2008/9/10

アメリカでパスポートの更新  ☆あちことダンキチさん

里帰り中に本当は今年で切れるパスポートの更新をするはずだったのが、なかなかパスポートセンターに行くチャンスがなくて、アメリカへもどってきてからサンフランシスコの領事館行こうかなぁとのん気に構えていたら、ある日サンノゼの出張サービスがあることを領事館サイトで知り、早速本日行ってまいりました!

これは便利でした。だって、わざわざサンフランシスコまで行かなくてすむから(笑)
銀行のオフィスを間借りしての会議室のような場所ではサンフランシスコ領事館からの3人のスタッフと、いるいる・・・・・日本人!こんなにいっぱい来てるとは思いませんでした。

30分くらい待って自分の番号札呼ばれ、前日まで準備していた書類を提出し、ついでに選挙投票するために在外選挙登録申請も出してきました。

提出した戸籍抄本が古かったので(わかっていたけど、チェックされちゃったかー)、新しいのを親に頼んで送ってもらわないといけないことがあったくらいで、後は1ヵ月後の出張サービスに来訪し、新しいパスポートを受け取るだけ。
手数料が142ドル・・・・・たっかー

でも、大事な残りの書類関係はこのパスポートだけになったので、これでスッキリしました!
苗字をダンキチさんのほうに変えたので(ああ〜)、これからマイレージカードなどの名前の変更もしないとね。

<パスポートの写真のこと>

10年用のを作る場合、やはり写真は厳選したいのが心情でしょう。
あちこも今回はとうとう30代の顔写真が載るわけなので、あきらかに10年前と比べると、特に出産後の顔はひどい変容で・・・・・・20代とは雲泥の差が・・・ああ悲しー(T0T)

で、あちこは日本からすばらしいソフト"Photoshop"を持ってきたので、今回自分でパスポート用の写真を撮ってみましたよ♪もちろん修正しまくって(^^)V

修正後の画像・・・・あやまって前の画像にしてしまったら、まるで整形前整形後の自分の顔にあぜん・・・・見なきゃよかった(−−:)
修正といったって、ただ肌をきれいにぼかした(シミ吹き出物を消す)だけなのですが、ちょっと遊んで笑いジワも消してみました。

すごい・・・・・・・10YearsYounger(アメリカの整形テレビ番組)みたいだ。
ダンキチさんに恐る恐るどっちがいいか訊いてみたら、笑いジワを消したほうがいいんじゃない?と言われ、当日ダメもとで提出したらパスしましたです、はい(^^:)

だから、あちこの新しいパスポートはちょっときれいに出来上がりそうなので楽しみなのですね(笑)
恐るべし!自分で修正写真を堂々と提出!!

<追伸> 次、10年後の40代もこの方法でできるかしら?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ