2007/3/26

真夜中のプチ家出  家族

日本では大学生でも、もまだ親のすねをかじっている人が多い。
私もそうだったけど、授業料だけでなく、生活費とお小遣いを毎月仕送りしてもらっていた。周りのみんながそうだったから、それが当たり前だと思っていたし、何も疑問に感じなかった。

が、それが当たり前のことではないと知ったのが、アメリカに留学した時。アメリカ人のほとんどの学生が、自分で授業料もお小遣いも稼いでいた。生活費までも自分で払っていた人もいた。
それはかなりカルチャーショックだった。
でも18歳、もう大人なんだから、それは当然だよね、って思った。
その時思ったのは、自分の子供が生まれたら、そういう自立ある子に育てよう、と。

だから、日頃から娘には、「18歳になったら,大人として認めるし、自分の責任の取れる範囲なら、何をしても親は何も言わない。但し、親として経済的援助はもうしないから、欲しいものがあったら自分でバイトして買うように! 
と言ってきた。
オーストラリアでは18歳から大人として認められる。日本は20歳だけど)

実際、主人も高校卒業した時点で、親から一切の経済的援助は受けなかったらしい。ヨーロッパでもそれが当たり前だ、と。尤もドイツの場合、大学は一切費用がかからないらしい。全て国立と言うこともあるけど、授業料はおろか、本代も要らないらしい。尤も大学の数が少ないので、狭き門らしいけど。

確かに日本では親が子供にお金をかけすぎると思う。でも私もそういう環境で育ったので、親子関係に関しては、ヨーロッパで育った主人とは多少違う。

だから、娘には授業料だけは出すことにした。で、後は娘がバイトで全てまかなっていた。

、今学期、規定の4科目から、6科目に増やし、バイトする時間ががあまりないから、お小遣いを欲しいといってきた。
4科目でも凄く大変なのに、6科目と言うのは凄く大変なのは知っているので、考えてもいいかな〜って思った時だった。

「だって、みんなお小遣い貰ってるんだよ。
「えっ、みんな、って誰?
「日本の大学生
 
プチン! (私は切れた)




「ここ、日本じゃないでしょ・・・・・・・・・・・ぶつ、ぶつ、ぶつ、・・)

見ると、娘は泣いていた。
そして、泣きながら、家を飛び出して行った。

10時過ぎていたので、直ぐに帰るだろうと思ってたのに、なかなか帰って来ない。
11時過ぎたので、車で近くを探しに行った。

でも、どこにもいない。
オーストラリアは日本と違って、夜外を歩いている人はほとんどいない。探し回ってもどこにもいない。もう時計は12時を過ぎていた
だんだん不安になってきた。ひょっとして、誰かに連れ去られてとか・・? まさか、まさか・・・。不安はどんどん広がって行く。主人も探しに行ってくれたが、見つからない。

もう、こうなったら警察に電話するしかないかも?
女の子の場合、レイプの心配をしなくてはいけない。先日も<シティのトイレで日本人の女の子がレイプされたと言うニュースを聞いたばかり。

「今度は歩いて近くの公園を探してみる。
そう言って、主人が公園に行った。

なんと、そこには娘ではなく、野生のカンガルーがいたんだって。しかも何匹も。
ばったり出くわして、主人もびっくりしたけど、向こうもびっくりしたでしょうに。
うちからほんの50メートルくらいの所の公園に、野生のカンガルーがいるとは思わなかった。

娘はバス停に座って泣いていたらしい。
主人と一緒に帰ってきた。

私は娘に相当無理をさせていたんだろうな・・・。
なんかそう思うと、涙  が出てきた。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ