2007/5/24

東大のオファーを蹴った、娘のオーストラリア人の友人  オーストラリアの学校生活

ヒルトンのインターンシップ・プログラムに参加している娘が、そこで知り合った友人の話に、(え〜〜!? うそ〜〜)と絶句の私。

彼女はオーストラリアの全高校の中でトップ何%かの、凄く成績優秀な学生だったらしい。当然どの大学からもオファーがあった。

彼女は高校で日本語を勉強していたので、日本の大学で勉強するのも悪くないなーと、日本の大学にも申請した。すると、なんと東大からもオファーが来たらしい。凄いよね。

ところが、彼女はその東大のオファーを蹴ったと言うのである。
蹴ると言うのはよくない・・・・行かなかったのである。

どうしたというと、結局彼女はどの大学にも行かなかった。
高校を卒業して、社会で働く事を選択した。 そう、ヒルトンに就職したのである。

そんな優秀な人、日本だったら絶対大学行く以外考えないよね。ましてや東大だなんてー。何年浪人しても、東大に入りたい人なんて山ほどいるもの。

彼女はあっけらかんとして言ったそうな。
「だって勉強なんて、面倒じゃない。 働いた方がお金ももらえるし・・・、と。

う〜〜〜ん、確かに。

オーストラリアの高校生は、みんながみんな、卒業して直ぐに大学行きを選ぶとは限らない。一旦社会に出て、自分がやりたいことががはっきり見つかってから、大学に入って勉強する。そういう人も多い。
叉は一度は大学に入って勉強していても、途中でやめて社会に出て、改めて大学に入り直す人もかなりいる。

そういう選択の仕方が出来るオーストラリアは、日本より勉強するにはいい環境だと思う。
だから大学には私達の年齢の大学生も多い。アメリカもそうだった。
日本も大学は若者だけよね。最近は少しは変わったのかな〜。社会人学生も受け入れているって聞いたけど。でも、まだまだアメリカやオーストラリアのような事はないでしょうね。


   人気blogランキング参加しています。
         オーストラリア情報 もよろしくお願いします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ