2007/1/29

夢の南太平洋クルーズ  お知らせ

一昨年のクリスマス休暇、

私達は南太平洋(ニューカレドニア・バヌアツ・フィージー)クルーズに参加した。

ブリスベン港からの初クルーズ。

全キャビン満室の大人気クルーズだった。

  乗船客1000人以上のうち、日本人はなんと私たったひとり

         信じられないでしょ。

直ぐに旅行記を書こう、書こうと思いながら、

   月日が経つのは早いもので、

       あっという間の1年。 (Ogarinちゃんも、真っ青)


で、やっと書き始めました。

勿論AOLブログではなく、下書き機能が付いているブログで。

なにしろ、この下書き機能がないばかりに、今までに何度記事が消えて泣いたことかー

少しづつ記事をUPしています。

丁度今、オーストラリア特集を期間限定でやっていて、
               オーストラリアの観光の特集も・・・。
     
URL http://ameblo.jp/cherry5





その2週間は、初め短いと思ったけど、
  本当にあっという間に過ぎた。
     もっといたかったなー、って言うのが感想。

事実、そのまま次のクルーズに参加する人たちもいて、驚き!!

非日常的な出来事やイベントが、毎日見白押し。

普段絶対に会うことのない人たち1000人以上と、寝食共にするわけだから、
そりゃ、非日常的よね。

なんといっても、。ニューイヤーズ・イブ・パーティ

南太平洋上でたった一艘の船の上、
  船上はディスコと化し、
    それはそれは大騒ぎ。
どんなに騒いでも誰にも文句言われないんだもの。

ビール飲みだしたら、ぐてんぐてんになるまで飲み続けるオージーにとって、
   そこは天国以外の何ものでもなく、
      最高の大晦日だったに違いない。

飲酒運転で捕まる心配もしなくていいしね。
現にケアンズでは大晦、50台に1台が飲酒運転で検挙されてるもの。

写真の一部をUPします。

クリックすると元のサイズで表示します

このクルーズで知り会ったオージーカップルと、
  なんと、次の年(2006年)のニューイヤーズ・イブに、
    ここ、ケアンズのホテルで偶然にも再会。
     しかも同じレストランで、
        同じニューイヤーズ・ディナー・パーティに参加していたのである。

この偶然・・・。

去年は私達はゴールドコーストに住んでいたし、彼らも他の都市に住んでいる。
たまたま去年のクリスマス休暇にケアンズに遊びに来ていたらしい。
こんな偶然ってあるのね。

よほど縁があるカップなんでしょうね。
来年のニューイヤーズ・イブに、もし再会したら・・・?

  いくらなんでも、そんなこと有り得ないよね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ