2008/6/9

タマスケ、ERに駆け込む@  ★あちこのため息アメリカ〜ン

あ〜、なんだかカルフォル二アに帰ってからダンキチさんと衝突はするわ、ついてないこともあっていろいろ疲れてます。

今日なんて、もっと最悪(T−T)。
外出先の庭園で、タマスケの口から<植物の葉>を見つけたのです。←この時期の赤ちゃんは何でも口に入れようとする。
イチイの木の葉っぱの一部のように見えるんですが、係りのおばさまに訊くと、IrishYew(アイリッシュユー写真↓)というヨーロッパイチイという木だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカにはポイズンコントロールという中毒110番みたいなセンターがあって、そこに連絡して訊いてみると・・・・・・

なんと、これは幹、茎、種子(実)には猛毒のアルカロイド系のタニシンが入ってるんだそうです。
あわてたダンキチさん、見学を切り上げ、急いで病院へ行きました。

口の中から取り上げたけど、別にタマスケは食べてる様子でもなかったので(魚の骨みたいに引っかかりそうな葉なので飲み込めないと思った)、あちこ的には1時間以上様子を見てからでもいいんじゃないのでは・・・と思ったのです。
それに係りのおばさま連中に調べてもらってる間、4オンスのミルクをゴクゴク飲んでたし、別に気分は落ちてる様子はなかったのですよね。

でもダンキチさんの精神状態はあっちゃ行ってるようで・・・・・もう救急病院着くまではあちこ、
大変でした(−−;)
ええ、あちこは落ち着いてるのですがダンキチさんがソワソワしてて・・・・・・高速の出口は間違いまくるわ、運転は荒れてるわ、受付への声は大きいわ、何度落ち着いてと言ったことか、あちこのほうが具合悪かったです。

日曜日のERは季節外れの風邪引き患者や死にそうに具合悪いお年寄りでけっこう混んでました。比較的早く呼ばれた私たちは中の部屋へ移動し、ドクターの診察を受けました。
この典型的な陽気なアメリカ人ドクター(−−;)・・・・いきなり大きな声でタマスケをあやすものだから、びっくりし泣かされ、しまいにはこのドクターを見るたびに泣く始末・・・・・・・

すみません、眠くなったので最悪な続きは次回まで・・・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ