2007/1/31

年齢偽って不妊治療を受けた女性、67歳で双子を出産  ニュース

 昨年末、67歳で双子を出産して
世界を驚かせた女性が、自分の歳をごまかして治療を受けていた ことが明らかになったそう。

というより、67歳って出産可能なの? そっちの方がびっくり。
どう考えても閉経を迎えているだろうし、生理がないってことは妊娠しないはずなのでは・・?

 英国のタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』によると、カルメラ・ボサダさんは自分の年齢を、病院の定めた体外受精の年齢制限である55歳と偽り不妊治療を受けたんだそう。

ボサダさんは、昨年12月29日、無事、双子を出産。

年齢について、特に身分証明書の提示は求められなかったとのこと。
それにしても12歳もさば読めるなんてたいしたもの。

 治療にあたった『パシフィック不妊治療センター』は、今回コメントに応じなかったが、彼女を治療したことは認めている。

 同センターによると、34歳未満の女性の治療成功率が56%なのに対し、43歳以上はわずか2%だという。

 ボサダさんは、スペインの自宅を3万ポンド(約700万円)で売却し、そのお金を元に渡米、治療を始めた。

卵子ドナーは「茶色い髪の可愛い18歳」、
精子ドナーは「金髪に青い目のイタリア系アメリカ人

両方とも、カタログの写真を見て選んだの

     不動産の雑誌を見て、家を選ぶのに似ていたわ」とボサダさん。

   これって、小説やテレビドラマの中の話ではないってことが怖い。
 
  結婚はしたくないし、夫も要らない、でも可愛い子供は欲しい。
  そういうキャリアウーマンがどんどん増えているという。
  そして精子はカタログから選んで出産。
  勿論、アメリカの話。

治療は,ホルモン投与から始まり、閉経後18年経っていたボサダさんに生理がきた。
その後、一回目の体外受精で妊娠した、ということらしい。

   閉経後18年、それでもホルモン投与すれば、生理ってやってくるのね〜。
   凄い、としかいいようがない。
   

 過去最高齢での出産となった彼女だが、シングルマザーとして双子の子供を育てることに心配はまったくないと言い切る。

あたしの母は101歳まで生きたの。
きっと私も長生きするわ」、と。





0

2007/1/29

夢の南太平洋クルーズ  お知らせ

一昨年のクリスマス休暇、

私達は南太平洋(ニューカレドニア・バヌアツ・フィージー)クルーズに参加した。

ブリスベン港からの初クルーズ。

全キャビン満室の大人気クルーズだった。

  乗船客1000人以上のうち、日本人はなんと私たったひとり

         信じられないでしょ。

直ぐに旅行記を書こう、書こうと思いながら、

   月日が経つのは早いもので、

       あっという間の1年。 (Ogarinちゃんも、真っ青)


で、やっと書き始めました。

勿論AOLブログではなく、下書き機能が付いているブログで。

なにしろ、この下書き機能がないばかりに、今までに何度記事が消えて泣いたことかー

少しづつ記事をUPしています。

丁度今、オーストラリア特集を期間限定でやっていて、
               オーストラリアの観光の特集も・・・。
     
URL http://ameblo.jp/cherry5




続きを読む
0

2007/1/27

踏んだり、蹴ったりの娘の帰国便  旅行

昨日の早朝、日本に里帰りしていた娘を迎えにケアンズ空港に。
1ヶ月振りにあった娘は落ち込んでいた。

「どうしたん? なんかあった?」

「空港でタバコを全部取られた。」

「はあ〜?」

  ケアンズ空港で盗難? まさかー。
  こんな田舎の空港で、あり得ない。

なんでも、<font><font><font>空港の税関でタバコを全部没収<font><font><font>されたらしい。


日本で買ったタバコ2ケース(20箱)を申告しなかったから、という理由で。

「だって、<font>タバコ2ケースは免税の範囲<font>なのに、申告しないといけないだなんて知らなかったんだもの。」

「へー、そうだったの? 」

     実は私も知らなかった。

でも・・・・

だからと言って、全部取り上げることないよね。

だって、別に悪気があってしたわけじゃなく、単に知らなかったんだから、


「じゃあ、今回のところは大目にみますから、以後気をつけて下さい」
   ぐらいな寛大な処置がなされても良かったんじゃない?

だって娘は18歳になったばかり、初めてなんだからわからなくても仕方ないじゃない。

<font>オーストラリアでは18歳からタバコ、お酒がOKなのである

<font>。
18歳になって、やっと免税でタバコやお酒が買えるようになった。

娘はタバコは吸わないが、タバコがベラボーに高いオーストラリア、
   友達に免税で買って来て欲しいと頼まれたのである。


どれだけ、タバコが高いか。

なんと1ケース、100ドル以上するのである。
つまり、10箱1万円以上。
1箱、1000円・・・
  そりゃ高いよね。

高すぎて、学生の中には自分で紙を買って、巻いて吸っている人がいるくらいだもの。


税関職員は、こう言ったそう、

「このタバコは、こちらで廃棄処分にいたしますから。」

<font><font>廃棄処分?<font><font>
  あり得ない!

 そんな、この高価なタバコ、誰が捨てる?

 うそだ、うそだ・・・。」

これ、絶対、職員がタバコ欲しさに厳しい処分をしたに違いない。
後できっとみんなで山分けだよ。
これ、役得?

たばこ2ケース、いくら免税とはいえ、決して安くない。
しかも、日本からわざわざ買ってきたのに。

そんなんね、税関職員の為に買ってきたわけじゃないぞ!


・・・・・話はそれだけで終わらなかった。

なんと、日本を出港する際の関空でも、悲劇は起きた、と。

そう、<font><font>重量オーバー<font><font>

これ、日本から帰る際、日本人が全員1番気にすること。

そして、いつもこの制限範囲内に、どれだけのものを上手に詰め込み、上手にチェックインできるか、いつもの課題である。

今回、娘はこれをパスできなかったのである。

スーツケースから超過分を取り出すようにと言われ、
泣く泣く、買ったばかりのシャンプー、リンス、化粧品のボトルなど、
重そうなものを次々に取り出した。

「で、それどうしたの?
 おじいちゃんのところに送り返した?」

「ううん、だって、すでに郵便局閉まっていたんだもの。」

「で、どうしたの?」

「空港のゴミ箱に捨てた。」


「<font><font>はあ〜〜〜〜〜〜〜!<font><font>?」

いくら時間がなかったとはいえ、何も捨てなくても・・。

もう日本のシャンプーが無くなりかけていて、楽しみにしていたのに。

でも超過分は1キロ4000円払わないといけないらしいから、娘の判断でそうしたとのこと。

なんともはや・・

私は何十回も荷つくりしているので、スーツケースの重さは持ち上げたら大体わかる。でも、娘には検討もつかなかったらしい。

だから、スーツケースの重さって、空港のカウンターに載せるまでわからない。
家の体重計では大きすぎて計れないもの。

そういえば、今朝起きた時から、なんとなく嫌な予感はしてたのよね。


だって、早朝から豪雨。
もう、バケツの水をひっくり返したような雨、どころではない。

<font>目の前に突然、滝でも出来たのかと思うほどの大雨<font>。

もう、空港まで迎えにいけないのではないかと心配した。

いや〜ナ予感、私の場合、大体的中する。

1月26日、昨日がまさにその日だった。


2度あることは3度ある。

悲劇は2度では終わらなかったのである。



0

2007/1/25

空港のX線の機械に赤ちゃんを!  ニュース

ロス・アンジェルスの国際空港で、旅行者の女性が生後一ヶ月の男の赤ちゃんを

X−rayの機械のベルトに載せたそう。

まだ一ヶ月の彼女の孫をです。 

空港保安員はあわてて機械をとめ、

急いで病院に運んだ。


幸い、命には別状なかったそうですが。


そのおばあちゃんは、本気でそのベルトの上に、

荷物と一緒に赤ちゃんものせるものだと信じて疑わなかったそうで。


あれね、お米を洗剤で洗うものだと、信じて疑わなかった女子大生と同じ?


無事で何よりだったけど、空港職員は慌てたでしょうね。


次回、LA空港に

  「赤ちゃんはベルトに載せないように!」


        なんて注意書きが加わるのでしょうか・・・?



0

2007/1/23

お気に入りのビーチでウエディング  ひとりごと

お気に入りのこのパーム・コーブ・ビーチ(Palm Cove Beach)、

昼間散歩すると、必ずと言っていいほど、ウエディングカップルに出会う。

目の前に素敵な教会があるのもそう1つだけど、

やっぱりこの雰囲気、素敵だもの。

メルボルンとかブリスベンから親族一同でやって来るケースも。

ビーチで生のクラシック演奏を聴きながら愛を誓う。

   いいね〜。


で、日本からのカップルも結構いる。

この日も、日本人のカップルに出会った。

流石に日本からは遠いから、親族一同で参加ってことはなかったみたい。

  二人だけで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

海外挙式ってロマンチックだけど、参列者が誰もいないって言うの、ちょっと寂しいよね。

私も最初の結婚式は、海外の教会で二人だけでしたので、凄く気持ちがわかる。


どうも日本の結婚式、披露宴が苦手で・・。

親に花嫁姿を見せなかった親不幸な娘だと言うレッテルを貼られている。

確かに親は楽しみにしていたのかもしれない。

今はその時の親の気持ちわかるけど、あの時にはわからなかった。


でもね、日本のお決まりのあの披露宴・・・

 若い時、結婚式でエレクトーン演奏のバイトをしてたことがあるので、

  数え切れない披露宴を見てきて思ったんだけど。


      政治家の長いスピーチ、聞きたくない。

      上司のお決まりの挨拶も、聞きたくない。

      最後に花束渡して、親を泣かせたくない。

      何度も着替えをして、りかちゃん人形にはなりたくない。

                        ・・・などなど。

ある式場では、入場する際のステップのルールまであって、 恐れ入った。


 でも、カップルはちゃんとその指示通りに,,,.

   「入り口入ったら、軽く会釈し、

      右に3歩、一旦立ち止まって会釈、

           今度は左に3歩........。」

 まるで幼稚園のお遊戯の練習みたい。



最初の結婚式の時、

    ウエディングドレスを日本で買って持って行った。

当時は今ほど海外ウエディングが一般的でなく、

    ドレスレンタルできなかったから。


ところがいざドレスをスーツケースにつめようと思ったら、入らない。

すその長いドレスを買ったものだから、かさばって。

ダイアナ妃が来てたあんな感じのドレス。

  一生に1度なので、おもいっきり奮発して買ったので、涙・・。


   それなら、と、2枚目は薄い生地で半袖、丈もほどほどのを買った。

   でも、4月のパリは震え上がるほど寒く、

    着くや否や風邪を引き、


   結婚式の間中、鼻水ずるずる・・・・

      クシャミは出るは・・・。

       
  大きな教会のチャペル・・・暖房なし・・。


   半袖の薄い布地に身を包んだ花嫁(私)は、本当に凍えそうだった。



・・・・そして、2度目の結婚式

「まだ1度も着ていない、もう1枚のウエディングドレスがあるから、それを着よ
う!」

  と思ったのが、甘かった!


あれから月日がたち、

純白のウエディングドレスは、開けてびっくり、

  すでに黄色に!


ぎゃー、こんなん、着れない。

そして、私は3枚目のウエディングドレスを、
             
          今度はオーストラリアで買う羽目に。

でも、オーストラリア人が着るドレス、当然丈が長い。

胸はでかい。

大直しをしてもらった。


・・・・・なのに、まだ結婚式してない

っていうか式はしたけど、ウエディングドレスが間に合わなかった


で、いつ正式にドレスを着て、結婚式をするか・・・


考えて、迷っている間に、

       3年の月日が過ぎてしまった


今更・・・。

だけど、買ったドレスは永遠にヒノメを浴びないまま、

      ワードロープで眠らないといけない運命なわけ?


しげ美ちゃんも、どうしようかと迷っていると言ってた。

せめて、ドレスを着た写真だけでも・・・・・、


  って、思うんだけどね。


もう、主人は「どっちでもいいんじゃない?」って。


女心をわかってない!  

この些細なことで離婚したカップルだって、世の中に入るんだぞ!!

  と、最初は怒ってたが、最近、別にいいっか、って。


でも、するのなら、しわがあまり増えないうちにしたいものである。

毎年、結婚記念日に結婚式をするカップルだっているのにね。

毎年、新婚気分か・・。

0

2007/1/22

大好きな場所  オーストラリアの観光

ケアンズシティから車で30分もかからないリゾート・ビーチのパームコーブ(Palm Cove)
私のお気に入りの場所。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、ココを散歩するのが私の一番幸せな時。
今住んでいる所から、ビーチ沿いに30分くらい歩けば辿り着ける距離なんだけど、
まだ歩いてココまで来たことはない。

だって30分歩くってことは、叉30分かけて歩いて帰らないといけないわけで・・・。
「今日こそは歩いてPalm Coveまで行くぞ!」と思っても、結局途中で引き返している。
私が「もうそろそろ帰ろうか」って言う時もあれば、
主人が「やっぱりこの辺で帰ろう」って言う時も。

二人のどちらかが言い出さなければ着くんだけど・・・。

・・・今のところ成功例なし。

ジョギングとか、さっさと歩けばいいんだけど、
ゆっくり、ゆっくり歩いていると、
30分歩いたと言えど、半分の道のりしか歩いたことにしかならないから、

結局、往復2時間くらいの覚悟がないとだめかな〜。

そんな覚悟は今のところ、ない。(涙)


クリックすると元のサイズで表示します

夕方、このビーチチェアーに座って、のんびり海を眺めている時、『ココは天国だな
って思える。
ケアンズで1番のお気に入りの場所

「こんな田舎になんて住めない!」
いつもは文句を言ってるけど、ココに来ると、

(まあ、田舎も悪くないな。)って思えてくるから不思議。

更には、
  出来ることなら、このビーチフロントのユニット(日本で言うマンション)に住みたい、とまで言い出す始末。

そう、住めるものなら・・・。

でも、たった2ベットルームのユニットが100万ドル〜(1億円から)っていう看板を見ると、

「庶民には全く及びでないよね〜」ってため息。

でも、夢はビーチフロントに住むこと。

絶対諦めきれない夢なので、必ず達成するぞー!!(なあんて・・・)

もし達成できなかった場合、娘に金持ちと結婚してもらい(ビーチフロントに家を持っている)、そこに住まわせてもらう・・・・・、

なんてあり得ないかー。



0

2007/1/18

オー・マイ・ガッド!  オーストラリアの生活

オー マイ ガッド!! 」 (ルー流)


思わず叫んだその瞬間、それまでの楽しかった余韻がいっぺんに冷めた。

半年振りに見た映画の帰り道、すでに9時を回っていた。
こんな時間に運転することはまずない。

それにしてもケアンズの道路標識、実に複雑なのである。
フリーウエイがシティからビーチ沿いに走っているのだが、そのスピード制限が複雑すぎて迷う。
たいてい100キロ
ところどころ80キロ
シティ内は60キロ
と言う風に変る。

私はその時80キロで走っていた。
そこは80キロ制限だと思って疑わなかった。

暫くすると道路沿いにパトカーが2台も止まっているのが見えた。
何事?
何か事故でもあった?

それがスピード違反を取り締まるパトカーだと考える余裕もないほど、さっき見た映画の余韻に慕っていた。

自分の車のメーターを見る。
「80キロ・・OK! スピードオーバーしてないし・・。」

が、次の瞬間凍りついた。
目の前に80キロのスピード制限の標識が!

ってことはよ、ココから80キロ。
で、それまでは60キロ。

60キロ・・・
ギャあー、20キロオーバー!!

10キロオーバーでも反則金は150ドル。(15000円)
ってことは・・・
考えたくない。

オーストラリアではスピード違反しても、日本のようにその場で車を止めて反則のサインをさせられるようなことはない。

後で写真つきの請求書が送られてくるだけ

正確な時間と場所、その瞬間のスピード。
勿論車のプレートナンバーはしっかり写っているので逃れようがない。

頭が真っ白な私・・・後は祈るのみ。
「どうか、あの時、警官が仕事をサボっていますように!」






続きを読む
0

2007/1/16

カタカナ英語満載のルー大柴のブログ  お気に入り

ルー大柴のブログが面白いと評判なので見てみた。
これは日本語を勉強中の外人が書いたブログ? と突っ込みたくなるほど、カタカナ英語が出るは、出るは・・・。

でも、塩崎官房長官よりわかりやすいことは確か。
これくらいの英語はたいていは知ってるでしょうから。
ギャグとして使ってる分には全然OK。


     ルー大柴のブログ

那須お笑い学校でステューデントにティーチしました!カッ!
先日、2005年6月にオープンした那須お笑い学校に教頭として出向き、クラス(授業)を行った。

那須お笑い学校は介護とお笑いの合体、つまりトゥギャザーして地方にお笑い文化を根付かせ、地方発のお笑いスターを創る事を目標としてメイドしたスクールだ。

ステューデントの中には、エンタの神様に出演した時子とのぞみ(62歳と10歳のコンビ)、ヒデやん(58歳で牧場主)、KYU(小学校4年生の同級生トリオ)などがいる。校長は坂上二郎さんで、2006年のオクトーバーに私が正式に教頭として就任し、タイムを見つけてはスクールにゴーして、拙い授業を行っている。

オフコース、授業は私も参加して、集中力ゲーム・アドリブコント・エチュードなどでトゥギャザーしたオールダーthanミーの生徒や小学生のステューデントと幅広く、逆に私がラーンすることも多い。

ステューデント宅に泊めていただきスリープ!ワォ!

その日の夜はステューデントのヒデやん宅にてステイさせて頂いた。ヒズワイフがおにぎりと味付けエッグをメイクしカインドに迎えてくれ、そして翌朝には牧場で取れた新鮮なミルクをドリンク!とてもデリーシャスだった

ヒデやんサンクスアンドヒズワイフtoo!これからも那須お笑い学校を通してメニーピープルと出会い、共に学びあいたい。カッ!

*         *             *            *

このブログに対するコメントも面白い。
「味付けエッグをメイクして」 は 「クックして」では?
と突っ込まれていたり、
でも、別の人が、「メイクでもいいよ」とコメント。


実際のブログを見たほうが面白いので、URLを載せます。

   http://mycasty.jp/louooshiba/index_blog1.html


0

2007/1/15

行方不明だった犬が帰ってきた。  不思議なできごと

1週間以上行方不明だった犬が、なんと帰ってきた。
突然。
昨日のblogにそのことを書いたばかりだったのに。

娘が見た夢は、正夢になったわけである。

ワンちゃんが喜んで家に帰ってきた夢を見た翌朝、本当に帰ってきた。

やっぱり人間と動物では違ったんだぁー。
でも違ってよかった!!

それにしても、娘が見る夢は不思議である。

0

2007/1/14

夢で見たことが現実に・・・?(ムシの知らせ?)  不思議なできごと

世の中には科学で説明できない、不思議なことがいっぱいある。
そして、小さい頃からよく私の周りで起きた。
どうやらその性質は娘にも受け継がれたらしい。

その娘は今日本の実家に里帰りしている。
一人暮らしをしている父が、正月も一人だと寂しいから、と。

その父が飼っている犬が、一週間前から行方不明になっていた。
随分探したらしい。
でも見つからず、娘は毎日泣いていた。
(この寒いのに、かわいそう・・って。)

その犬は、母が亡くなって直ぐに、父の庭に迷い込んできた捨て犬だった。
小さくて可愛くて、
父は、きっと母の生まれ変わりに違いない、と言って、母の名前をつけた。
大事な犬だった。

それ以来、父も寝込んでしまった。

それから1週間たった昨日、娘が電話をかけてきて、泣きながら言った。

「お母さん、昨日凄く不思議な夢を見たの
 わんちゃんが家に帰ってきてね
 で、・・・・おじいちゃんも凄く喜んでた。
 ねー、・・・・・・どうしよう・・・・・。」

娘は凄く動揺していた。
   そう、その意味がわかっているから。

 「わんちゃん、やっぱり天国に行ったのかなー」

私も咄嗟にそう思った。
何しろ、今までずっとそうだったから。
義父の時も、母の時も。
どちらも亡くなったその時に、元気に「ただいまー」って家に帰って来た夢を見ているのである。
決してそれは決して偶然とかでなく。

   「やっぱり、ワンちゃん、死んじゃったのかなー。」

   「そんなことないと思うよ、きっと元気だよ。」
  
   「でもあの夢、普通の夢と違ったもの。
    私にはわかる。
    おばあちゃんたちの時と同じだから。」

   「そう? でも、ほら、人間と動物は違うから・・・・
    あのワンちゃん、動物だし・・。」

     もう支離滅裂のわけのわからないこと言って慰めていた。

でも、今までの娘のこと知ってるから、心の中では、多分・・だろうって感じてた。
でもその動揺を悟られまして、必死で、

   「大丈夫、きっと元気でどこかにいるはずだから。
    そのうち元気で帰ってくるから、えさをちゃんと毎日あげてね。」

今回のワンちゃんのことはまだわからない。
でも、過去の義父と母の時のことは、不思議で仕方ない。

ムシの知らせ、って昔からよく言われているけど、きっと実際あるんだと思う。

っていうことは、人は亡くなる直前に魂が抜けて、親しい人に会いに行くって言うのはあるのだろうと思う。
で、きっと自分の家に帰って行くのだろう、と。
入院中ずっと「家に帰りたい」って言い続けていたから。

こういう体験、よく聞く。
多くの人が同じ様な体験をしているのでは・・? 





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ