2007/1/17

雨が降れば思い出す音楽  

ただ今雨のサンノゼ(夜中1時)。
雨といえば、雨がつく歌がいっぱいあるのを知ってますか?邦楽でも上げればキリがないけど(例えば雨の慕情、水色の雨・・・選曲が古すぎ←年バレルよ <注>いいの!あちこは若いけど古い曲を愛する人間だから)、洋楽でもいっぱい雨の歌があります。

きっと皆がすぐ思いつくのはジーン・ケリーの雨に唄えばでしょう。カル食でもよく出てくるカーペンターズの雨の日と月曜日はも好きな曲だし、プリンスのパープルレインなど・・・・でもあちこがすぐ口ずさんでしまう思い出の雨の歌があります。

それは雨に微笑みを<Laughter in the rain >ニール・セダカ 知ってるかなぁ〜?
名前は聞いたことあるけど・・・て多いかも知れないけど、60〜70年代のオールディーズの大ヒット曲が日本にいっぱい流れてきてはCMにも登場してるので聞けばああ〜とわかってくれるはず。例えば、恋の片道切符オーキャロルカレンダーガールなどなど。

雨に微笑みをは一度ヒットが落ち着いてしばらくしてから75年また全米で一位になった曲なのは調べてわかりました。あちこはこの曲、なんと日本たばこのCMを聞いて、なんていいメロディーなんだろうって感動し、タイトルがわからずラララ〜とか曲に頼って苦労して、やっと英語タイトルで探し当てた思い出があります。ああ、でもアメリカ人の友達に口ずさんで当ててもらったかもしれない・・・

車の中で聞いても爽やかな曲です →クリックLaughter in the rain

<追加>ニール・セダカって若いころのジャケットみたらすっごくかっこいーアメリカ人青年って感じでびっくり。でも雨の微笑みの頃のセダカはいいオトウサンだけど、ピアノの弾き歌(←これあちこが好きなスタイル)で、ニコニコして歌ってる姿はまるで楠瀬誠志郎(ほっとけないよの人)みたいだなあと思いました。(また選曲古いな)
とにかく爽やかな笑顔でピアノを弾きながら歌うアーティストが好きです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ