです。
これセットでアメリカ〜ンな伝統料理が終わり。お腹いっぱいです。

<追伸>ターキーはでかいので、23日が終わってももうしばらくターキーがなくなるまで続くそうです。翌日もターキー、昼はサンドイッチにしたりなど。さすがに飽きちゃいそう・・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ