2007/4/1

木の上に住むカンガルー  オーストラリアの観光

昨日、あの宮崎監督の「天空の城ラピュタ のモデルにもなったと言われるTablelandの
Atertonに行って来た。
そして、途中のドライブで、こんな珍しいサインを見つけた。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなサインは初めてみたので、何?って聞いたら、なんと、 Tree kangarooだと言う。

「カンガルーが木の上に? うそ〜!
って笑ったが、本当にいるらしい。もっとも種類が違うカンガルーらしんだけど。
そして、その辺りが生息地らしい。

残念ながら、私達はそのカンガルーには会えなかった。だけど、近くの展示場に剥製のトゥリーカンガルーが展示されていたので見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

顔が熊に似ているんで、笑っちゃいました。ちょっと写真では見にくいけど。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、カンガルーっていう言葉、英語ではないんですよね。だってイギリスにはカンガルーなんていないもの。では、何語でしょう・・? 答えはRead Moreへ



カンガルーはアボリジニの言葉なんです。その意味を聞いたら笑っちゃいます。

イギリス人がオーストラリアに初めて上陸し、見た事ないカンガルーを見て、アボリジニの人たちに‘What is this?` 尋ねたらしい。勿論、アボリジニに英語がわかるわけもなく、「わからない と答えたらしい。それが、カンガルー。

つまり、カンガルーと言う言葉は、アボリジニ語で、
I don't know. と言う意味らしい。面白いよねぇ〜!初めてその話を聞いた時、みんなで爆笑でした。
イギリス人は後日その本当の意味を知ってどんな心境だったんだろうなぁ〜。

カンガルーと言えば、ボクシング
私はこカンガルーのボクシングしている姿、目の前で見たんですよ。凄い迫力でした。

場所はゴールドコーストのとあるゴルフ場
観光客は絶対に行かない、地元のオージーだけがプレイするまさしくローカルなゴルフ場なんですが、ここに夕方野生のカンガルーが出てくるので、私達はよく見に行ってたんです。

さて、その日も夕方、ほとんどのプレイヤーが帰っていた後、誰もいなくなったゴルフ場に、次々にカンガルーたちがやってきたんだけど、なんと、二匹のオス同士がにらみ合いを始めたかと思うと、立ち上がり、キックしましたね〜凄い迫力ですよ。
あれ、もし人間に当たったりしたら、飛ばされてしまうでしょうね。だって、カンガルーは立ち上がった時、しっぽも使うので3本足で立っていることになるんです。

いやはや、足で蹴飛ばすは、手でもおもいっきりパンチを食らわすは、とにかく凄い迫力。 どっちも負けてなかったです。

私と主人は怖くなって、気づかれないように、少しづつあとずさりをし、距離を置きました。なんと言っても野生のカンガルー。 矛先を私達に向けられたら、ノックアウトされること間違いなし。

立ち上がったら、2メートル近くもあるんです。普段おとなしそうなカンガルー、なかなかやります。動物園にいるカンガルーは、いつも寝転がっているけど、あれが本来のカンガルーだとは思わないで下さい。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ