2006/10/28

クロコダイルに注意!  オーストラリアの生活

クリックすると元のサイズで表示します

このサイン、ケアンズのいたるところにある。
ほとんどのビーチにはクロコダイル警告が。
クロコダイルを見たという話も良く聞く。
クロコダイルに食べたれたと言う話も時々ニュースで聞く。

去年だったか、ドイツ人の観光客の女性が川で泳いでいて、クロコダイルに食べられた。地元の人はその川にはクロコダイルがいることは知ってるから誰も泳がない。でも観光客にはわからない。
クロコダイルの怖さを知らないしね。

クロコダイルって頭いいんだって。
獲物を用意周到で狙うらしい。

その女性はツアーガイドからその川が安全だと聞いて川に入ったとのこと。
そのことが当時凄く問題になった。ツアーガイドがちゃんとした知識を持っていたら、その事故は起こらなかった。
その後、そのツアーガイドは自殺したそう。それも悲劇だね。

このサインを見たら、私は近づかない。
クロコダイルに食べられて死ぬなんて・・・、
  そんなの一番したくない死に方だもの。

0

2006/10/28

アボリジニの子供達  オーストラリアの生活

クリックすると元のサイズで表示します 

どこの国の子供達も可愛さはみな同じ。

アボリジニはオーストラリアの先住民。
でもね、きれいなビーチとか住みやすいところはみんな白人が占領しちゃって・・。
アメリカと同じだね。
そう、アメリカンインディアンの移住区と。

アメリカに住んでた頃、私はほとんどアメリカンインディアンに会うことはなかったけど、ここオーストラリアではアボリジニの人たちと接する機会は多い。
アボリジニの独自の文化も大切にしてる。

私はこのアボリジニの独特の思想と言うか考え方に凄く興味を持ってる。
特に死に対する考え方が全く違う。それを書きだすと長くなるので叉別の機会に。

この写真は彼らが住んでいる特別な居住区。
ケアンズの美しいビーチとは違って、真っ黒な汚いビーチ。
沈没船がそのまま放置されてて。
それでも無邪気に遊んでる子供達・・、
    アフリカで見た子供達とオーバーラップした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ