2006/12/31

来年に飛躍するための秘訣は・・・・  お気に入り

この年末年始の機会に、今年一年の学びを完了させませんか?

という内容のメッセージ(メルマガ)がさっき届きました。
あの「鏡の法則」の著者の野口嘉則さんからです。

凄くいい内容なので、ご紹介します。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。

*     *     *     *      *

私たちは、一つの学びを完了させることで、次のステージに上がります。
今年の学びを完了させれば、来年は新たなステージへと飛躍できるのです。

さてそこで、今年の学びを完了させ、来年の飛躍に結びつけるための、具体的な方法をご紹介します。
「やってみよう!」と思う方は、ぜひやってみてください。
効果のほどは、私自身や私の友人たちが実証済みです(^_^)


(1)まず、今年一年を振り返って、「よかった」と思えることを、なるべくたくさん書き出してください。
ささいな出来事でもOKです。
できるだけ数多く書き出すことがポイントです。
そして、よく味わって下さい。


(2)次に、今のあなたにとって「感謝できる人」を、なるべくたくさん書き出してください。
そして、一人ひとりの顔を思い浮かべながら、
「ありがとうございます。あなたにたくさんの素晴らしいことがやってきますよに!」と念じてください。
全員に対してやるとベストです。



続きを読む
0

2006/12/30

ケアンズのクリスマス  イベント

明日で2006年も終わるというのに、今更クリスマスの写真をアップするだなんて、笑われそう。

実はこのクリスマスのテンプレート、凄くお気に入りなんです。
ずっと使いたいくらい。
でも、新年にクリスマスのテンプレートではねー。

しゃあない、変えるとするか。
その前に、この写真を是非。
そう、ケアンズのサンタの写真。


クリックすると元のサイズで表示します

サンタさんは普通の格好。
暑いのにご苦労様。
これ、子供達ががサンタと一緒に写真を写すコーナー。
写真をよーく見てください。
サンタの横で扇風機が回ってる。
これ、ケアンズらしいでしょ。
そりゃ、この暑いのにあのフル装備の服ですもの、暑いに決まってよね。
サンタさん、水着でいいのに。

実はみんなに、
真夏のサンタは水着で?
とか、
サーフィンに乗って来る?
とかよく聞かれます。

まだ水着のサンタは見たことないけど、ミニスカートの可愛い美女サンタは見ました。
(男性はうっとり・・?)

サーフィンでやってくるサンタもいるそうです。
(私は見たことないけど)

それより ビッグニュース!
クリスマス前に『世界のクリスマス』特集で紹介した、カリフォルニア在住の あちこさんのクリスマスの写真が、なんと、AOLのクリスマス・フォトコンテストで準入賞に輝いたんです。
凄い!
あちこさん、あめでとう!
アマゾンの2万円の商品券が貰えるそうで、これって凄く嬉しいですよね。
来年は私も挑戦するぞー!
って、このサンタの写真ぐらいじゃあ貰えないですよね。(ぐすん)


0

2006/12/29

年末のケアンズ空港  オーストラリアの生活

12月29日、日本は年末で忙しいでしょうね。
特に銀行。
年末に銀行に行ったら、待たされる、待たされる・・。
もう少し早く行こう、って思ってても、いつも年末になってしまう。
お年玉用に新札に替えるのも、忘れるわけにはいかないしね。

毎年正月は日本で過ごしていたけど、ここ3年は正月には帰っていない。
昨年はニューカレドニアで過ごし、その前はバリで過ごした。
今年初めて主人と過ごすオーストラリアの正月である。
ところが、娘はどんなことがあっても、正月は日本で過ごすことに決めている。

確かにね、オーストラリアでは、いつの間にか年が明けてるもの。
やっぱり除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べて年を越す、これに限る。
で、昨日さっさと帰国した。
娘をケアンズ空港に送って行った時見た、大きな看板。
丁度arrivalした乗客がドアを出て、最初に見る看板。

クリックすると元のサイズで表示します


そこに書かれていたWalkabout の言葉。
これ、アボリジニの言葉から来ているそう。
これは英語だけど、もともとは彼らが使っている言葉の意味は
walkabout 歩き回る、
つまり、「ちょっとwalkaboutしに行ってくる」っていうのは、食べ物探しにブッシュに行ってくるっていう意味で、獲物が見つかるまで、1日だったり2日だったり・・。
食べるもの(獲物)が見つかるまで探し回るんだそう。
今でも内陸部に行くと、そういう生活しているアボリジニはいるみたい。

『ウルルン滞在記』とか見てると、そういうのもいいなーって思うけど、
でも、実際やれって言われたら、できないよね。

ちょっと見にくいと思うけど、

  Before you go 
       walkabout, visit our store in arrivals.

これ、ボーダフォンの宣伝看板なんだけど、なかなかいいキャッチコピー。
もっとも、こんな看板があったなんて、昨日初めて知ったのだけど。
オーストラリアらしい。
というより、ケアンズらしい?

空港には冬休みということもあり、小学生を連れた日本人の家族が多くいた。
尤も、普通の学校がある時でも、よく家族連れの日本人観光客を見かける。
学校はいいの?

そして、Arrivalの入り口付近では、名前を書いたボードを持って、何人もの旅行関係者の人と学校関係者の人が待っている。
これ、来週、私もしないといけない。
来週、イタリア人の留学生がうちにホームスティに来る。
その同じ日、主人はゴールドコーストに4日間も出張に行くので、たった一人残された私が空港に迎えに行くことに。
イタリア人の留学生は初めて。
どんな女の子が来るのか、今からわくわく・・・。



0

2006/12/27

クリスマスプレゼントを何も用意しなくて、ごめんなさい。  ひとりごと

昨日の記事にも書いたように、Shoe Box Giftの存在を知ってから、
私は、「今年クリスマスプレゼントは一切いらない」と、みんなに宣言した。
そして、私も誰にもプレゼントを買わないから、と。

さて、クリスマスの当日・・・。
朝、ベットルームのドアを開けたら、そこにはプレゼントの山が。
娘が4つもプレゼントを用意していてくれていた。

そして、主人も、同じく4つのプレゼントを。

なんで?
わたし、今年はいらないって言ったのに。

1つ、1つ開けていった。
もうね、どれもこれも、みんな私が欲しかったものばかり。
開けるたびに、私は涙が出そうになった。

私が何の気なしに、「これ、いいね」とか、「こんなの好きだな」とかって、
この1年の間言ってきたことを、ちゃんと覚えてくれてた、っていうことが。
些細なものなんだけどね、でもその気持ちが凄く嬉しかった。

それに引きかえ、わたしは・・・。
クリスマスの朝、私は二人に何もプレゼントを用意していなかった。
プレゼントを開ける度に、胸が痛んだ。

ごめんなさい。

でも、ふたりとも、何も文句言わないの。
私だったら『えー、本当に何もないの?』くらい言いそうだもの。

日本に住んでいた時、私はよく衝動買いをしていた。
ショッピングが大好きだった。

ところが、オーストラリアに住むようになって、物質欲が無くなってきたって言うか、
服もバックも靴もジュエリーも・・・、
何も欲しいとは思わなくなったのである。
今、自分が持っているもので十分、って。
健康でご飯がちゃんと食べられて、幸せなら、それでいい、って。

それでも、この二人が一生懸命選んでくれた今年のクリスマスプレゼントは、最高のプレゼントでした。

・・・・でも、私の気持ちはとっても複雑なのです。
何もプレゼントを用意しなかった私が、1番いっぱいプレゼントを貰って。

プレゼントの1部を、そのうちアップします。



0

2006/12/26

Shoe Box Gift の本当の意味  お知らせ

Shoe box』ってその名の通り『靴箱』。
クリスマス、この言葉に特別な意味があるなんて、今年初めて知りました。

クリスマス、大抵の人はプレゼントを多かれ少なかれ貰っていると思います。
でも、世界中にはクリスマスプレゼントどころか、生涯プレゼントすら貰ったことない子供達も沢山いるという事実。

そう、その事実を、私は考えてもみませんでした。
自分達がクリスマスを楽しむことで精一杯で。

でも、考えてみれば、現在でも世界中で今尚戦争が続いているわけだし、食べるものも住む所もない子供達だって数え切れないほどいるんですよね。
同じ地球上に住んでいて、なんて不平等な、なんて不公平な・・・。

私は、今年の10月頃、この「Shoe Box Gift」の話を聞きました。
この運動を広める為にわざわざアメリカから来られた女性から。

そういう子供達にクリスマスプレゼントを贈ろう、っていう運動です。
詳しくは

  http://www.samaritanspurse.org/OCC_PackAShoeBox.asp

去年このshoe Box Giftを貰った子供達の様子をDVDで見せてもらいました。

生まれて初めてクリスマスプレゼントを貰った子供達が、
Shoe Boxを開ける瞬間の、
もうこれ以上ないって言うくらいの嬉しそうな蔓延の笑顔が、
画面いっぱいに映し出され、
あんな嬉しそうな顔を見たのは久しくなかっただけに、
それを見ているだけで、私自身も凄く幸せな気持ちになりました。

何もない環境にいながら、どうしてあんなに素敵な笑顔が出来るんだでしょう。

昔、アフリカに2ヶ月滞在したことがあるのですが、
何の変哲もない鉛筆を1本あげただけなのに、
まるで宝物でも貰ったかのように大喜びし、お礼を言われたのを思い出しました。
そんな素敵な笑顔をして貰えて、こちらこそ、有難うといいたかったくらいなのに。

アメリカから来られた女性は、更にこう言われました。

Shoe Box Gift「この」は単にクリスマスプレゼントを子供達に上げるということだけではなく、その子供に生きる希望を与えることになるのです。」と。

クリスマスプレゼントどころか、プレゼントすら貰ったことない子供にとって、世界のどこかの国の誰かが、自分のためにプレゼントを贈ってくれるというその思いは、何事にもかえられない、と。
そのプレゼントを貰う子供の中には両親を戦争や病気で亡くした子も多いとのこと。

自分があげる小さなプレゼントが、世界のどこかの国の一人の子供に、生きる希望を与えてあげられるとしたら、どんなに素敵なことでしょう

そして、クリスマスの日、あの蔓延の笑顔で喜んでくれる子供が一人でも増えるという事実も。




1

2006/12/24

えっ、こんなクリスマスパレードってあり・・??  イベント

クリスマスイブの夜8時半、そう、ついさっきの出来事。
けたたましいパトカーのサイレンと消防車のサイレンが鳴響いた。
その上、救急車のサイレンも。
しかも、クラクションも鳴り止まない・・、一体何事かと家の外に飛び出た。
とんでもない交通事故が起きたか、はたまた大火事か・・。

もう、びっくり!
信じられない光景。

なんとパトカー、消防車、交通パトロールカー、観光バス、その他、何十台もの車がサイレンやクラクションを鳴らしながら、のろのろパレードしているのである。

一瞬、何が起こっているのかわからず、ポカーンと見ていた。
アメリカならありうる光景である。特にNYとか。
でも、ここ、のんびりオーストラリアの、しかも常夏ケアンズ、ここで起こりうるにはほど遠い光景である。
しかもよ、何ゆえ、クリスマスイブに?
本来、クリスマスイブって賛美歌でも聞いて、厳かに過ごすのでは・・・?(クリスチャンの家では)

え、今日ってニューイヤー?
もう年が明けたの?

なんか、本当に暫くポカーンとしていた。
でも、ドライバーや観光客がみんな手を振ってくれ、そのうちいつの間にか自分も手を振っていた。

何十台もの車がとおり去った後、私達は、
「ねー、今の一体何?」って我に返って、聞きあった?
「さー?!」

26年、オーストラリアに住んでいる主人も初めてだと言う。
40年近くケアンズに住んでいるマリアも初めて見た、と。
隣の家族もみんな、ぽかんとしていた。
まるで狐に摘まれたよう。

今日って1月1日でなければ、4月1日(エイプリルフール)?

このパレード、ひょっとして今年から始まったのかもしれない。
オーストラリアのほかの都市でも、そうだったのかなー?

まだ興奮が冷めない。
こんなに興奮したクリスマスイブは初めて。


0

2006/12/23

クリスマスのことが何でもわかる、クリスマス・リンク特集  イベント

   クリスマスのリンクをいろいろ集めてみました。

クリスマス・BOX
クリスマスのことがいろいろわかる素敵なページです。
    http://homepage2.nifty.com/tori-hide/main.htm

洋楽のクリスマス・ソングのことなら、
    http://www.noelfield.jp/christmas01.html

世界各国のクリスマス
   ちょっと古い情報ですが、いろんな国のクリスマスのことがわかって面白いです。
    http://www.rcc.net/comitia/theme7/ref7a.htm

折り紙クリスマス
  折り紙で作るクリスマス・グッズがいろいろ紹介されています。
  海外に住んでいる人は是非見て!
  これを子供達の目の前で作ってあげたら、一躍スターになれるかも・・・?
     http://www.origami-club.com/xmas/

クリスマス・ラブ      クリスマスのことがいろいろ紹介されています。雑誌でも紹介されたそうです。
     http://www.family.gr.jp/christmas/
0

2006/12/20

世界のクリスマス  イベント

クリスマス島っていう島が実際にあるって知ってました?

キリバス共和国にある珊瑚礁の島だそうです。
クリスマスカードをこのクリスマス島から出すと、消印がクリスマスになるそうで、
なんだか素敵ですね。

        クリックすると元のサイズで表示します

世界のクリスマスってどうなんでしょうね。
私は日本とアメリカ、オーストラリアのクリスマスしか知らないんです。
凄く興味ありますねー。

中国では数年前からクリスマスを祝うようになったそうです。
それまでは全然知らなかったんだって。
数年前なんて、ホントここ最近ですよね。

ちなみに中国語でメリークリスマスは聖誕快楽だそうで・・・・。
まあ、なんとなく意味はわかりますが、やっぱり漢字で書くとピントこないですね。

いつもは敬遠の仏教徒のタイでも、やはり日本と同じくクリスマスを祝うそうで、サンタもいるって。
なんとなくアジアっぽいサンタらしいんですけど、アジアっぽいサンタってどんなんでしょう・・? 見てみたいです。

同じアジアでもフィリピンは国民の半分以上がクリスチャンだから、クリスマスは国民的行事でしょうね。

その他の国のクリスマスの様子、いろいろ知りたいです。
どうぞ、世界各国に住んでいらっしゃる方、クリスマスの様子をトラックバックして下さい。
写真付だともっと嬉しいかな?
日本でも住んでいる所によって違うので、いろんな日本のクリスマスの様子もお願いしまーす。

        *        *          *

* カリフォルニアのクリスマスデコレーション (あちこさんのblogより)
     http://diary.jp.aol.com/applet/y7jgvfxg/547/trackback

凄く素敵なんです、あちこさん家のクリスマスデコレーション。
クリスマスには暖炉が絶対似合いましよね。
アメリカはクリスマスやっぱり派手ですよね。
私もカリフォルニアに住んでいたので思い出します。
クリスマスはみんなこんな感じでデコレーションしてました。
ツリーの下のプレゼント、これ、25日の朝にみんなで開けるんですけど、それが楽しみで楽しみで・・・。
あちこさん家のこの山盛りのプレゼント、凄い!・・・・・25日を指折り数えているんでしょうね。
でも、これだけプレゼントを貰うって事は、これだけのプレゼントを用意したってことですよね。
それも凄い!


オーストラリアのクリスマス  (プリシラさんのblogから)
   http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/blog-entry-56.html
真夏のオーストラリアのクリスマス。
オーストラリアは広いので、都市によってちょっと雰囲気が違いますね。
でも、クリスマスデコレーション(家の周り)を見るツアーはケアンズでもあります。
コンペティションがあって、これに優勝する為に凄く張り切るお家のデコレーションは凄いです。


横浜のクリスマス   (Ogarinちゃんのblogより)
http://blog.drecom.jp/ogarin/archive/324

街のイルミネーションが本当に素敵なんです。
日本のクリスマスって、年々素敵になっていってますよね。
横浜って日本で1番クリスマスが似合いそう。(これ、私の偏見です。)
こんな素敵な街でクリスマスが過ごせていいなー。
きっと若いカップルでいっぱいなんでしょうね。


オーストラりア メルボルンのクリスマス (CHIGUSAさんのblogより)
    http://diary.jp.aol.com/applet/tbdh45f/19/

オージーファミリーと過ごすクリスマスの様子がわかります。
クリスマスイブにBBQって、いかにもオーストラリアですよね。
サンタとの写真撮影ってどこのモールにもあります。
サンタが全然雰囲気が違うので面白いです。

0

2006/12/18

この素敵なクリスマスカード、是非見てみて!  イベント

まだクリスマスカードを送っていない人、e-cardならまだまだ間に合いますよね。
巷にはいろんなe-cardがありますが、こんな素敵なカード、きっと見たことないと思います。
本当に素敵過ぎて、うっとり・・。
私なんて何回も何回も見て楽しんでいます。
特に犬が大好きな人、必見です。
そうでない人も、感激します。
英語の勉強にもなりますし。

ここをクリックしたらカードが開きます。
   http://www.jacquielawson.com/viewcard.asp?code=0212320003

他のカードも素敵です。
それにしても、なんでこんなに素敵なカードが作れるんでしょうね。
アーティストとしても凄いですが、このカード全体に暖かい雰囲気が溢れてて、作者の人柄が伝わってきます。

こちらのカードも素敵です。
  http://www.jacquielawson.com/viewcard.asp?cont=1&hdr=0&pv=XS00EN

去年のクリスマス、私は大好きな人たちに送りました。
勿論、大好評でした。

0

2006/12/16

2007年の展望と開運  お気に入り

アマゾンから本の紹介が届いた。
特別占いに興味があるわけではないが、いいことだけは信じる方なので。

九星気学に易と算命学を加え立体的に再構成し、本当の開運を導くという、村山幸徳著のこの本、自分の星(九紫火星)の欄を読んでびっくりしてしまった。

一白水星
運気は最高、継続は予想外の力となる。
なかには落ちこぼれて、思うように人生が動かない人もいる・・・。

二黒土星
謙虚さをもって生活すれば、いい一年だ。
攻めから守りの姿勢に転ずる大切なポイントの一年・・・。

三碧木星
大きなことが完成する、泰然としていて吉。
心したいのは「天は二物を与えず」という事実・・・。

四緑木星
誠実さがポイント、気持ちが通じ合う一年。
指摘する人から行動する人への変身がキーワードとなる・・・。

五黄土星
静かにしていて最良、大きな変化があり。
07年は、停滞のただなかにいる。ちょうど休息の時にあたる・・・。

六白金星
やるべきことが見え、同志が集まる。
大きな心を身につけてアイデアの泉へ変身するかもしれない・・・。

七赤金星
困難の中、飛躍のチャンスがきている。
自分が求めた新しい人生を、創作するスターの一年に・・・。

八白土星
徐々によくなっても春先はまだ先、自己学習の一年。
自信を回復し、本来の自分を取り戻すようになる・・・。

九紫火星
春の芽吹きに、断固たる決意をもって。
こんなに人生は素晴らしいものかと実感する一年が始まった・・・。

「こんなに人生すばらしいものかと実感する1年」って?
どーゆーこと?
意味深・・・。

同じ九紫火星の人、いません?
来年はなんかありそうですよ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ