2007/2/2

72人分の食事を作った今朝の私  料理

料理をするのが好きでない私が、なにゆえ72人分の料理を・・・?

だいたい毎日の4人分の食事さえ、毎日ため息つきながら作っているというのに。

   
   料理は楽しんでしなければいならない。

   料理は心を込めて作らないといけない。
                      ・・・・・ごもっとも。

そうするのとしないのとでは、味が違う らしい。

そういえば普段の料理には『仕方なくやっている』スパイスがプンプン匂ってるかも?


さて、今日は心を込めた愛情たっぷりの料理に。

  私が毎週日曜日に通っている教会では、
    毎月、1度、ホームレスやストリートチルドレンのために食事を提供 してる。

今日がその日。
  今日のメニューは、メキシカン風パスタ

     日本ではメキシコ料理はあまり馴染みがないかもしれないけど、
     オーストラリアでもアメリカでも人気である。
     私もメキシコ料理大好き。


クリックすると元のサイズで表示します

      ボランティアの参加しているのはみんなリタイアーした人ばかり。
      60代、70代、80代の人もいる。
      (勿論私はまだリタイアしていませんが)

      手前の女性が以前に記事に書いた、日本人のお父さんを50年以上探し続
      けているマリア
です。 彼女、私の母親より年上・・・、
                  凄くパワフルな女性です。

      年をとっても、誰かのために何かをする、誰かの役に立つ、
              って言うのは生きがいにもなっていいのでは・・?

             ケアンズの暑さの中、これだけの量を料理するのは大変。
             冷房してても汗がだらだら・・。
             サウナ状態。

クリックすると元のサイズで表示します
   
  これがメキシコ料理というかどうかはさておき、
      本当にその日食べるものにも困っている人たちが実際にいるのです。

このコンテイナー、こちらではファーストフードやレストランでのお持ち帰りによく使われます。
お馴染みのコンテイナーです。


              
               



             



教会でみんなと一緒に料理をしながら、私は先日見た映画のワンシーンを思い出していた。
今、日本でも話題になっている、ウィル・スミスの「幸せの力」。

その日の寝る場所にも、食べるものにも困った主人公親子が、
   教会に宿と食事を求めて、
     夕方、大勢のホームレスと一緒に教会の前に並びシーン。

もし、教会の善意の提供がなければ、沢山の人がその日寝る場所も、食べるものもなくすごさなければならなかった。

あの時のウィル・スミス親子と、これからこの食事を食べるであろう人たちが、
  私の頭の中で、オーバーラップしていた。

あの映画は実話だそうで、もし機会があるなら、是非見ていただきたい映画です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ