2008/10/7

勘違いして観た<鬼畜>緒方拳追悼  映画

クリックすると元のサイズで表示します

最近、レンタルするほとんどが古い日本映画ばかりです。
小津安二郎監督のものから始まっていろいろ観たのですが、ぜひアメリカに住んでいる日本人にはおすすめしたい映画がいくつかあるのでいつかカル食で紹介できればいいなあと思います。

で先日、急に松本清張なんかのミステリーが観たくなって、NetFlix(宅配DVD)から選んでいたら、"TheDemon"というタイトルで1枚出てきたのですよ。
あちこはてっきり(その映画の簡単な紹介を読んでいなかった、英語だし・・・)<八つ墓村>とか<悪魔が来たりて笛を吹く>とか、そのへんの映画だと信じちゃって、早速借りて観てみたら・・・・・・・

最初のシーンからなんか違う・・・・・
タイトルが出る前にわかったけど、その怖い英語のタイトルがまさにその<鬼畜>だったのです。

もうてっきり角川系だと信じていたのでびっくりしたけど、過去に2回観たことあって、すっごく小さい頃からショックが強かった映画なだけに、そのまま3回目を観ました。

で、今日ニュースで緒方拳が亡くなったのを聞いたので最近観たばかりの映画だったし、ちょっとびっくりしました。
<鬼畜>は新しいものだと、ビートたけしと黒木瞳の共演でテレビで放送されましたが、断然オリジナルの野村芳太郎監督、緒方拳、岩下志麻、小川真弓が良し!

同じくらいの子供がいるお母さんには辛い内容かもしれないけど、一応日本作品の中では名作の一つだし、いろいろ感情移入し考えさせられるストーリーなので、観ていても損はしないと思います。ただし、観た後はズドーンと重いものを感じますが・・・・

ストーリーはわかりやすく、2回目だんだん理解できるようになり、今回3回目は親になってからの気持ちがわかるようになり、痛く内容が理解できます。
昭和バリバリの時代がとても懐かしかった!皆俳優は若い若い!テーマ音楽は強烈に脳にインプットされるし、最後の長男が言う"父ちゃんなんかじゃない!"というセリフはとても有名でやっぱり涙なしでは観られない・・・・

小学生のときに観たときは、緒方拳はこの映画の中のなさけない父ちゃんのイメージが強すぎたために、あちこ的にはなんか弱弱しい(けっして強くない)イメージでした。

でも今回あらためて、緒方拳は実はすごい俳優だったんだ、と感じさせました。
続きを読む
1

2007/8/27

リッキー坊やの涙にもらい泣きの夜  映画

最近知ったのですが、宅配ビデオレンタルには今やお手持ちのパソコンで映画をダウンロードして観れるサービスもあるのですねえ。試しに夕べ、タマスケが寝静まった夜中に1本鑑賞しました。

チャンプ
(The Champ 1979年作品 <主演>リッキー・シュローダー、ジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ)
            
            クリックすると元のサイズで表示します

このリッキー坊やの涙の名演技で日本でも大ヒットした古い映画だから知ってる人が多いでしょう。もう滝涙(TOT)。最初っから最後までリッキーが泣いてるんだもん。
かれこれ、もう20年以上振りに観た映画の一つなんですが、もう今やこの手の家族の死に直面するストーリーには弱くなりましたね、あちこも。

内容は覚えてたのですが、今回観てお母さんの存在があったのを忘れてました。フェイ・ダナウェイだったのもよかったわ♪ 今になってその母親の気持ちが痛いほどわかります(TOT) 
ジョン・ボイトはアンジェリーナ・ジョリーの父親よりもチャンプの父ちゃんのイメージが強かったし、リッキー・シュローダーは当時、金髪の青い大きな目が印象的で一時期日本ではブームでした。確かにこの坊やは泣くだけでストーリー関係なく、こっちももらい泣きしそうなくらい演技は上手でした。

まだ、観たことない人はぜひハンカチ用意で。
話は"ロッキー"と"クレイマー・クレイマー"を足したようなものです。
古いのに、映像がなかなか古さを感じない綺麗さだったのは意外。確かテレビで放映したとき、声優の声もぴったりだったような気がする。

泣いて泣いてスッキリのはずが観た後気持ちがどんよりし、オムツで起きたタマスケを横で添い寝してしまいました。息子は大事にしなくっちゃ。

<追記>
この後、リッキー・シュローダーはどうしてるのかなと気になって調べてみました。
あの人は今・・・・みたいに、ブクブクに顔が変わっていたらどうしようと心配しましたが・・・・
ドキドキしながらスクロールダウンして・・・・・↓













クリックすると元のサイズで表示します ま、こんなものでよかったか。

今はシリーズの24(ドラマ)にも出てるそうです。映画ではちょこちょこ脇役っぽく。
37歳だそうな。まだ独身かな・・・・・
0

2007/5/4

バベルを観て  映画

GWに日本でも"バベル"が封切りされたようで、観客が具合悪くなったっていうニュースも聞きました。
あちこは2ヶ月前に自宅で観たのだけど、どうして日本人の女優がアカデミーにノミネートされた理由がわかったわ。(それにやけにブラピ夫婦と仲いいのも)

アカデミーにノミネートされるには(特に女優は)今は体当たりの演技が高確率のように思えるような気がします。ボーイドントクライのヒラリー・スワンクもそうだけど、やはり今回の日本人女性(ごめん、名前覚えてない)もそんな演技だったし・・・・でもバベルの映画の中では最後も飾ったくらい、役柄の重要度はけっこうな比率を占めていたんだと思う。
あちこはちょっと観ててショック受けちゃったけど・・・・・(汗)

でも厳しいストーリーのわりには銃をネックによくここまで世界中につなげたなあと感心したくらいの内容でした。
バベルはもともと神話の物語からきてる話で世界がどうして違う言語で成り立っているのか、バベルの神話を読めばわかります。

あと、この映画の中で観客が具合悪くなった場所がディスコシーンなんだけど、ここで流れる音楽がアース・ウィンド・アンド・ファイヤーのセプテンバーのミックスなんですね。最近この曲よく映画で使われるんだけど、先日観たベン・スティーラーのナイト・ミュージアムもセプテンバーが最後流れるのです。
この曲好きなので、バベルのは耳に残っているなあ・・・・・・

問題がダンキチさん!
この人はこういうドラマドラマした内容が好きじゃなくて途中で観るのを辞めました。若い高校生が出てるよーって言ってもダメでした(−−:)
0

2007/3/20

アメリカで超話題の映画"300"  映画

クリックすると元のサイズで表示します

ダンキチさんも観たがっていた映画"300"を観てきました。
マッチョマッチョで男気ムンムンの派手な内容でして、映画内は久しぶりの混雑の中、あちこは周りのバターたっぷりポップコーンの匂いで酔いながら、ほんのちょっとクカーzzzともきましたが(^^;)ちゃんと見届けて参りました。

日本にいる皆はこの映画の話題は流れてるのかな?
ヘロドトスの「歴史」に記されている紀元前480年に行われた「テルモピュライの戦い」をベースにして描かれたフランク・ミラー原作の「300」をもとにして作られている映画で、300人のスパルタの兵隊たちと100万人のペルシア軍が激突するという壮大なストーリーです。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史的映画が好きな人なら・・・・ていうよりも、何がアメリカ人、特に男性にウケルのかというと映画SinCityシンシティのフランク・ミラーのコミックが原作っていうところだと思うんですね。
あちこは・・・・・フランク・ミラーと聞いただけで斬新でショックな内容が印象にあるので(シンシティはちと辛かった)、300は特にお誘いがなければ観ない映画だと思います。

でも、今回なんとあちこからダンキチさんに提案したのですよ。どうしてかというと主演の俳優がジェラルド・バトラーだから♪ 日本でもきっとファンが多いでしょうねぇ、だってオペラ座の怪人のファントムなんですもん。

あ、ファントムのイメージで300を観てしまったら、ショックを受けるか(あちこ)、返って惚れ直してしまうかは貴女しだい・・・・・イメージ打破です。
クリックすると元のサイズで表示します まるで宗教画のような世界
クリックすると元のサイズで表示します ファントムは本物かしらん

しかし、この映画のほとんどはCGを使ってるのでまるで、ゲームを見てるような感覚でちょっと画像酔いしそうなくらい。アメリカの映画って最近ちょっと志向が変わってきたのかな。アニメみたいな描写のものが増えたし、何が偽物で本物か区別できないくらい。

男性にはおすすめですな。と、ファントム付きでサービス★★★★★!

あちこ>ダンキチさん、300って映画おもしろそうなんだけど、知ってる?観たくない?
ダンキチ>ああ、友達から訊いたよ。なんかとてもおもしろそうだよね。
あちこ>うん。映画の内容うんぬんよりも、主演してる俳優がすっごくいいのよ! オペラ座のファントムをやったジェラルド・バトラーなんだよ。彼、すっごく歌が上手でハンサムだし、ちょうどこの映画のヒーローみたいだから・・・・んで、あちこはね、ブラーブラーブラー・・・・
ダンキチ>zzzzzzzzzzzzzクカー・・・・
あちこ>寝るなー!!!
0

2007/3/13

きみに読む物語 泣けた(TOT)  映画

クリックすると元のサイズで表示します あちこオススメじっさま★ばっさま感動ストーリー

たまたま、このようなチックフリック映画(英語・男がグースカ寝ている横で女は片手ハンカチで涙してる、男にとっては退屈で女にとってはすごく感動する映画のこと)をどこかのHPでおすすめしてるのがあって観てみました。

邦題が"きみに読む物語"。The Notebookがタイトルで2005年に日本で封切されたそうですがどうでしたか?(あちこはアメリカに行っちゃってたので知らなかったです)

ダンキチさんは最初から、この手のストーリーが苦手なのであちこ一人で見ましたが・・・ええ、
これじっさま★ばっさまのための永遠に切れることのないラブストーリーだったのですよ。

老人ホームである話を読み聞かせているじっさまがいる。相手は窓辺で自分の人生を見つめ直そうとしているかのように遠くを観ているばっさま。その話は50年以上前の若い二人の恋愛物語。ある夏の日の純粋で情熱的な愛を描いたもの。でも,純粋であるが故に,その生まれ育った環境の違いに押し潰されそうになる。やがて夏が過ぎ,大富豪の娘の方が去って行き,愛は終わったように思えたが...が簡単なあらすじ。
ベストセラーの小説から映画化されたそうです。


映像は昔のアメリカの田舎が舞台でとてもきれい(あちこ好み)、若いカップルがデートしたアヒルがいっぱいの湖はいいシーンだったし、ヒロインの女の子がかわいくってねえ、見とれてしまいましたよ。

物語が終わった後、ひとホロリ・・と涙が・・・・で終わると思ったのに! 
ReadMoreはネタバレ少しあり。

<追記>
"マディソン郡の橋"もまたここで観たのだけど、またボロボロになっちゃって・・・・あちこ、もう年になると(というか結婚すると、夫婦の将来と重なっちゃって(バカ))この手の映画はちょっと観ただけでポロッと泣けてくるのよねえ。困ったもんだ。
続きを読む
0

2007/2/27

アメリカでアカデミー賞、日本でアカデミー賞  映画

一般的に映画好きですが(趣味でわざわざ映画鑑賞とは書かないけど)、アメリカ来てから最新映画もいいけど、懐かしい映画ばかり観る機会が多いので(もったいなーい)、
今回のアカデミーノミネート作品すべてまだ観てません(恥)

3年前まで毎年この時期を楽しみにしてたけど、日本で公開にはまだ早すぎる作品ばかりで、でも受賞後の作品を観るのが楽しみでした。必ずBSでは生で観ようと時間をチェックし、出張中でもアカデミー中継番組をかかさず(エミー賞のも好き)観てました。

が、渡米後、時差関係なく気軽に観れると思いきや・・・・・
全くアカデミー賞の生番組観なくなりました(悲)
※去年は途中まで・今年はウッカリ

たぶん、毎日流れるセレブのゴシップ番組と雑誌が日本の女性雑誌に特集されることなく頻繁に目につくことができて、レッドカーペットの女優の美しい装いとかセレブチェックなぞ、いつものことでなぁーーーんにも刺激にもならなくなったのが要因だと思います。

セレブ雑誌も日本と同じく服装チェックでいっぱい写真がレッドカーペット並みに載るのでなんだかいつもアカデミー賞パーティやってるような錯覚にもなります。
ただエレンが司会で何かおもしろいパフォーマンスやらないか観たかったのもあるけどね。
日本人のノミネーターも知らない女優なので興味なかったけど、ちゃんとステキなドレスとメイクでセレブに負けないくらいはまっていたのが良かったと思います。ケン・ワタナビーはちょこ2、アメリカの雑誌にも登場するのでもう貫禄ありますね。

今回のオスカー。
ノミネーターを拝見したら、意外にペネロペロペロ、ええ?ウィル・スミス
ひゃーエディ・マーフィにマーク・ウォルバーグも!?って感じで、今年も逃したディカプリオ(彼はいつか必ずオスカーになるでしょう)、マーティン・スコセッシもやっと!
っていうあちこ的感想です。

あちこはどちらかというと、何度も受賞しているベテランオスカーより(メリル・ストリープはもういいでしょう)、お初の俳優・監督に応援したいほうです。

ReadMoreは前記事の"夫婦って貧乏くじ"にコメント残してくれたお返事です。
皆どうもありがとう!(T-T)

続きを読む
0

2007/1/8

映画"ロッキー"を語る  映画

            クリックすると元のサイズで表示します
あちこにとってこの映画"ロッキー"はベスト10に入るくらい大好きな映画の1つです。
つい最近、アメリカではクリスマス公開になったロッキー・バルボア(ロッキー6ですな)を観てきました!日本ではロッキーザファイナルというタイトルで4月中旬に公開のようです。

16年ぶりの6作目。普通1,2,3・・・と続くと映画自体の質や中身がおもしろくなくなりがちだけど、この映画はけっこうテーマがあってなかなかできてる映画だと思います。あちこの好きな順番でいうと・・・・

1、ロッキー1<エイドリアンとの出会い・アカデミー賞受賞>
2、ロッキー2<結婚、息子出産、ロッキーらしい好きなシーン満載>
3、ロッキー5<裕福な生活から一変、息子との葛藤と愛、トレーナーとしてがんばるロッキーとマレットのトニーとの出会い・裏切り>
4、ロッキー4<ロシアとの対決、ブリジット・ニールセン、アポロの死>
5、ロッキー3<貧乏から裕福な生活、エイドリアン激変、ハングリー精神失うロッキー、ミッキーの死、アポロとの友情、なぜかミスターTとハルク・ホーガン>

・・・・・・・こんなところかな。
ここまで来ると、ロッキーファミリーは波乱万丈な人生を送ってます。
単純なんだけど、基本のアメリカンドリームとヒーローで思い出すのがこの映画なんですよ。
アメリカ=ロッキーみたいな・・・・・
昔、アメリカ横断ウルトラクイズで舞台はフィラデルフィア=ロッキーで有名ということで罰ゲームがあり、敗北者はロッキーの映画のマネをされてたのを思い出しました。生卵を飲まされて、フィラデルフィア美術館まで走らされたかなと思います。

このあちこも実は10年以上前にフィラデルフィアまで行って、映画の基本舞台となったその美術館へ行ったことがあります。記憶が薄れつつあるけど感動したなあ・・・・・ガッツポーズして写真撮りたかったけど女3人だったのでしなかったけど。

で、ロッキーの最新作なんですがさすがにスタローンも60歳になってしまって衰えは隠せず、見てるこっちがつらくなったくらい(^^;)
ストーリーも5から比べると、またさらに坂上り、ロッキーはエイドリアンに先立たれてしまってました。ちょっとびっくり・・・・・
ロッキーはボクサーから引退しており、普通のアパートに1人で暮らし、エイドリアンの墓参りは欠かさず、小さなイタリアンレストランのオーナーとして、息子は大きくなっていい会社に勤めてる感じ、Gさんになったポーリーとも交流があって、静かな第二の人生を送ってました。

クリックすると元のサイズで表示します サントラ版ももってるよ♪
ネタバレではないけど・・・・・・気になる人はReadMoreへ

ちなみにインディー・ジョーンズも製作始まってる?ようなんですが、ハリスン・フォードのGさんぶりもちょっと辛いものがあるなあ・・・・・・・
続きを読む
0

2006/7/17

スーパーマンで夕涼み  映画

暑くて夏らしいからいいけど、気温が高いので溶けそうな毎日送ってます。
明日から2日間は40度近くまで気温が上がるらしい、ひぇ〜〜

そんな日はアメリカ人は涼しい屋内ショッピングモールや映画館や図書館などに行って涼んでおりますが、あちこたちも暑さからの逃避で新作の"スーパーマン"観に行ってきました。

近くにできたAMCというシアターなのですが(いつもロゴが似照るので4MCと読み間違える)、映画のチケットも自動販売機で購入できるなんてお初でした。
あちこはあまり映画中、飲食しないタイプなのですが、なぜか今回はポップコーンとコーラを購入。(何年振りだろう、コーラ) お子様セットで$5!(高〜い! 小さなおまけスナック付きだけど)

ダンキチさんは大きな袋でドバドバとバターと塩を入れてるのを見てゲンナリ。(バター液の入ったタンクがあって、各自好きなだけバター入れれる)
このお方は早めにいい席を確保して、上映される前のCMと待機中の上映CMを見るのが好きらしく、一緒に映画観に行くと私たちが一番乗りが多いです。←早く着すぎなのだ(T-T)

しかし、アメリカ人の大人はスーパーヒーロー大好きですねえ。
クラーク・ケントさんも故クリストファー・リーブと変わらず、甘い(甘すぎるくらい)マスクでした。でもヒーローも最近、女性に弱いです。(スパイダーマンもそうだけど)
日本だと"スーパーマンリターンズ"はいつ封切られるのかな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ